教育理念

求める学生像(アドミッションポリシー)

courseimage4.jpg

  1. 地球科学に強い興味をもち,将来この分野での活躍を希望する人
  2. 自然科学の真理を探究するため,物事を深く考えるとともに,社会,歴史,経済などにも広く関心をもつ人
  3. 自らが学ぶ姿勢をもち,新たな分野に立ち向かう柔軟性とチャレンジ精神をもつ人

地球圏システム科学科のディプロマ・ポリシー

山口大学理学部地球圏システム科学科は、地球科学の知識や理解、汎用的技能、意欲的志向力、創造的思考力を身に付け、これら地球科学の素養を活かした職種に必要な能力を身に付けた学生に「学士(理学)」の学位を授与します。特に地域環境科学コースでは、地質技術者として必要な高度な能力を習得することが求められます。

.知識・理解

    1. 自然科学について広く知り、人間や文化との関わりについて理解しています。
    2. a) 岩石学、鉱物資源学、層位地史学および応用地質学の基礎知識を体系的に理解しています。
      b) 地球科学に関する発展的・応用的な知識を理解しています。

.汎用的技能

    1. 観察・仮説構築能力:天然の試料や分析データから自然現象の背景にある法則やメカニズムを洞察し、仮説を構築する力を備えています。
    2. 数量的スキル: 自然現象を定量的に捉え、数理モデル化や定量的解析を行い、解析結果の可視化、説明を行える数量的スキルを身に付けています。
    3. 情報リテラシー: 様々な手段を用いて問題解決のために必要な情報を収集し、その情報の妥当性を適正に判断し、情報モラルに則って効果的に活用することができます。
    4. 論理的思考力: 様々な自然現象が生じる理由についての仮説提起を行い、その妥当性を論理的に説明することができます。
    5. 問題解決力: 地球科学の課題に対し、その課題を解決するための問題点を発見し、必要な情報を自ら収集・整理・分析することで、問題解決を行うことができます。
    6. 地球科学を理解・活用するために必要な能力

(A) 地球的視点から物事を捉え、多面的に取り扱う能力とその素養
(B) 科学技術が地域社会や自然環境に及ぼす影響や効果及び技術者が地域社会において果たすべき役割に対する理解(*)
(C) 数学、自然科学および情報処理に関する知識とそれらを応用できる能力
(D) 地球科学分野の基本的な知識、技術、論理性及びそれらを地域社会の問題解決に応用できる能力

D-1 地球科学全般に関する基礎知識及び技術の修得
D-2 四次元的な地質現象の解析技術の修得と調査結果の総合解析・評価技術の修得
D-3 地球で起こる地質現象に関する知識とメカニズムの解明に関する技術の修得
D-4 地球物質の循環や地球資源の有効活用に関する知識と技術の修得
D-5 社会資本の創生、防災対策、環境保全に関する知識と技術の修得(*)

(E) 種々の調査・分析・解析技術、情報を生かして地域社会のからの要求と問題を計画的に解決するためのデザイン能力(*)
(F) 日本語による論理的な記述力、資料作成能力、プレゼンテーション能力、討議などのコミュニケーション能力及び国際的に通用するコミュニケーション基礎能力
(G) 地球科学的な現象に強い好奇心を持って課題を探求するとともに、自主的、継続的に学修し、問題解決できる能力
(H) 一定の制約条件下で与えられた課題について、計画・実施・取りまとめる能力及びチームワーク(*)
(I) 社会貢献のための基礎能力と素養(*)

(*):(B)(D-5)(E)(H)(I) は地域環境科学コースに必ず求められる能力


.態度・志向性

自然科学や地球科学の学修を通し、広く社会で活躍するための自己を管理し、チームワークで仕事を進める能力を身に付けています。さらに、社会人としての倫理観や社会的責任を持って行動をとる態度を身に付けています。

.統合的な学習経験と創造的思考力

地球科学の基礎知識や考え方及び自然現象を定性的・定量的に捉える能力を身に付け、具体的な課題を解決する学習体験を通して、課題解決のための創造的思考力を身に付けています。

カリキュラム・ポリシー

.科目配置

    1. 全学共通教育科目における教養コア科目、英語科目、一般教養科目、専門基礎科目では、各自が高等学校卒業前に得た知識・技能をもとに、社会に出た後に最低限必要となる汎用的技能、語学力、多文化・異文化に関する知識および理系の基礎知識を身に付けます。特に、初年次教育である基礎セミナー及び情報処理科目では、少人数体制での実践を通して能動的学修に必要となるコミュニケーション・スキルや情報リテラシーなどの汎用的技能について学びます。
    2. 1 年次には地球科学の全分野を網羅する専門科目として、「地球科学入門I、 II」と「地学概論」が配置されており、地球科学の基盤となる知識を体系的に身に付けます。
    3. 2 年次及び3 年次には地球科学の各専門の専門科目として、「鉱物学I、 II」、「地球資源学I」、「岩石学I、 II」、「地球環境学I」、「地球変動学I、 II」、「地学英語」、「地史学」において専門性の高い知識を身に付けていきます。さらに「地球科学実験IA、IB、 IIA、 IIB、 III」、「野外巡検」、「地球科学演習」の実験演習科目において、自らが身に付けている知識をもとに課題解決の実習を行い、その内容をプレゼンテーション及びレポートにまとめて、第三者にわかりやすく説明する能力を身に付けます。これらに加えて物質環境科学コースでは「地球環境学II」「鉱物素材科学」を履修し、地域環境科学コースでは「地球資源学II」、「火山学」、「土木地質学」、「自然災害科学」、「技術者倫理」、「堆積学」、「先端地球科学」の講義と「野外実習」、「計算機ソフトウェア及び演習」の実習を履修します。
    4. 4 年次には研究室に所属し、教員の指導のもとで「文献講読」及び「特別研究」を行います。これまでに学修した知識や考え方を統合的に活用して、地球科学に関する具体的な研究課題に取り組みます。課題解決のための問題点を自ら発見し、解決する総合的な学習を体験することによって、創造的思考力、論文作成能力を育みます。
    5. 意欲の高い学生に対しては「学外実習」、「サイエンス実習」を配置します。「サイエンス実習」では、主体的な学びを実践し、サイエンスをわかりやすく伝えるためのプレゼンテーション能力を身に付けます。「学外実習」では、インターンシップとして実際に建設コンサルタント企業において実習を行い、将来のキャリアビジョンを明確にします。


.成績評価・授業改善

    1. 成績評価においては、試験・レポートなどに基づいた達成度の評価を公正かつ厳格に行います。
    2. すべての授業科目において学生による授業アンケートを実施し、 その結果に基づき授業方法の改善を行っていきます。定期的に学外有識者による第三者評価を受けるとともに、卒業生らに追跡アンケート調査を継続実施することによって、客観的で長期的な教育評価を行い、それに基づき教育内容の改善を行います。

.学生指導・学修支援

定期的に面談を行い、主体的な学びを実践できるように履修指導を行います。特に、単位取得状況や成績評価指標(GPA)をもとにディプロマ・ポリシーの達成が困難な学生を早期に把握し、学生の学修方法、学修過程のあり方を具体的に指導します。試験結果やレポートを返却し、ポートフォリオを作成させ、学生自らの歩みを振り返らせて成長を促します。

JABEEとは ~認定コース「地域環境科学コース」

将来,技術者(エンジニア)になろうと考えている高校生の皆さんにとっては,JABEE認定を受けている学科に進学することが重要となります。特に顕著な最近の傾向は,地球圏システム科学科を卒業して博士前期課程地球科学専攻へ進学した修了生の「専門技術職への就職率の高さ」です.
JABEE(Japan Accreditation Board for Engineering Education)は,「日本技術者教育認定機構」という高等教育機関の技術者教育を審査するための組織(第三者機関)です.大学などで行っている技術者教育を,国際的な標準との同等性を持たせるために,高いレベルを設けて審査・認定しています。
私たちのコースは2004年度にこの認定を受けました.JABEE.jpgこれにより,卒業生は申請するだけで国家資格「技術士補」を取得することができます。私たちのコースは,厳しい審査に合格しており,技術者教育を保証する教員,カリキュラムによって構成されています。
技術士補は,「技術士」の全部門に共通する一次試験が免除されるので,専門的技術者に必須である「技術士」取得に際して大変有利です。地質技術者としてはもちろん,一般企業においても技術職として勤める上で大変有利な資格です。
技術士は科学技術の全領域をカバーしている技術系の国家資格で,次のような部門があります;機械,船舶・海洋,航空・宇宙,電気電子,化学,繊維,金属,資源工学,建設,上下水道,衛星工学,農業,森林,水産,経営工学,情報工学,応用理学,生物工学,環境,原子力・放射線。

 

地域環境科学コースがめざす「地質技術者」像

地域環境科学コースでは,上記JABEEに認定されたプログラムに基づいて,地球科学の専門知識を教育することに加えて,地質技術者の育成を目指した独自のカリキュラムが組まれていています。本コースは「幅広い年代と岩種からなる地質に対応でき,かつそれぞれの地域に貢献できる自立した地質技術者」の育成に取り組んでいます。

 

山口県は,地質学(地球科学)の教科書ともいえます。さまざまな種類の地層や岩石を観察することができるため,野外で直接地質学を学ぶ機会を与えてくれます。
山口県は,地質の宝庫でもあります。地下にわが国最大の鍾乳洞がある秋吉台の石灰岩だけではなく,古生代から新生代までの多種多様な火成岩類,変成岩類,堆積岩類が分布し,萩周辺には第四紀火山の織り成す地形・地質も見られます。
資源に関する教科書的な技術・文化もそろっています。宇部炭田や長登鉱山などは技術遺産として継承されており,萩焼きの原料となる粘土は現在もなお採掘されています。地質学(地球科学)の素養を身につけることは,資源探査の基本です。そして,将来日本の資源問題を解く礎になります。
防災教育も行っています。2000年鳥取県西部地震,2001年芸予地震,2005年福岡西方沖地震と内陸大地震(活断層地震)が続発して,西日本で地震の活動期に入ったことがうかがわれます。地球圏システム科学科では活断層地震による震災,土砂(斜面崩壊や地すべり)災害なども調査・研究し,高度な「防災力」を持った人材の育成を目指しています。
世界的視野に立った技術者を目指します。卒業要件にTOEICを導入,さらに専門科目「地学英語」によって,英語力を鍛えます。国際的な共同研究を通じて,世界を見渡すことができます。こうした教育・研究を通じて,国際的技術者を育成する土壌がこのコースの特色ともいえます。
このような視点を踏まえて,このコースならではの「学習・教育目標」と「その達成度」を設定して,高度な知識と国際性を身につけた技術者を育成しています。

学習・教育目標とその達成度

平成25年度以降入学生用:「学習・教育目標」とその「達成度」(PDF)
平成24年度以前入学生用:「学習・教育目標」とその「達成度」(PDF)

 

 

サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.