教育理念

ms_m.jpg

数理科学科の教育理念

objectives.jpg 数理科学の基となる数学は人間の営みと深い関わりを持ちながら発展してきた,人類共有の貴重な知的財産です。現代社会においては,数学に期待されている社会的役割はますます重要なものになりつつあります。数学は物理学,化学,生物学などの自然科学の基礎的学問にはもちろん,工学,医学,農学,経済学等の実用的な分野においても欠くことの出来ない有効な手段として幅広く利用されています。また近年の高度情報化社会においては,コンピュ−タや情報網の開発と発展のために数学的思考方法が必要不可欠であることは言うまでもありません。

数学では,応用を意図しない純粋な理論的研究が思いがけない実用的な応用をもたらす例は枚挙にいとまがありません。最近の例をあげますと,近年の医療現場で診断に画期的成果を挙げているCTスキャンの例があります。これは積分変換の1種であるラドン変換をCTスキャンの原理に見事に応用したものです。このように,純粋数学の理論が応用面においても最先端の実用的成果を生み出し,逆に応用分野からの実用的な問題提起が純粋数学の研究を活性化させるという,車の両輪のような関係を見ることができます。

このような状況に鑑み,数理科学科では,従来の純粋数学に加え,応用的,さらには学際的,総合的な境界領域をも視野に入れた教育・研究を目指しています。そのために,数学に基をおく情報・応用分野の専門授業科目の充実を図りつつ,純粋数学の学習を通した「論理的思考方法」の修得を教育目標として掲げています。理想とする学生像は,確かな論理思考を基に,柔軟な発想をもって様々な未知の分野に積極的に関わる事の出来る人物です。このような学生を多く社会に送り出すことが正に数理科学科の使命と考えています。

求める学生像(アドミッションポリシー)

  1. 数理科学に興味をもち,物事の有様を深く考えることの好きな人
  2. 論理的思考能力や新しい概念を柔軟に吸収する能力に優れている人
  3. 多様に進展している情報化社会で,数理科学分野で自己実現をしたいと思う人

卒業までの到達目標(ディプロマ・ポリシー)

山口大学理学部数理科学科では、高等数学の基礎の体系的な学修と数理科学への応用、高度な専門分野の研究を通じて、数学的知識と論理的思考、合理的判断能力、それらに基づいた問題解決能力と説明能力を育みます。これらの学士力を身に付け、卒業後に教育分野や情報処理分野をはじめとする幅広い分野において、数理科学の見地から広く社会や科学の発展に寄与することができる人材の育成を目指します。以上の理念をもとに、数理科学科では以下の到達目標を達成した学生に「学士(理学)」を授与します。


.知識・理解

    1. 数学の三大分野である代数学、幾何学、解析学の基本的な知識を体系的に理解し、応用数学や情報数学にそれらを用いることができる基本的な素養を身に付けています。
    2. 数学が科学や社会の発展に果たす役割を理解しています。

.汎用的技能

    1. コミュニケーション・スキル: 数学やその応用に関する様々な知見を、根拠・理由とともに理路整然と説明するためのプレゼンテーション能力や文書作成を行える日本語能力を身に付けています。また、他者の説明からその主張及び論理的妥当性を判断し、議論によってその理解を深化させることができます。将来、様々な知識を身に付ける上で必要な英語の基礎能力を備えています。
    2. 数量的スキル: 自然や社会現象を数理的立場からモデル化し、理解・分析する能力を身に付けています。
    3. 情報リテラシー: 様々な手段を用いて問題解決のための必要な情報を収集し、その情報の妥当性を適正に判断し、情報モラルに則って効果的に活用することができます。
    4. 論理的思考能力: 数学に関連する様々な定理や命題に対して、それらが成り立つ根拠を、公理や定義から論理的に説明することができます。
    5. 問題解決能力: 数理科学に関する様々な課題に対して、その課題を解決するための問題点を発見し、必要な情報を自ら収集・分析・整理することで問題解決を行うことができます。さらに、得られた解決手法を改良・一般化することによって、幅広い問題の解決に応用することができます。


.態度・志向性

数理科学の学修を通し、広く社会で活躍するための自己を管理し、チームワークで仕事を進める能力を身に付けています。さらに、社会人としての倫理観や社会的責任を持って行動をとる態度を身に付けています。

 

.統合的な学習経験と創造的思考力

数理科学に関連する様々な課題を解決する中で獲得してきた知識や技能、創造的な思考を総合的に活用し、横断的な知識や技能が要求されるより高度な問題を解決することができます。

カリキュラム・ポリシー

.科目配置

    1. 全学共通教育科目における教養コア科目、英語科目、一般教養科目、専門基礎科目では、各自が高等学校までに得た知識・技能をもとに、汎用的技能、語学力、多文化・異文化に関する知識及び社会に出た後に最低限必要となる理系の基礎知識を身に付けます。特に、1 年次から2 年次前期の「基礎セミナー」、「数理科学入門セミナー」、「数理科学基礎セミナー」では、能動的学修に必要となるコミュニケーション・スキルを学び、少人数体制での実践を通じてその重要性を学修します。
    2. 1・2 年次における専門必修科目「線形代数基礎I・II」、「線形代数学I・II」、「集合と位相I・II」、「微分積分学I・II・III」で、代数学、幾何学、解析学の基礎となる知識を体系的に身に付けます。また、「数理情報処理基礎」、「数理情報処理I・II」では、基本的な情報リテラシー、及び数学の問題解決を題材としたプログラミングの基礎を身に付けます。さらに、「現代数学展望」では、現在学んでいる基礎が、今後専門分野にどのようにつながっていくのか、また他分野でどのように応用されているのかを学修します。
    3. 3・4 年次における専門選択必修科目「代数学」、「幾何学」、「解析学」、「応用数理」、「情報数理」及び選択科目「代数学展開I・II」、「幾何学展開I・II」、「解析学展開I・II」、「応用情報数理展開I・II」では、専門必修科目で身に付けた知識をさらに発展させ、より専門性の高い知識を身に付けます。
    4. 3 年次後期からは研究室に所属し、教員の指導のもとで「数理科学発展セミナー」、「特別研究」を行います。より専門性の高い課題をこれまでの学修内容を統合的に用いて解決し、第三者にその過程を論理的に解説する総合的な学修経験によって、論理的思考、創造的思考、またより実践的なコミュニケーション・スキルを育みます。
    5. 意欲の高い学生に対してはサイエンス実習等の実習系科目を配置し、それまでに修得した知識・技能を応用する能力や、自ら学修計画を立て、主体的な学びを実践し、わかりやすくプレゼンテーションを行う能力を養います。


.成績評価・授業改善

    1. 講義及び演習系の科目は、科目ごとに設定された評価基準に従って、試験・レポート・授業や演習に取り組む姿勢を公正かつ厳格に評価します。
    2. 教員の指導のもとで取り組む「数理科学発展セミナー」、「特別研究」では、論理的思考、創造的思考、コミニュケーション・スキルの能力と達成度を、さらに提出された卒業論文の内容を公正かつ厳格に評価します。
    3. 実習科目では、設定した目標の達成度とともに、そこに至るまでの計画性、自主性、 成果のプレゼンテーションを総合的に公正かつ厳格に評価します。
    4. 授業科目ごとに学生による授業アンケートを実施し、その結果に基づき授業方法の改善を行っていきます。


.学生指導・学修支援

定期的に面談を行い、主体的な学びを実践できるように履修指導を行います。特に、単位取得状況や成績評価指標(GPA)をもとにディプロマ・ポリシーの達成が困難な学生を早期に把握し、学生の学修方法、学修過程のあり方を具体的に指導します。


サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.