教育理念

ms_m.jpg

数理科学科の教育理念

objectives.jpg 数理科学の基となる数学は人間の営みと深い関わりを持ちながら発展してきた,人類共有の貴重な知的財産です。現代社会においては,数学に期待されている社会的役割はますます重要なものになりつつあります。数学は物理学,化学,生物学などの自然科学の基礎的学問にはもちろん,工学,医学,農学,経済学等の実用的な分野においても欠くことの出来ない有効な手段として幅広く利用されています。また近年の高度情報化社会においては,コンピュ−タや情報網の開発と発展のために数学的思考方法が必要不可欠であることは言うまでもありません。

数学では,応用を意図しない純粋な理論的研究が思いがけない実用的な応用をもたらす例は枚挙にいとまがありません。最近の例をあげますと,近年の医療現場で診断に画期的成果を挙げているCTスキャンの例があります。これは積分変換の1種であるラドン変換をCTスキャンの原理に見事に応用したものです。このように,純粋数学の理論が応用面においても最先端の実用的成果を生み出し,逆に応用分野からの実用的な問題提起が純粋数学の研究を活性化させるという,車の両輪のような関係を見ることができます。

このような状況に鑑み,数理科学科では,従来の純粋数学に加え,応用的,さらには学際的,総合的な境界領域をも視野に入れた教育・研究を目指しています。そのために,数学に基をおく情報・応用分野の専門授業科目の充実を図りつつ,純粋数学の学習を通した「論理的思考方法」の修得を教育目標として掲げています。理想とする学生像は,確かな論理思考を基に,柔軟な発想をもって様々な未知の分野に積極的に関わる事の出来る人物です。このような学生を多く社会に送り出すことが正に数理科学科の使命と考えています。

求める学生像(アドミッションポリシー)

  1. 数理科学に興味をもち,物事の有様を深く考えることの好きな人
  2. 論理的思考能力や新しい概念を柔軟に吸収する能力に優れている人
  3. 多様に進展している情報化社会で,数理科学分野で自己実現をしたいと思う人

卒業までの到達目標(ディプロマ・ポリシー)

本学科では,所定の期間在学し、所定の単位を修得し、本学科の人材養成目的に適う以下の知識・能力を身につけた学生に対して卒業を認定し,「学士」の学位を授与します。

  1. 論理的思考能力:数理科学の議論を通して論理的に思考することができます。
  2. 数理表現能力:習熟した数理科学的事実を適切に表現することができます。
  3. 数理基礎能力:数理科学に関する基礎的知識を持ち、これらの知識を適切に運用することができます。
  4. 数理専門能力:「解析学」、「代数学」、「幾何学」、「応用・情報数理」の4分野のうちの一つの分野のより進んだ専門知識をもち、活用することができます。
  5. コミュニケーション能力:適切に意思疎通をはかることができます。
サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.