セミナー

ms_m.jpg

セミナー

数理科学科では,通常seminar1.jpgの形式の授業以外にも,セミナーとよばれる少人数教育を行います。 1年次「数理科学入門セミナー」,2年次「数理科学基礎セミナー」,3年次「数理科学発展セミナー」,4年次「特別研究」です。

 

● 「数理科学入門セミナー」 大学での専門の数学は高校までの数学に比べ質・量ともに圧倒的な違いがあります。そこで数理科学科では大学での学習へスムーズに移行できるようにカリキュラムに配慮しています。この数理科学入門セミナーもその一つで, このセミナーでは数理科学の学習に必要な基本的な知識や学習の仕方を学びます。同時に, 教員や同級生とのコミュニケーションを深めることもこのセミナーの意義と考えています。


● 「数理科学基礎セミナー」 このセミナーでは,各自の指導教官のもと,毎週与えられたテーマについて発表を行い,数理科学分野の基礎知識を習得します。これによって,数理科学の学習の総合化に必要となる,自主的に研究課題を解決し,さらに発表する力を養います。


● 「数理科学発展セミナー」 このセミナーの履修には,所定の授業科目を修得していることが前提となります。このセミナーを通し, これまでに学んだ数理科学の様々な知識や考え方, 3年間の基礎学習をより確かなものにするとともに, 4年次の卒業研究に続くプレ卒業研究として位置づけられています。


● 「特別研究」は,数理科学科における4年間の学習の集大成である,いわゆる「卒業研究」を行うセミナーです。各自が古典数学から現代数学にいたる膨大な内容の中から研究テーマを決め,指導教官のもと毎週のセミナーを通して,より主体的に研究を進めることが求められます。学習成果は「卒業論文」としてまとめ,その論文は数理科学科図書室に保存されます。このセミナーにより,数理科学科の学生として,この4年間で真に何を身につけたかを実感できるのです。

サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.