大学院進学

山口大学大学理学部数理科学科 大学院への招待

概要

山口大学理学部数理科学科には、学部に続く大学院として、

理工学研究科(博士前期課程) 数理科学専攻

があります。2年間の課程を修了すると、修士号を取得することができます。

 

「大学院への招待」(大学院数理科学専攻のパンフレット)

 

大学院入試

第1回目の試験が8月に、第2回目の試験が1月に面接試験を行います。定員は16名です。募集要項など、詳しくは以下のページを御覧ください。

http://www.gse.yamaguchi-u.ac.jp/

 

セミナー

所定の講義のほか、大学院で主となるのはセミナーで、入学時に選択した指導教員のもとで、少人数 (1名か2名程度) のセミナーを行います。学部に比べて内容が難しくなるので、予習が重要となります。2年間で修士論文を作成し、最後に「修士論文発表会」で研究発表を行います。

 

環境

大学院生には、「院生室」という研究環境が与えられます。通常は、大学院生4名ないし5名で一部屋ですが、インターネットに接続されたパソコンやプリンタが設置されています。面接やプレゼンテーションの練習をするためのマルティメディア環境が整った「プレゼンテーションルーム」やコンピューター設備が整備された「ITルーム」もあります。書籍に関しては、大学の中央図書館に加え、蔵書数3万冊を超える数理科学科図書室があり、貸出も自由に行えます。また、大学のメイルアドレスが1つもらえます。@マーク以下が yamaguchi-u.ac.jp のメールアドレスなので、就職活動にも有利になります。

 

メリット

少人数セミナーでの高度な知識の習得により、学問への理解を深められると同時に、就職においても例えば、次の様なメリットがあります。

 

教職:普通免許ではなく、専修免許が取得できます。専修免許は、教頭や校長になるための条件となります。教員採用試験については、1年次に在学中にも受験できるため、修了時と合わせて2回の受験機会があります。修士1年生次に採用試験に合格した場合、修了するまで待ってくれる都道府県もあります。また、民主党のマニフェストに「教員養成課程の6年制」があるように、将来、教員には大学院修了が求められる可能性があります。

公務員:1年次に在学時に受験することもでき、受験チャンスが広がります。国連職員など、国際公務員を受験する際には、修士号が必要となる場合があります。

企業:「大卒」と「修士修了」で初任給に差をつけている企業が多いです。理系の学生には、修士修了を前提とする職種も少なくありません。

 

教育経験

ティーチングアシスタント(TA)という仕事があり、教員の教育アシスタントをすることで給料がもらえます。これは、大学から辞令が出て正式に雇った形の仕事であり、履歴書の職歴欄にも記載できます。TAとして学部学生の指導に携わる事で、実質的にも、教育経験を積むことができます。また、質問に尋ねてくる後輩の学部学生に教育指導をする「学習相談室」という仕事もあります。さらに、大学院に在籍しながら、高校の非常勤で教育経験を積む大学院生もいます。

 

経済的負担

入学金は 282,000円で、授業料は半期で 267,900円 (平成22年度) です。学業が優秀であれば、授業料免除の制度もあります。これについては

http://www.gse.yamaguchi-u.ac.jp/campus/menjyo.html

を御覧ください。また、奨学金については、日本学生支援機構奨学金(旧日本育英会)による無利子貸与を始め、いくつかの奨学金制度があります。詳しくは、

http://www.gse.yamaguchi-u.ac.jp/campus/scholarship.html

を御覧ください。また、大学院生は平均すると、TAなどで、月1万5千円弱の収入があります。

 

進路

「厚生労働省 平成21年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」によると、

大学卒業の初任給は平均で198,800円  大学院修士課程修了では平均で228,400円となっています。大学院修了生の具体的な進路は、過去5年間(平成18年度~平成22年度)でいうと、例えば、以下のようになります。教員志望の人が学部卒で教員採用試験に合格しなかった場合に、大学院に2年間在籍しながら、教員採用試験を受験し、教員を目指すという場合が多いです。

 

就職先:山口県教員、広島県教員、熊本県教員、兵庫県教員、北九州市教員などの中学・高校教員や、山口県警、山口県医師会など、また、山口銀行、(株)NEC情報システムズ、(株)トヨタコミュニケーションシステム、コムシス(株)、(株)向学社、鷗州コーポレーションなどの企業

サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.