カリキュラム

物理・情報科学科授業教育カリキュラム

1年-2年前期

共通教育科目(英語、統計学、実験の入門的科目である物理学実験、その他)と専門科目のうち物理学や情報科学の基礎となるものを学びます。

 

[主な専門科目]

物理・情報科学序論、ロジカルシンキング、物理と情報のための数学、力学、電磁気学、情報科学概論、プログラミング言語/演習

 

2年後期-3年後期

皆さんの希望により、「物理学コース」と「情報科学コース」の2つのコースに分かれて、一部の共通教育科目と専門科目を学びます。専門科目の必修科目等がコースによって異なります。専門の実験・実習科目も履修します。

 

[主な専門科目]

・共通科目:数値解析、論理学、回路理論、情報応用物理学

 

・物理学コース:熱力学、量子力学、統計力学、物性物理学、宇宙物理学、相対論、物理学実験、

原子物理学、連続体物理学、素粒子物理学気概論

 

・情報科学コース:確率論と情報理論、情報基礎科学演習、計算モデル論I,II、計算モデル論演習I,II、

データ構造とアルゴリズム、形式言語とオートマトン、情報ネットワーク、グラフ理論、

信号画像処理、データベース論、バイオインフォマティクス、線形システム理論

 

4年

専門科目の一部を学びます。さらに、各研究室に配属され、特別研究を履修します。
特別研究では、研究成果を卒業論文にまとめ提出します。

Q&A

Q. 大学と高校の授業はどのように違いますか?pi_img1.JPG

A. 高校ではクラス全員が同じ授業を受けますが、大学では各自の興味に合わせて履修する選択科目も多くあります。

 

Q. 大学の授業は講義ばかりですか?

A. 大学の授業には「講義」だけでなく、「演習」、「実験」、「実習」などがあります。

 

Q.勉強につまずいたときは? 大丈夫ですか?

A.担任制度があり、担任の先生が学習・生活の両面で相談にのってくれます。また、学習相談室(寺子屋)があり、授業について分からないことや勉強に関する様々な質問に大学院生が答えてくれます。「数学の宿題の問題が解けない」、「プログラムをコンパイルしたら、知らないエラーが出た」、「この課題をどうプログラムしたらよいのか分からない」、「先生が授業で言っていた○○○がわからない」といったことが解決できます。

 

Q. どんな演習や実験・実習がありますか?
A. プログラム作成の演習や電子回路の作成(両コース), ロボット制御や画像処理(情報科学コース)超伝導物質の作成や回折格子(物理学コース)などの演習や実験をしています。


Q. 大学ではその学科の専門科目以外は学べないのですか?

A. 大学では専門科目の他、英語等の外国語、一般教養科目等を学べる共通教育科目もあります。 他学科の科目も履修できます。放送大学の授業(一部)も受けることが出来ます。

 

Q. 教員免許や学芸員資格を取得するためにはどうすればいいですか。

A. 学科専門科目以外に指定された講義や演習等を履修する必要があります。

 

Q. 物理・情報科学科では四年間でどのように学ぶのでしょうか。

A. 1,2年生では主に基礎となる科目を学び、2年後期からは希望に応じて物理学コースと情報科学コースに分かれて、それぞれの専門的な科目を学びます。4年生では各研究室に分かれて卒業研究に取り組みます。

copy2_of_Curriculum_u.jpg

サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.