教育理念

教育研究上の理念,目的

物理・情報科学科では、物理学,情報科学並びに学際的分野の学習及び思索を通して科学的素養を身につけ,柔軟性に富んだ発想力及び思考力を培い,広い視点をもって,社会で活躍できる人材を育成します。

求める学生像(アドミッション・ポリシー)

  1. 物理学,情報科学やこれらの学際的分野に対する向学心を持ち,将来これらの分野で活躍することを目指す人
  2. 忍耐強く勉学に励み,論理的に思考することの好きな人
  3. 幅広く学び理数の基礎を身につけ,新しいことに挑戦したい人

卒業までの到達目標(ディプロマ・ポリシー)

山口大学理学部物理・情報科学科では、物理学と情報科学の基礎の学修、及び、物理学あるいは情報科学の発展的な学修を通して学生の学士力を育みます。卒業後には、製造業や関連業種の研究開発従事者や技術者、情報通信産業におけるシステムエンジニア等の技術者、中学校や高等学校教諭として、広く社会で活躍できる人材、さらには大学院に進学し、自らの専門性を発展させる意欲をもつ人材の育成を目指しています。
以上の理念のもとに、物理・情報科学科では以下の到達目標を達成した学生に「学士(理学)」を授与します。

.知識・理解

    1. 自然科学や情報科学について広く知り、人間や文化との関わりについて理解しています。
    2. a) 物理学(力学、 電磁気学)と情報科学(データ解析、 プログラミング言語)、

      及びその基盤となる数学の基礎知識を体系的に理解しています。

      b)物理学または情報科学に関する発展的な知識を理解しています。

       

.汎用的技能

    1. コミュニケーション・スキル: 自然科学における様々な知見を根拠・理由とともに説明するためのプレゼンテーション能力や文章作成を行える日本語能力を身に付けています。また、他者の説明からその主張及び根拠を正しく判断することができます。将来、様々な知識を身に付ける上で必要な英語の基礎能力を備えています。
    2. 数量的スキル: 自然現象を定量的に捉え、数理モデル化や定量的解析を行い、解析結果の可視化、説明を行える数量的スキルを身に付けています。
    3. 情報リテラシー: 様々な手段を用いて問題解決のために必要な情報を収集し、その情報の妥当性を適正に判断し、情報モラルに則って効果的に活用することができます。
    4. 論理的思考力: 様々な自然現象が生じる理由についての仮説提起を行い、その妥当性を理由とともに説明することができます。
    5. 問題解決力: 物理学や情報科学の課題に対し、その課題を解決するための問題点を発見し、必要な情報を自ら収集・分析・整理することで、問題解決を行うことができます。

.態度・志向性

自然科学や情報科学の学修を通し、広く社会で活躍するための自己を管理し、チームワークで仕事を進める能力を身に付けています。さらに、社会人としての倫理観や社会的責任を持って行動をとる態度を身に付けています。

.統合的な学習経験と創造的思考力

物理学や情報科学の基礎知識、及び、自然現象を定量的に捉える数量的スキルを具体的な課題に適用し、その課題を解決する学習経験を通して、課題解決のための創造的思考力を身に付けています。

カリキュラム・ポリシー

.科目配置

    1. 全学共通教育科目における教養コア科目、英語科目、一般教養科目、専門基礎科目では、各自が高等学校卒業までに得た知識・技能をもとに、社会に出た後に最低限必要となる汎用的技能、語学力、多文化・異文化に関する知識及び理系の基礎知識を身に付けます。特に、初年次教育である基礎セミナー及び情報処理科目では、能動的学習に必要となるコミュニケーション・スキルや情報リテラシーなどの汎用的技能について学び、少人数体制での実践を通してその重要性を理解します。
    2. 1年次から2年次後期において、専門コア科目として数学、物理学、情報科学の基礎科目が配置されており、物理学・情報科学の基盤となる知識を体系的に身に付けるとともに、自然現象を定量的に解析するための数量的スキルを身に付けます。また、サイエンス・リテラシー科目において、論理的に考え、説明するための基本的手法を身に付けます。
    3. 2年次後期から3 年次において、物理学、情報科学の専門科目が配置されており、専門コア科目で身に付けた知識をさらに発展させて、より専門性の高い知識を身に付けていきます。また、週に1 回の実験・演習科目では、アクティブ・ラーニングを実践し、自らが身に付けている知識をもとに課題解決を行い、他者にわかりやすく説明する能力を身に付けるとともに、グループでの学習を通してチームワークで物事を進める能力を身に付けます。
    4. 4年次には研究グループに所属し、教員の指導のもとで「特別研究」を行います。これまでの学修内容を統合的に用いることで、物理学、情報科学に関する具体的な研究課題に取り組みます。これにより、課題解決のための問題点を自ら発見・解決し、第三者にその過程を論理的に説明する総合的な学習経験によって、論理的思考力、創造的思考力、及び、実践的なコミュニケーション・スキルを育みます。さらには、研究室の他者と協同しながら研究を進める経験を通し、チームワーク力を身に付けるとともに、自らの研究内容や成果が社会に与える影響を意識しながら、研究を自律的に推進する経験を通して、倫理観や社会的責任を持って行動できる自己管理力を身に付けます。
    5. 意欲の高い学生に対してはサイエンス実習等の実習系科目を配置し、それまでに修得した知識・技能を応用する能力や、自ら学修計画を立て、主体的な学びを実践し、わかりやすくプレゼンテーションを行う能力を養います。

.成績評価・授業改善

    1. 講義・演習科目については、授業内レポート、小テスト、期末試験(あるいは期末レポート)などに基づき、学修成果の到達度を公正かつ厳格に評価します。
    2. 実験科目については、プレゼンテーション、実験レポートなどに基づき、学修成果の到達度を公正かつ厳格に評価します。
    3. 実習科目については、自ら設定した目標に対する達成度とそこに至るまでの過程(計画性、主体性)、プレゼンテーションなどに基づき、学修成果の到達度を公正かつ厳格に評価します。
    4. 特別研究については、提出された卒業論文に加え、探求する態度、探求に必要な知識・技能を修得する能力、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力などを総合的に判断し、学修成果の到達度を公正かつ厳格に評価します。
    5. 授業科目ごとに学生による授業アンケートを実施し、 その結果に基づき授業方法の改善を行っていきます。

 

.学生指導・学修支援

定期的に面談を行い、主体的な学びを実践できるように履修指導を行います。特に、単位取得状況や成績評価指標(GPA)をもとにディプロマ・ポリシーの達成が困難な学生を早期に把握し、学生の学修方法、学修過程のあり方を具体的に指導します。

 

コース別ディプロマ・ポリシーはこちら

     

    pi_s.jpg
    サイトポリシー
    • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.