研究紹介

物理・情報科学科の研究紹介

研究紹介

物理学は文明の出現とともに始まり、化学、生物学などの自然科学の発達や科学技術の進歩を支えてきた基盤的学問です。一方情報科学は、物理学や工学 の発達にともなってほんの半世紀ほど前に生まれた新しい学問ですが、最先端の研究はもちろん,現代の情報化社会を支える重要な学問分野となっています。山 口大学理学部物理・情報科学科ではこれらの学問分野の中でも特に以下の研究を推進しています。

 

研究分野

 

物性物理学

物質は分子・原子からできており、いろいろな物理的な性質(物性)を持っています。電気的性質、機械的(力学的)性質、熱的性質、磁気的性質、光学 的性質等です。これらの性質は、物質の微視的(ミクロ)な構造によって決まります。物性物理学は、なぜ物質が多様な性質を示すのかを、微視的な観点から探 究する物理学の研究分野です。金属、半導体、磁性体、誘電体、セラミックス、ソフトマター・高分子、生物その他さまざまな物質系を対象とします。

 

○物性実験物理学

・磁性物理学 (藤原 哲也 助教)

どんな物質も強か れ弱かれ磁気を帯びています。物質の磁気に関する性質を磁性といいます。物質の磁性は、特定の原子が持つ特殊な電子の運動によって発生することが大半で す。これらの特殊な電子の代表格として3d電子や4f電子があります。これらの電子をもつ遷移金属や希土類金属を主成分とする新規物質を開発し、3d, 4f電子に起因した新奇な磁気現象(量子現象や相転移、例えば、超伝導現象や磁気フラストレーションに由来した相転移など)の探索とその起源の解明を行っ ています。

 

・誘電体物理学 (朝日 孝尚 教授)

(後日、作成)

 

 

・構造相転移物理学 (笠野 裕修 准教授)

~固相中の構造変化の機構を解き明かす~

 

 

・高分子物理学 (野崎 浩二 教授)

~鎖状分子の構造形成の謎を解く~

 

 

・コロイド物理学・化学物理学 (堀川 裕加 助教)

~ 液体中の分子の振る舞いを探る~

 

 

○物性理論物理学

・低温理論物理学 (芦田 正巳 准教授)

物質の温度を絶対零度の近くまで下げると量子力学的な効果が顕著に現れて,色々と不思議な現象が起こります。金属を冷やすと超電導状態になり,液体ヘリウムを冷やすと超流動状態になります。これらの低温での物質の振る舞いを理論的に研究しています。

 

 

素粒子・宇宙論

素粒子の世界と宇宙の巨視的現象は1つに繋がっています。例えば、ニュートリノ振動の発見は素粒子論的な大発見であると共に、恒星の核反応や宇宙の 構造形成の解明に進展をもたらしました。素粒子・宇宙理論グループでは、微視的スケールと巨視的スケールの両面の理論的研究から、宇宙の神秘を解明するこ とを目指しています。

 

・理論宇宙物理学 (坂井 伸之 教授)

~計算で宇宙を解明する~

一般相対論を初めとする物理の基本法則、及び観測に基づいて、宇宙の創成・進化やブラックホール等の強重力天体について理論的に研究しています。

最近は特に、「強い重力現象がどのように見えるか」について、コンピューターによる計算で調べています。

http://www.nsakai.sci.yamaguchi-u.ac.jp/komichi.pdf

 

 

・素粒子物理学 (白石 清 教授)

~素粒子理論から探る重力の謎~

素粒子統一理論から導かれるブラックホールの性質、修正された重力理論における高次元初期宇宙シナリオ等を理論的に研究しています。

http://ha2.seikyou.ne.jp/home/Kiyoshi.Shiraishi/shiraish.pdf

 

 

電波天文学

宇宙がどのようにできており、どのような法則に支配されているのかを理解するの が、宇宙物理学の目的です。そのためには、宇宙や天体が出す電磁波をとらえて解析 を行うこと、つまり観測が必要です。良く知られている観測方法は、天体が出す光を 観測するものですが、天体が出す電波を観測する方法もあります。これが電波天文学です。

シミュレーション科学

・高分子のコンピュータモデリング 山本 隆 教授

 

・分子シミュレーションによる生体現象の物理的解明 (浦上 直人 准教授)

 

理論脳科学

・脳を情報科学的視点で探る (西井 淳 教授)

 

・ブレインコンピューティングシステム (内野 英治 教授)

 

情報・通信理論

色覚バリアフリーを実現する画像処理アルゴリズムの開発 (末竹 規哲 教授)

 

・通信・記録システムを支える誤り訂正符号 (野﨑 隆之 助教)

 

・数理モデルの電子透かしモデルへの応用 (川村 正樹 准教授)

 

 

ネットワーク技術で科学と社会の問題を解決松野 浩嗣 教授Adrien Faure 助教

サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.