2018年度

平成30年度山口大学理学部サイエンス・セッションU18を開催しました

 平成31年3月16日(土),本学吉田キャンパス内の大学会館において平成30年度山口大学理学部サイエンス・セッションU18を開催しました。このセッションは,本学部の高大連携事業のひとつとして,県内教育機関の協力のもとに平成28年度から実施しているもので,中高校生の個人又はグループが,各学校のクラブ活動等において進めている自然科学,情報科学,数学,応用科学等に関する研究活動の成果を発表し,かつ,情報共有することにより,科学探究への興味推進を図るものです。

 今年度は,山口県内から5校,沖縄県1校,福岡県1校,島根県の2校,大阪府1校及び京都府1校の計11校(10高等学校・1中学校)から53組のエントリーがなされ,生徒・保護者・指導教諭ならびに理学部応援企業からの審査員等を含め,約200名の方々に参加いただきました。
 午前は予備審査を突破した6校の口頭発表が行われ,壇上の演者は,研究の着想・結果・今後の展開等を真剣な面持ちで聴衆に向かって発表しました。地域色ある研究・実用レベルな研究などの研究成果に対し,活発な質疑応答がなされました。午後からは,47件のポスター発表が行われ,参加者それぞれが興味をもった課題の発表者から説明を受けるなど,他のグループの研究成果に熱心に耳を傾けていました。
 最後に,口頭発表及びポスター発表の審査を行い,最優秀賞,優秀賞,理学部長賞や審査員として参加いただいた理学部応援企業からの審査員特別賞などを決定し,賞状と副賞を贈呈しました。受賞は以下のとおり。

 口頭発表の部

  • 最優秀賞  
    山口県立萩高等学校 「なまこ壁の機能性に関する考察」
  • 優秀賞   
    島根県立益田高等学校 「チョウセンハマグリ(Meretrix lamarckii)の砂中行動の解明」
  • 理学部長賞 
    沖縄県立八重山高等学校 「水中における光発電の謎を追究する~水面がレンズの役割を果たす?!~」  
  • 審査員特別賞(BPP賞)
    京都府立嵯峨野高等学校 「アオコが植物の生長に与える影響」  
  • 審査員特別賞(株式会社コア賞)
    山口県立山口高等学校 「多機能なソーラークッカー」
  • 審査員特別賞(セントラル硝子賞)
    福岡県立香住丘高等学校 「高濃度溶液の凝固点降下-溶質分子の形状の違いが及ぼす影響-」

 ポスター発表の部

  • 最優秀賞  
    福岡県立香住丘高等学校 「流体摩擦の低減効果に関する研究~らせん形と直線形のリブレットを比較して~」
  • 優秀賞   
    福岡県立香住丘高等学校 「ムペンバ現象について」
  • 優秀賞   
    山口県立宇部高等学校 「環境によく,割れにくいシャボン玉をつくろう!!」
  • 理学部長賞 
    島根県立浜田高等学校 「音と温度の関係」
  • 審査員特別賞(湯田自動車学校賞)
    • 福岡県立香住丘高等学校 「バスケットボールの跳ね上がりの仕組み」
    • 山口県立萩高等学校 「不思議なカードの数理~誤り符号訂正~」
  • 審査員特別賞(ドーワテクノス賞)
    • 福岡県立香住丘高等学校「照明の色と集中力に関する統計学的考察」
    • 学校法人大阪学園大阪高等学校
      「環境DNAによる淀川水系河川の生物相(絶滅危惧種等)の調査と生物保全の実践活動」
  • 審査員特別賞(UISグッド・プレゼンテーション賞)
    • 福岡県立香住丘高等学校
      「最速のクロール泳法を追求する~S字ストロークとI字ストローク~に関する研究」
    • 高川学園中学校 「絶滅危惧種カワネズミの生態と環境への適応について」
  • 審査員特別賞(BPP賞)
    山口県立徳山高等学校 「食品廃棄物によるバイオエタノール生成の研究」
  • 審査員特別賞(株式会社コア賞)
    福岡県立香住丘高等学校 「かくれんぼ-Hide and Seek-
  • 審査員特別賞(フルケア賞)
    • 山口県立宇部高等学校
      「集合住宅改革~身体障害者と子育て世代が交流できる住宅づくり~」
    • 福岡県立香住丘高等学校 「手の菌について~高校生の手を清潔に保つ方法~」
  • 審査員特別賞(セントラル硝子賞)
    福岡県立香住丘高等学校 「非電解質水溶液の溶質拡散に関する研究」

2018_1.pngSSU18開会の挨拶 岡正朗 山口大学長 

2018_2.png口頭発表会場は約200

2018_3.png岡学長・理学部応援企業の審査員ら

2018_5.png生徒にやさしく語る 野崎浩二理学部長

2018_4.pngポスター会場は満員御礼!