進路

主な進路先

ここ数年,数理科学科の卒業生の3割前後が大学院に進学しています。
以下は,卒業生の主な進路先です。

グラフはこちら

 

数理科学科(学部)

年度 就 職 先 企 業 名 等 進学先

R2

(株)ベネッセコーポレーション,(株)ハンス,公文教育研究会,さなる九州,(株)AXIA,きのくに信用金庫,(株)中京銀行,山口県信用組合,新生銀行,(株)エイジェック,(株)アウトソーシングテクノロジー,(株)ティーユーエレクトロニクス,国際貿易(株),リクルートR&Dスタッフィング,キャレオスホールディングス(株),日本交通グループ,瀧上建設興業(株),(株)メトロ,アイオ(株),東筑紫学園高等学校・照曜館中学校,山口県高等学校,広島県中学校
(臨時的任用教員を含む)

山口大学大学院(創成科学)
九州大学大学院
名古屋大学大学院

H31

宇部情報システム,富士通エフ・アイ・ピー九州(株),ナビオコンピュータ,システム・エボリューション(株),ゼネラルエンジニアリング,エルクホームズ(株),(株)みうら,アルプス技研,(株)SYC,(株)紀陽銀行,(株)三立鑑定,(株)オプト,日本コンピューター,(株)ゴトウ・アズ・プランニング,WDB(株),山口大学生協,山口県警,島根県中学校,東福岡高等学校,山口県高等学校,広島県高等学校,神戸市中学校,兵庫県中学校,愛媛県小学校,高川学園高等学校・中学校(臨時的任用教員を含む)

山口大学大学院(創成科学)
九州大学大学院
東京都立大学大学院
大阪大学大学院
山口大学大学院(教育学)

H30

(株)アーバンビジョン、テイルウィンドシステム、(株)IDOM、(株)山産、BIGMOTOR、(株)西日本メディカル、(株)NSD、九州コーポレーション、日立ソリューションズ、DPT株式会社、ジェイエムテクノロジー株式会社、(株)両備システムズ、WDB株式会社、木村化工機株式会社、(株)クレハ、(株)福岡銀行、山口地方検察庁、山口県警察、門司税関、宇部総合支援学校、学校法人就実学園、山口県高校教員、山口南総合支援学校、広島県中学校教員、久留米市高校教員、大分県中学教員、広島県中学校教員、北九州市中学教員(臨時的任用教員を採含む)

山口大学大学院
大阪大学大学院

H29

山陽建設工業株式会社、はま寿司、(株)両備システムグループ、(株)インフォメックス、(株)サニクリーン山陽、(株)NSD、(株)萌昇ゼミ、(株)個別指導塾スタンダード、日本トーター株式会社、テクニカルソフトウェア株式会社、山口県警、美祢市役所、大阪府警察、九州産業大学付属九州高等学校、岩国総合高等学校、山口県中学校、鎮西学院高等学校、長崎県中学校、常磐高等学校、高川学園中学校・高等学校、福岡県中学校、飛鳥未来高校、飯塚高等学校、島根県中学校、近畿大学附属福岡高等学校(臨時的任用教員を採含む)

山口大学大学院
名古屋大学大学院
大阪大学大学院
九州大学大学院
公務員専門学校

 

H28

 

枚方市立第四中学校、愛媛県立今治東中等教育学校、備後信用組合、美萩野女子高等学校、小林市役所、法務局(中国地区)、㈱エディオン、西日本永瀬㈱、中外テクノス㈱、東福岡高校(学校法人東福岡学園)、銀河学院中・高等学校、㈱エースシステムズ、野村證券㈱、岩国総合高等学校、東京国税局、福岡県高等学校、山口県警察、㈱ワールドインテック、イデア総研税理士法人、福岡県高等学校、津山市役所、シグマトロン㈱、㈱山陰合同銀行、ハイテクシステム㈱、SOLIZE Engineering㈱、長崎県中学校、学校法人大分高等学校、就実高等学校(学校法人就実学園)、山口県中学校、㈱キューブシステム、㈱ミッドフォー 山口大学大学院
九州大学大学院
名古屋大学大学院等

 

H27

㈱5コーポレーション、㈱ユニクロ(準社員)、㈱ミロク情報サービス、㈱クマヒラ、山口県高等学校教員、㈱岡山トヨタシステムサービス、㈱山口ファイナンシャルグループ、㈱レノファ山口、㈱エイム、興南設計㈱、静岡県高等学校教員、㈱ウィルウェイ、東京コンピュータサービス㈱、山陰信販㈱、㈱エディオン、銀河学院中学・高等学校教員(臨時的任用教員)、学校法人鶴学園・広島工業大学高等学校教員(臨時的任用教員)、広島県中学校教員、私立安田女子中学校教員(臨時的任用職員)、損害保険ジャパン日本興亜㈱、福岡県高等学校教員、三原市役所、山口県中学校教員(3)、㈱ニチリウ永瀬 山口大学大学院
名古屋大学大学院等

 

H26

㈱エヌ・ティ・ティ・データ九州、鳥取県教員、㈱テクノクラーツ、福岡県教員(臨時的任用教員)、沖縄県警察、遠賀信用金庫、㈱西日本メディカル、広島県教員(中学校)(2)、佐賀市役所、㈱アーバンプロジェクト、三菱スペース・ソフトウエア㈱、㈱安田屋(2)、㈱アイ・エル・シー、㈱ソルネット、岡山県教員(高等学校)、㈱マイナビ、山口県教員(山口県萩高等学校・臨時的任用教員)、横浜市教員(中学校)、㈱HOMESエデュケーション、広島県教員(高等学校)、㈱ティーネットジャパン、広島県福山市職員(市役所)、㈱コスモス薬品、楽天カード㈱、㈱鷗州コーポレーション、山口県教員(山口県岩国高校坂上分校・臨時的任用教員)、大分県教員(臨時的任用教員)、大分県警察 山口大学大学院
大阪大学大学院
名古屋大学大学院神戸大学大学院
金沢大学大学院 等

 

理工学研究科(大学院博士前期課程)

年度 就 職 先 企 業 名 等 進学先

R2

(株)向学社,キオクシア(株),(株)ドコモCS中国,(株)ベック,(株)産研設計,(株)ティーエーシーホールディングス,
出雲北陵中学・高等学校,野田学園,山口県高等学校(臨時的任用教員を含む)

 

H31

かずま塾,長府工産(株),(株)ケイズ,中国電力ネットワーク(株),合同会社 Next Education,(株)りそな銀行,宇部情報システム,明光義塾,(株)鷗州コーポレーション,(株)アソウ・アルファ,(株)RKKコンピューターサービス,(株)両備システムズグループ,山陽小野田市,山口県高等学校,和歌山県高等学校,高川学園高等学校・中学校,大分県高等学校(臨時的任用教員を含む)

岡山大学大学院

H30

(株)富士通山口情報、トヨタカローラ山口株式会社、福岡県信用農業協同組合連合会、川重テクノロジー、(株)宇部情報システム、熊本県高校教員、山口県中学校教員、学校法人安田学園安田女史中学高等学校 山口大学大学院

H29

(株)第一学習社、JPアクチュアリーコンサルティング、(株)オービック、日立ソリューションズクリエイト、パナソニック株式会社、(株)エイム、美祢市役所、広島工業大学高等学校、千葉県高等学校教員、山口県中学校、山口県高等学校、広島なぎさ中学校・高等学校
 

 H28

㈱ワールドインテック、㈱サクラサクセス、㈱ネオジャパン、大和青藍高等学校、長崎県立佐世保中央高等学校、㈱円工房、㈱アドヴァンスト・インフォメーション・デザイン、㈱西日本情報システム、山陽高等学校(学校法人広島山陽学園)、伊藤忠テクノソリューションズ㈱、広島県教員、テクノプロ・デザイン社、㈱富士通山口情報、神奈川県高等学校 山口大学大学院博士後期課程

 

H27

㈱日本トータル・システム、広島市役所、学校法人海星学園(高校)教員、㈱OKIソフトウェア、学校法人長門高等学校教員、日本プロセス㈱、㈱SCホールディングス、㈱エヌ・ティ・ティネオメイト、山口県高等学校教員、山口高校徳佐分校・野田学園非常勤講師、山口県中学校教員  

 

H26

日本システムウェア㈱、㈱明屋書店、NECソリューションイノベータ㈱、㈱クレスソフト、日研総業㈱、日本システムウェア㈱、山口マツダ㈱、学校法人宇部学園(慶進中学・高等学校教員)、㈱フラッグ  

進路状況

卒業生は中学校教員,高校教員などの教育関係を始め,情報関連企業を含めた様々な職種の一般企業および公務員などに就職する一方,他大学を含めた大学院に進学する学生も多くなっています。

近年の教員募集の減少にもかかわらず,例年,教育関係に就職する学生が一定数います。大学院に進学した学生の多くは教員希望であり,実際に大学院修了後に教員になる事例も多く見られます。また,企業への就職では,以前は大手ソフトウェア関連,金融,出版などが目立っていました。しかし,近年の企業の扱う情報量の拡大に伴い,数理科学科の学生が就職する企業はこれら以外の様々な分野に拡がっており,数理科学科の学生に対する求人は増加しています。

昨今の社会情勢の変化に伴い,企業から数理科学科の学生に求められる資質として,在学中に身につけた内容に裏付けられた活力あるいは実力があります。数理科学科への期待度は強くなる一方,真に実力をつけた学生のみが採用される様になってきています。この傾向は,数理科学科に限らずどの分野にも共通することであるのはいうまでもないことです。

このような状況に鑑み,数理科学科では大学院博士前期(修士)課程とのカリキュラム上の連係を深め,学生の論理的思考を向上させることによって真に実力をつけた人材を輩出することを目指しています。

就職担当の一言

最近では公務員,教員になった卒業生は十名強です。近年数理科学科に送られてくる企業からの求人の大半はSEですが,情報関連企業以外にも情報を扱う能力を有する学生を求める企業は多く,就職企業の多様化の傾向が進んでいます。企業に就職を希望する学生は早くから積極的に職種選びやキャリア等の準備をしているようです。情報関連企業の多くは東京,大阪など大都市圏に本社をもち各地方に支社を持つ場合が多く,当初は大都市圏中心の活動になります。学部4年もしくは修士2年の学生は,前年度末の1月から5月にかけて企業の就職説明会に出かけていきます。適性試験や面接等の就職戦線を乗り切るには,十分な企業研究と自己アピ-ルが必要であり,そのためには在学中の自己研鑽が欠かせません。就職ナビによる就職情報の収集や企業へのエントリーには,インタ-ネットが必要不可欠な手段となっています。また山口大学には山口大学就職支援室が設けられ,毎週各種就職情報がメールで発信されています。また,ベテランの相談員もいますので積極的に利用してください。卒業生の中には企業の中核を担う方も多く,今後もこれらの方々に続いて欲しいと思います。