2020年11月2日

 後期が始まって1か月が経過しました。今のところ無難に授業が進んでおります。あと3か月、無事に終わってほしいのですが。入試の季節も到来します。気を引き締めて。

 ご存知のように今年3月の山口大学の学位授与式(卒業式)は中止となりました。7か月が経過した1031日(土)の山口大学ホームカミングデーの日、「半年遅れの卒業式・修了式」を理学部で挙行しました。今年のホームカミングデーはすべてオンライン配信でした。そこで、4月に卒業し社会に巣立った皆さんを応援しようと「半年遅れの卒業式・修了式」を企画しました。そのまま大学院に進学をした卒業生を中心に式への出席を募ったところ14名もの卒業生が出席してくれました。式はライブでネットワーク配信し、どこにいても出席できるようにしました。オンラインで参加した卒業生やそのご家族もありました。

 当日は、袴姿で出席した人も6名いましたが。式では一人一人に特別に準備した学位記のレプリカを授与しました。一人一人の目を見ながら学位記を渡しました。皆さん、表情に嬉しさや達成感が浮き出ていました。地球圏システム科学科の卒業生の伊藤さんが卒業生代表の挨拶をしてくれました。もう一人、オンラインで大阪から参加してくれた物理・情報科学科物理学コースの卒業生の善本さんにもご挨拶いただきました。お二人のご挨拶は理学部長の挨拶よりも数段レベルの高いものでした。

 式終了後に卒業生の皆さんはとても喜んでくれました。この度の卒業式は事務職員さんの献身的な準備があって実施に至りました。感謝です。卒業生には、それぞれの新天地で頑張っていただきたいと思います。

 理学部の卒業生、頑張れ!

20201102-5.png

20201102-4.jpg