[2014/12/16] 第11回理学部講演会

さまざまな階層からみた生物の進化~生命活動をつかさどる巧妙な仕組み~
  • 何が 2014年度理学部講演会
  • いつ 2014年12月16日07時10分から08時40分までのイベント (UTC / UTC0)
  • どこで 理学部15番教室
  • 連絡先名称
  • イベントをカレンダーに追加 iCal

講演題目:  ホヤのHox遺伝子

講演者   : 西駕秀俊(首都大学東京 生命科学専攻 客員教授)

 

講演概要 : ホヤは脊索動物の始原的体制を備えた幼生をつくった後、変態する。

動物の形づくりに深く関わるHox遺伝子の構造・発現・機能の解析を通して見えてきたホヤの生き様を紹介する。

 

講演題目:  カフェイン合成酵素とその仲間たち

講演者   : 加藤美砂子

(お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科 教授)

 

講演概要 : チャやコーヒーに含まれるプリンアルカロイドであるカフェイン(1,3,7-

トリメチルキサンチン)の生合成系について、合成酵素に焦点を当てながら解説する。

 

講演題目:  細胞内の交通網 ~その多様化と進化を探る~

講演者   : 上田貴志(東京大学大学院 生物科学専攻 准教授)

 

講演概要 : 都市の交通網と同様に、細胞内にも細胞小器官を結ぶ交通網が存在します。

この交通の仕組みがどのように多様化し、進化してきたのかを、植物を使って研究した結果を紹介します。