[2016/1/13] 第10回理学部講演会

はばたけ山口から世界へ 科学のフロンティアを求めて(村上勝彦:ペンシルバニア州立大学)
  • 何が 2015年度理学部講演会
  • いつ 2016年01月13日07時10分から08時40分までのイベント (UTC / UTC0)
  • どこで メディア講義室
  • 連絡先名称 医学系研究科・村藤俊宏
  • 連絡先電話番号 5738
  • イベントをカレンダーに追加 iCal

タイトル: 『はばたけ山口から世界へ 科学のフロンティアを求めて』

 

講師:    村上勝彦 先生(ペンシルバニア州立大学・教授)

 

概要:

私は、山口大学で学んだ後、現在、ペンシルバニア州立大学の生化学-分子生物学部で、学生に講義をする傍ら、自分の研究グループを率いてRNA転写酵素、RNA polymeraseの機能、構造解析の研究をしています。山口大学入学からこれまでの自分の歩んできた道のりをお話することで、在校生の諸君の今後の進路の参考になればと思います。アメリカの大学で学ぶ学生や、また実際に日本からペンシルバニア州立大学に留学している学生の生活も紹介し、将来海外留学をめざしている学生諸君へのアドバイスもしたいと思います。

 

【講師略歴】

1992年に山口大学理学部化学科卒業。1994年に山口大学大学院理学研究科修士課程修了後、総合研究大学院大学(国立遺伝学研究所)で学位を取り、1998年からアメリカで研究を続けて、2015年にペンシルバニア州立大学の教授(生化学分子生物学部)に就任。

専門は、Structural and Mechanistic Enzymology of Prokaryotic RNA Polymerases。

http://www.bmb.psu.edu/faculty/murakami/murakami.html

 

主催:  キャリアパス形成支援室

協力:  山口大学理学部・山口大学総合科学実験センター・

研究推進体「ライフサイエンスに貢献する先端的な計測・分析機器の実現に向けた基盤技術の創出」企画委員会

 

村上先生のご研究に興味のある方は、は翌1月14日の10:30から、農学部の主催により大学会館で行われる講演会に是非ご参加ください。詳しくは、下のポスターをご覧ください。