[2016/8/26]第4回理学部講演会

低周波電波天文学で探る宇宙 (赤堀卓也:鹿児島大学)
  • 何が 2016年度理学部講演会
  • いつ 2016年09月01日04時30分から05時50分までのイベント (UTC / UTC0)
  • どこで 理学部1号館 12番講義室
  • 連絡先名称 物理学分野・新沼浩太郎
  • 連絡先電話番号 5759
  • イベントをカレンダーに追加 iCal
題目:センチ波偏波観測のサイエンスと将来計画SKA

講師:赤堀 卓也(鹿児島大学大学院 理工学研究科 物理・宇宙専攻 特任准教授)
要旨:
電離プラズマガスと磁場は宇宙の様々な天体と天体現象に関与するため、それらは天文学・宇宙物理学の重要な研究課題です。携帯電話や電子レンジなどで身近に使われているセンチ波は、その宇宙の磁化プラズマを調査するのに適しており多くの成果を上げています。談話会では星間物質、銀河、銀河団、そして宇宙大規模構造に至る磁化プラズマをこの電波帯域で観測する優位性を紹介します。そして宇宙の大規模構造に潜むと予言されている「失われたバリオン」の発見に向けた講演者の一連の研究を紹介します。将来計画のSquare Kilometre Array (SKA)についても進展を報告します。