[2016/10/13]第5回理学部講演会

「新しい反応点をつくる!〜酸性度をもたないC(sp3)-H結合を起点とする分子変換反応〜」(上條真准教授:山口大学理学部)
  • 何が 2016年度理学部講演会
  • いつ 2016年10月13日04時20分から05時20分までのイベント (UTC / UTC0)
  • どこで 理学部14番講義室
  • 連絡先名称 生物・化学科 川俣 純
  • 連絡先電話番号 5729
  • イベントをカレンダーに追加 iCal

化学講演会のお知らせ

 

演題:新しい反応点をつくる!
〜酸性度をもたないC(sp3)-H結合を起点とする分子変換反応〜

 

講師:理学部 准教授  上條 真 先生

 

要旨:医薬品やプラスチック、ナイロンのようなポリマー、最近では、有機EL用の電子材料など、我々の生活を豊かにするあらゆるものが天然から採取できる石油やアルコールなどを原料として、『有機合成化学』を駆使しつくられている。このように書くと、有機合成化学は万能と思えるかもしれないが、分子レベルで見ると、実は限られたパーツしか変換することができない。そこで我々の研究室では、これまで変換できなかったパーツを、思いのまま変換するための新しい有機合成化学ツールの開発に挑戦している。セミナーでは、酸性度をもたないC(sp3)-H結合を起点とする分子変換反応に関して、最近の我々の研究結果を紹介する。