[2019/11/8] 受賞

宗像大輔君がBest Abstract賞を受賞

 大学院創成科学研究科自然科学系専攻(情報科学コース)博士後期課程1年の宗像大輔君(指導教員:内野英治教授)が,“カテーテルアブレーション関連秋季大会2019”において,Best Abstract賞を受賞しました。当該秋季大会は,2019117日(木)~9日(土)に石川県立音楽堂およびANAクラウンプラザホテル金沢で開催されました。宗像君は,「深層学習アルゴリズムを用いた肺静脈隔離術における伝導GAP予測の試み」についての研究が高く評価され,受賞に至りました。