[2019/12/18] 第12回理学部講演会

AI・ディープラーニング技術による細胞・粒子画像解析技術の進化

20191212() 理学部22番講義室にて、第12回理学部講演会を開催しました。(山口大学研究推進体「先端的計測・分析基盤技術の創出」(※1)が主催する第4回研究推進体勉強会を兼ねる)

講師:佐波晶 先生(大日本印刷株式会社・ICT事業開発本部・部長)

演題:「AI・ディープラーニング技術による細胞・粒子画像解析技術の進化」

講演概要はコチラ

  30名を超える参加者(本学理学部の教員、大学院生、学部生、近隣大学教員、そして近隣企業技術者)が本講演を聴講しました。
 佐波先生には、細胞画像解析の黎明期から最新のAI・ディープラーニング技術の知見まで膨大なデータに基づく探索研究の歴史を交えて、簡潔かつ鮮烈にご紹介頂きました。講演の途中には、聴衆者を巻き込んだQ&A【実際に細胞がいくつあるか数えてみよう!】もあり、記憶に残る楽しい講演会となりました。
 講演終了後には、活発な質疑応答が行われ、細胞画像解析を始めとしたデータサイエンス技術への関心の高さを実感できました。

(※1)山口大学研究推進体「先端的計測・分析基盤技術の創出」

20191212_01.jpg20191212_02.jpg20191212_03.jpg