2020年度

[2020/11/20] 受賞

古谷庸介さん、榊原将吾さん、穐本正徳さんがVLBI懇談会シンポジウムにて学生優秀発表賞受賞

 本学大学院創成科学研究科(物理)博士後期課程3年生の古谷庸介さん、博士前期課程1年生の榊原将吾さんと穐本正徳さんが、2020年11月16日-17日にオンラインで開催された2020年度VLBI懇談会シンポジウムにおいて学生優秀発表賞を受賞しました。
 それぞれの講演で、古谷さんは宇宙初期における活動銀河核の活動性について、榊原さんは山口32m電波望遠鏡の観測システムの改良について、穐本さんはブラックホール連星の活動性について報告を行いました。
 おめでとうございます。

  • 優秀口頭発表賞
    山口大学大学院創成科学研究科 古谷庸介
    題目: JVN高感度少数基線によるHigh-z AGNジェットの大規模VLBI探査
  • 最優秀ポスター発表賞
    山口大学大学院創成科学研究科 榊原将吾
    発表題目: 山口第一電波望遠鏡におけるノイズソースを用いたシステム雑音温度測定法の構築
  • 優秀ポスター発表賞
    山口大学大学院創成科学研究科 穐本正徳
    発表題目: 山口干渉計を用いたX線連星GRS1915+105の強度変動観測と電波放射領域の
    放射モデルの適用可能性

20201120.jpg

オンライン開催のため、記念写真もzoom画面の集合写真です。右上:古谷庸介さん、中央下:榊原将吾さん、右中:穐本正徳さん。中央上は川口則幸VLBI懇談会会長。

[2020/10/23] 受賞

寄元康平君、山道航平君が情報科学技術フォーラムにおいてFIT奨励賞を受賞

19回情報科学技術フォーラムにおいて、以下2名の学生がFIT奨励賞を受賞しました。当該学会は、202091日~3日にオンラインで開催されました。

寄元 康平君がFIT奨励賞を受賞

大学院創成科学研究科基盤科学系専攻(情報科学コース)博士前期課程1年の寄元 康平君(指導教員:韓 先花准教授)

「深層Residual Attention ネットワークを用いたスナップショット撮影からハイパースペクトル画像の復元」についての研究内容が高く評価され,受賞に至りました。(受賞日:202093日)

20201023_1.jpg

山道 航平君がFIT奨励賞を受賞

大学院創成科学研究科基盤科学系専攻(情報科学コース)博士前期課程1年の山道 航平君(指導教員:韓 先花准教授)

Deep Attention ConvLSTM-UNetを用いた画像の降雨ノイズ除去」についての研究内容が高く評価され,受賞に至りました。(受賞日:202093日)

20201023_2.jpg

[2020/10/20] 受賞

田中真仁さんが奨励賞を受賞

 大学院創成科学研究科ライフサイエンス系専攻の田中真仁さんが,日本細胞性粘菌学会の若手研究奨励賞を受賞しました。20201017日にオンライン開催された日本細胞性粘菌学会例会では,「細胞分裂時の細胞膜の動態制御に関する研究」という演題で,その受賞記念講演が行われました。田中真仁さんは,本年9月に博士号を取得され,10月から国立遺伝学研究所の博士研究員として細胞分裂の研究を行なっています。

[2020/10/1] 研究成果

本多謙介教授(化学分野)らの研究成果が「Diamond and Related Materials」誌に掲載されました

[2020/9/29]第1回理学部講演会

微小計測・構造解析からのアプローチ

 『微小計測・構造解析からのアプローチ』と題した山口大学研究推進体「先端的計測・分析基盤技術の創出」(※1) と山口大学理学部 物質構造解析研究会 (※2) のジョイントセミナーが202094()に開催されました。今回で5回目の開催となりました。

 今回のジョイントセミナーは、今般の新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の状況を鑑み、本学キャンパス内での開催を行わず、「zoom」を利用したオンラインセミナーとして実施しました。
  はじめてのオンラインセミナー開催でしたが、常時50名を超える参加者(本学理学部、工学部の教職員、大学院生、学部生・企業技術者(本学卒業生を含む))が本講演を聴講しました。
 一般企業の研究発表を含む17件の一般公演(10分発表・5分質疑応答)が行われました。分析化学・有機化学・錯体化学・溶液化学・高分子化学・クラスター化学・構造有機化学・ソフトマター物理学などといった幅広い分野からの報告がありました。講演終了後は、オンライン上で活発な質疑応答が行われ、好評のうちに終了致しました。
  今回のジョイントセミナーは、東京都・神奈川県・茨城県などの遠方からも参加者もあり、互いの距離を感じさせないオンラインならではのメリットを実感することができました。

(※1)山口大学研究推進体「先端的計測・分析基盤技術の創出」
(※2)山口大学理学部 物質構造解析研究会

20200904_1.png 20200904_2.png 20200904_3.png

[2020/9/10] 理学部が生まれ変わります!

令和3年度から山口大学理学部が新しく生まれ変わります。 新しい教育カリキュラムがスタートし、「化学科」及び「生物学科」が新設されます。

[2020/9/4] インタビュー

数理科学科の大関一秀先生インタビュー記事を掲載

[2020/6/1] 韓先花先生インタビュー記事掲載

深層学習技術でどのようなことができるのか,この分野の研究がどのように行われるのかをうかがいました.

[2020/5/13] 研究成果

カブトムシの幼虫の成長速度が緯度に沿って変化することを発見

[2020/4/28] 公募

物理・情報科学科で講師又は助教1名を募集中です。

[2020/4/24] 公募

地球圏システム科学科で講師または助教1名募集中です。(再修正)

[2020/4/10] 掲載

化学分野の森田萩乃さんの研究成果が評価され学術雑誌の表紙となりました

化学分野 森田萩乃さん(2019年度修士課程修了)の研究成果をまとめた学術論文が高く評価され、英国の王立化学協会(RSC)出版の学術雑誌”CrystEngComm”の2020年Issue 13の表紙となりました。

論文発表

学術雑誌 表紙掲載

[2020/3/19] 選出

ロンドン地質学会「最優秀査読者」に川村喜一郎准教授

 イギリスのロンドン地質学会は,2019年の最優秀査読者として,川村喜一郎准教授ら2名を選出した.これは過去1年間にロンドン地質学会が発行するさまざまな雑誌へ投稿された学術論文を査読(学術論文の内容を確認し,掲載の採否などを判断する作業)したことに対して贈られるものである.

 ロンドン地質学会ウェブサイト原文

Reviewer thank you
Our reviewers play a vital role in ensuring the Geological Society of London’s publications are of the highest standard and the peer review process is rigorous.
We are grateful for their time and expertise, and would like to extend a big thank you to all of our reviewers in 2019 who we have listed below.

Geological Society of London Top Reviewers 2019
Special thanks go to those reviewers who not only reviewed multiple papers for one of our publications but also to those reviewers who reviewed papers across multiple GSL publications. Our two top GSL reviewers will receive an SP of their choice and are: 

  • Kiichiro Kawamura (Yamaguchi University, Japan)
  • Charlotte Adams (Durham University, UK)

Other top reviewers across the GSL publications are: Dennis Arne (Telemark Geosciences, Australia), Martin Griffin (Amec Foster Wheeler, UK), Derek Briggs (Yale University, USA), Neil Meadows (Redrock Associates International Ltd., UK) and Amanda Owen (University of Glasgow, UK)

ロンドン地質学会ウェブサイト