[2021/3/25] 第2回理学部講演会

機能性金属酸化物ナノ粒子の開発

 202039()に山口大学研究推進体「先端的計測・分析基盤技術の創出」(※1)が主催する第5回研究推進体勉強会を開催しました。(山口大学研究推進体「2020年度第2回理学部講演会を兼ねる)

今回の研究推進体勉強会は、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の状況を鑑み、本学キャンパス内での開催を行わず、「Cisco WebEx」を利用したオンライン勉強会として実施しました。以下の内容を話題提供頂きました。

講師:西山尚登 先生(東京大学大学院工学系研究科・次世代ジルコニア社会連携講座・特任研究員)
演題:「機能性金属酸化物ナノ粒子の開発」
   講演概要はコチラ

  オンライン開催でしたが、常時30名を超える参加者(本学理学部、工学部の教職員、大学院生、学部生・企業技術者(本学卒業生を含む))が本講演を聴講しました。(関西地方(大阪・滋賀)、関東地方(千葉・茨城)からもご参加頂きました)
 西山先生には、金属酸化物が有する半導体特性(光触媒ほか)の基本的化学メカニズムの紹介から、様々な計測手法による半導体機能のメカニズム解析について、最新研究結果を交えて簡潔にご紹介頂きました。講演終了後には、大学関係者だけでなく、企業技術者との活発な意見交換が行われ、好評のうちに終了致しました。

 

(※1)山口大学研究推進体「先端的計測・分析基盤技術の創出」