[2021/12/24] 第5回理学部講演会

鉱物、最近の話題:鉱物の魅力

 2021年12月20日(月)、山口大学理学部15番教室にて、「鉱物、最近の話題: 鉱物の魅力」と題して、国立科学博物館地学研究部の宮脇律郎先生による講演会が開催されました。講演では、科学博物館での研究、標本収集・展示や、国際鉱物学連合新鉱物命名分類委員会での活動などについて紹介されました。鉱物を構成する原子、電子のふるまいから、鉱物から宇宙という壮大なスケールへと広がる話は、聞いていて非常に引き込まれるもので、講演の機会が多い宮脇先生ならではのもので、大変わかりやすい魅力的な講演でした。講演で紹介された次年度の特別展「宝石 地球がうみだすキセキ」も是非とも見学してみたいと思いました。加えて、講演では、鉱物に関する用語の厳密な定義、最新の分析、分類手法についての最新情報も紹介していただきました。今回の講演会には、教職員、大学院生、学部生など多くの方に、ソーシャルディスタンスを保った上、ご参加いただきました。

20211224_2.jpg 20211224_3.jpg