[2022/7/4] 受賞

中野太賀さんが日本古生物学会で優秀ポスター賞を受賞

 2022年7月1日から3日にかけて日本古生物学会2022年年会がオンライン開催(ホスト校:金沢大学)されました。
 本学大学院創成科学研究科(地球科学)の中野太賀さんが、研究内容およびプレゼンテーションが高く評価されて優秀ポスター賞を受賞しました。
 この受賞を励みにしてさらに精進し、今後の研究に繋げて欲しいと思います。講演内容は、以下の通りです。

中野太賀さん(博士前期課程)
「トカラ列島周辺海域における現生貝形虫群集」

 トカラ海峡は、渡瀬線と呼ばれる陸上生物の生物地理区境界と一致し、熱帯系生物の北限と暖帯系生物の南限を区分する重要な地域として広く認識されてきました。
 しかしながら、海洋生物の地理分布に対し、渡瀬線がどのように影響を与えているかについては、十分に明らかにされていません。
 そこで中野さんは,微小甲殻類の一分類群である貝形虫をモデル生物として用いて、海洋生物相の地理分布を検討することを目的として研究を行いました。
 結果として、トカラ海峡周辺海域の海洋生物にとって黒潮がその分布を規制する要因である可能性を示しました。