ニュース

[2019/7/8] 受賞

田中祥平さん(化学コース)が優秀ポスター賞を受賞

本学大学院創成科学研究科自然科学専攻博士後期課程2年の田中祥平さん(指導教員:安達健太 准教授)が、令和元年6月22日‐23日に広島県庄原市で開催された第25回中国四国支部分析化学若手セミナーにおいて、「研究成果」・「発表の判り易さ」・「質疑応答の正確さ」が高く評価され、優秀ポスター賞を受賞しました。おめでとうございます。

講演題目:ポリアルコキシシラン水‐架橋反応におけるアセチルアセトン金属錯体/アミン複合化合物の触媒活性

ポリアルコキシシランの水-架橋反応技術は、我々の身の廻りのいろいろなところで使われています。身近な例としては、電線用絶縁被覆材(ケーブル)、台所・お風呂などの防水シール剤(コーキング)、湿気硬化型接着剤などです。この架橋反応の促進のため、通常、有機スズ化合物が、触媒として使用されています。有機スズ化合物の一部は、内分泌かく乱作用を有する化学物質(いわゆる「環境ホルモン」)であるため、代替物質の開発が喫緊の課題となっています。

現在、田中さんは有機スズ化合物の代替となる低毒性かつ高活性な新規水‐架橋反応触媒の研究・開発に取り組んでいます。

 

受賞者のコメント:今回の発表では多くの先生方から、たくさんの有用な質問・アドバイスをいただきました。とても勉強になりなした、今後も精進していきたいです。

[2019/6/27] 開催報告

令和元年度やまぐちサイエンス・キャンプ

 6月15日(土)・16日(日)に山口県教育委員会主催の「やまぐちサイエンス・キャンプ」が山口大学理学部と山口県セミナーパークで開催されました。

20190627_1.jpg

今年度は山口県内の理科・数学好きな高校生約90名が参加し、物理、化学、生物、地学、数学の5グループに分かれて本学理学部教員の講座を受講しました。

講座テーマ

物理:光を使ってできること
生物:遺伝子とタンパク質を分析する
化学:有機化合物の合成と構造解析
地学:山口のジオパーク
数学:暗号理論への招待

20190627_5.jpg物理

20190627_2.jpg生物

20190627_4.jpg数学


 宿泊先の山口セミナーパークで夕食後に行われたイベント「サイエンスナイト」で
は、高校生に理学部教員や大学生・大学院生が混じったグループに分かれて、現在興
味を持っている「サイエンス」のテーマについてのディスカッションと発表会が行わ
れました。
 参加した高校生たちとっては学校間や高大の垣根を越えたに濃厚に「サイエンス」を
体験する場になったと思います。

20190627_6.jpg

20190627_7.jpg大学院生によるの研究紹介

[2019/6/24] 受賞

村上奈々香さん(生物学コース)が中国四国植物学会大会において優秀発表賞を受賞

理学部生物・化学科4年生の村上奈々香さん(植物細胞シグナル学研究室)が、2019年5月11,12日に広島大学で開催された第76回中国四国植物学会大会において、優秀発表賞(口頭発表部門)を受賞しました。受賞内容は植物の気孔開閉のメカニズムに関するもので、3年生後期の研究室仮配属時から熱心に研究に打ち込み、その研究成果とプレゼンテーションが高く評価され、今回の受賞に繋がりました。大学院生や博士研究員も発表する中、学部4年生でこのような賞を受賞することは異例のことです。益々の活躍が期待されます。


受賞者からひとこと:初めての学会発表で不安も大きかったですが、このような賞をいただくことができて大変光栄です。発表を通して自分の研究について考えが深まり、有意義な経験を積むことができました。今後も面白い研究をするために、そしてそれをうまく伝えられるようになるために頑張ります!

[2019/6/10] 研究成果

永嶌真理子准教授(地球科学分野)らの研究グループが新鉱物「アルミノ杉石」を発見

[2019/5/31] 海外派遣報告

H30年度 学生海外派遣報告を掲載

山口大学理学部では、海外の学生さんとの交流を通じて国際感覚を身につけ、そしてその経験を将来に役立ててもらうため、海外の大学または公的な研究機関へ一定期間派遣するプログラムを実施しています。

昨年度は11名が台湾・インドネシアに派遣されました。

海外派遣から戻った11人の体験報告を掲載いたしましたのでご覧ください。

 

学生海外派遣の報告ページはこちら

[2019/4/22] 受賞

岡見雄貴君が優秀論文賞を受賞

大学院創成科学研究科基盤科学系専攻(情報科学コース)博士前期課程1年の岡見雄貴君(指導教員:内野英治教授)が,“第51回日本人間工学会中国・四国支部大会”において,優秀論文賞を受賞しました。当該学会支部大会は,2018128日(土)に岡山大学工学部で開催されました。岡見君は,「網膜血管の動脈硬化進行度の定量評価と経年変化」についての研究内容及びプレゼンテーションが高く評価され,受賞に至りました。(受賞日:2019年3月4日)

[2019/3/31] 受賞

前田瑞生さんが日本農芸化学会中四国支部 奨励賞(学生部門)を受賞

 本学部生物・化学科生物学コース4年生の前田瑞生さん(環境生物学研究室所属)は、2018年度日本農芸化学会中四国支部 奨励賞(学生部門)を受賞しました(平成3127日)。本賞は、学業優秀かつ、将来、農芸化学関連分野で活躍を期待される学部学生に対して贈られる賞です。前田瑞生さんは、卒業研究内容を本支部主催の学会にて口頭発表し、その将来の活躍を期待されての受賞となりました。

[2019/3/31] 受賞

江島圭祐くんが日本地質学会西日本支部例会で優秀発表賞を受賞

 平成最後の年、3月2日に日本地質学会西日本支部例会が長崎大学で開催されました。本学大学院創成科学研究科(地球科学)博士前期課程2年の江島圭祐君は、これまでの成果を口頭で発表し、優秀発表賞を受賞しました(写真)。学会発表での受賞は今回を含めて4回を数えます。江島君の研究テーマは、大陸地殻の約半分を占める花崗岩がどのようにしてできるのかを解明することです。この研究課題は地球46億年の歴史の中で大陸地殻がどのように進化してきたかを解き明かすことにつながります。江島君の研究成果は、筆頭著者としての論文がこれまで2編公表されています。また、彼は4月から博士後期課程の院生として研究を続けます。この受賞を励みにしてさらに精進し、地球の歴史を解き明かして欲しいと思います。

[2019/3/20] サイエンス・セッションU18

平成30年度山口大学理学部サイエンス・セッションU18を開催

[2019/3/18] 受賞

天満誠也くんが電子情報通信学会システム数理と応用研究会でWIPセッション優秀賞を受賞

20190318.jpg左が天満君。右は研究会専門委員会の名嘉村委員長

 2019314,15日に福井大学で開催された、電子情報通信学会システム数理と応用研究会において、創成科学研究科基盤科学系専攻(情報科学)ネットワーク科学研究室の天満誠也君がWIP(Work In Progress)セッションで「Jaccard係数を用いた単語の共起度に基づくメールフィルタの提案」の題目で発表し、WIPセッション優秀賞を受賞しました。昨年度も同研究室の原添修司君がこの賞を受賞しており、2年連続の受賞となりました。

[2019/3/27] PCリフレッシュ

3月27日 理学部2号館計算機実習室のパソコンのリフレッシュを行います。
作業中はPCを利用頂けません。

[2019/1/23] キャリア懇談会

平成31年1月23日 理学部応援企業によるキャリア懇談会が開催されました。

 理学部が主催する地域貢献事業(理学部サイエンスワールド・サイエンス・セッションU18など)にご協力いただいている企業(理学部応援企業)によるキャリア懇談会が開催されました。
 本年度は、理学部応援企業の半数以上となる11社による懇談会となりました。

 各会場には、理学部応援企業に勤務する理学部OB/OGの方々に加え、人事担当者の方も来ていただきました。さらに今春その企業への採用が内定している学生が懇談会のお手伝いをしている姿も見られました。

 そもそも、「業界って何? キャリアって何?」の現役学生。親近感あふれる応援企業の皆様方から、各社の業界・各人のキャリアなどを中心とした話題を提供していただきました。
 参加学生の多くは、3時間の開催時間の中で、35社の会場を訪問していました。

 参加した学生数は昨年度の3倍ほどの約80名。就職活動に突入する学部3年生と修士1年生のほか、大学院進学する4年生も、将来を見据えて参加していました。学生にとって、とても有意義な懇談会でした。 

20190205_1.jpg20190205_2.jpg
懇談会の様子

 

参加企業:株式会社宇部情報システム・株式会社コア 西日本e-R&Dセンター・株式会社富士通山口情報・トゥルージオ株式会社西日本山口センター・セントラル硝子株式会社・株式会社ベルポリエステルプロダクツ・林兼産業株式会社・株式会社フルケア・JRCS株式会社・長府工産株式会社・テルモ山口株式会社

[2019/1/12] 理学部研究交流会

平成30年度 理学部研究交流会が開催されました

 本年度の理学部研究交流会では、理学部ステップアップ研究助成に採択された教員および博士後期課程学生のほか、研究助成採択教員と一緒に研究を進めている博士前期課程学生あるいは学部4年生が、それぞれの研究成果を口頭(13件)あるいはポスター(16件)にて発表しました。 

 機能分子・宇宙・化石・細胞・運動動作のコツ・情報処理など、理学部ならではの多様な研究成果が、各発表者の個性豊かなトークで披露され、参加者は「SCIENCE」の世界に引き込まれていました。一方、ポスター会場は終了時間を越えても質疑応答が続く、活気あふれる討論の場となりました。例年、学生参加者の多くは研究室に配属後の4年生・大学院生でしたが、今回、初めて理学部1年生の参加者もありました。

20190112_1.JPG 20190112_2.JPG20190112_3.JPG

 本交流会が、本学部で展開されている様々な分野の研究発表会にとどまらず、学部1年生から、博士課程に在学する新進気鋭の若手研究者と気軽に語らい、かつ専門性の枠を取り払った「理科あるいは科学」の楽しさに触れられる場、いわゆる“サイエンス・カフェ”のように誰もが集い交わる場へと転換する兆しも感じられました。

 最後に、優れた発表をおこなった博士後期課程学生に贈られる各賞は、以下の3名に決定いたしました。

  • 最優秀発表賞 田代 啓悟さん(自然科学系専攻自然システム科学コース:化学) 
  • 優秀発表賞  中川 孝典さん(自然科学系専攻自然システム科学コース:地球科学) 
  • 優秀発表賞  熱田 真一さん(自然科学系専攻自然システム科学コース:地球科学)

 20190112_4.JPG20190112_5.JPG

 

[2019/1/10] 第7回理学部講演会

セルロースナノファイバーの連続脱水技術開発と用途展開

 2018127() 理学部11番講義室にて、第7回理学部講演会を開催しました。
(山口大学研究推進体「先端的計測・分析基盤技術の創出」(※1)が後援する第2回研究推進体勉強会を兼ねる) 

講師:薮谷智規 先生(愛媛大学 紙産業イノベーションセンター・教授)

演題:セルロースナノファイバーの連続脱水技術開発と用途展開

講演概要はコチラ

 本講演を本学理学部の教員、大学院生、学部生、そして近隣企業技術者が聴講しました。
 薮谷先生には、愛媛県における紙産業の歴史・現状から、紙産業のイノベーションを指向した大学⇔企業の連携事例、そしてセルロースナノファイバー(CNF)を用いた最新研究の一端を判りやすくご紹介頂きました。
 身近な素材である『紙』について、その奥深さを知ると共に、今まで知らなかった紙(セルロース)の科学的面白さを味わうことができた非常に良い機会となりました。

 
(※1)山口大学研究推進体「先端的計測・分析基盤技術の創出」

20190110_2.jpg20190110_1.jpg

[2019/1/9] 公募

科研費研究員の公募情報を掲載

[2018/12/8] 就職茶話会

平成30年度「理学部OB・OGとの就職茶話会」開催

 平成30128日(土)に平成30年度「理学部OBOGとの就職茶話会」が開催されました。この就職茶話会は、毎年、理学部就職委員会と鴻理会(理学部同窓会)が共催している就職支援事業のひとつです。

 数理科学・物理学・情報科学・生物学・化学・地球科学の各分野から1名のOBOGが来学され、約60名の学部生・院生が参加しました。学生は、興味を持った2分野の茶話会を選び、熱心に聴講していました。現在、社会の第一線で活躍しているOBOGの軽快なトーク(仕事内容・就活事情など)の後、質疑応答では、就活や仕事内容の話題に終始することなく、多様な話題が取り上げられました。

 当日は寒気が流れ込み、わずかに雪もちらつく寒空でしたが、各茶話会会場は和気藹々とし、先輩と後輩の新たな交流が芽生えていました。 

 なお、今回、来学されたOBOGは以下の方々です。

 高道いづみ(SCホールディングス)・池田加代子(アイシン精機)・岡本拓也(三菱重工業)・奥田博人(三和酒類)・藤原祐平(日本精蝋)・佐々木政和(川崎地質)(敬称略)。

20181208_6.JPG
数理科学分野 高道さん

20181208_2.JPG
物理学分野 池田さん 

20181208_3.JPG
情報科学分野 岡本さん

20181208_4.JPG
生物学分野  奥田さん 

20181208_1.JPG
化学分野  藤原さん 

20181208_5.JPG
地球科学分野 佐々木さん

[2018/12/19] 受賞

江島圭祐くんが日本地質学会つくば臨時大会で優秀発表賞を受賞

 本学大学院創成科学研究科(地球科学)博士前期課程2年の江島圭祐君が平成30年12月1〜2日に産業技術総合研究所(つくば市)で開催された日本地質学会つくば臨時大会で優秀発表賞を受賞しました。この発表は9月4〜6日に札幌で開催された地質学会で行う予定でしがが、地震によって発表が中止になり、その代替措置として産総研(つくば)で先日開催されました。江島君は野外での詳細な地質調査と鉱物・岩石の化学分析によって、約1億年前のマグマ活動の実態を詳細に再現することに成功し、迫力と説得力のあるポスター発表が審査員から高く評価されました。おめでとうございます。写真は、受賞ポスターの前で、地質学会松田会長と握手している場面です。

[2018/9/21] 第4回理学部講演会

脊椎動物のボディプランの開始点〜脊索が先か、神経が先か

2018年9月21日(金)に、慶應義塾大学・環境情報学部・准教授の黒田裕樹先生に来学していただき、第4回理学部講演会『脊椎動物のボディプランの開始点〜脊索が先か、神経が先か』を理学部12番講義室にて講演していただきました。講演に先立ち、自身による演者の紹介では学生時代に森の人(オランウータン)に会いに生息地のインドネシアまで行ったエピソードを語っていただき、楽しく和やかな雰囲気で講演を始められました。講演ではツメガエルを用いた研究について話題を提供していただきました。初期の胚発生でも基本的な脊索や神経(板)形成の話題でありながら、教科書で記載される『脊索ありき』ではなく別個に形成されることを証明した非常に興味深い研究内容について紹介していただきました。また、初期胚の組織を個別に誘導し、外科的に再配置することで個体を作成する挑戦的な試みについても紹介していただきました。日程が夏季休暇中でもあり、残念ながら少人数の参加でしたが、活発な議論もあり有意義な講演会となりました。

[2018/11/27] 第6回理学部講演会

東北の活火山の噴火やマグマの話

 20181112日に、山形大学理学部教授の伴雅雄先生により、第6回理学部講演会「東北の活火山の噴火やマグマの話」が、理学部12番教室において開催されました。

 伴先生は主に東北地方の火山をご専門として長年研究活動に取り組まれています。今回は東北地方の火山噴火の歴史や、現在の状況について紹介していただきました。2011年3月11日に東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生しましたが、その前後で東北地方の応力場が変化し、火山が噴火しやすい状況になったと言われているそうです。過去の日本列島でも、大地震後に火山が噴火したという記録が実際にあるそうで、大地震と噴火の関係についての詳しいお話がありました。また、下部地殻でのマグマに関する諸現象など、最新の研究内容に基づく内容で、とてもよい勉強になりました。

 特に、「詳細な薄片観察、化学分析(鉱物化学組成、全岩化学組成、Sr・Nd同位体など)によって、マグマがマントルで発生し噴火に至るまでの過程について知ることができる」という内容が興味深かったです。

[2018/11/4] 受賞

平野貢大さんが学生奨励賞を受賞

 大学院創成科学研究科基盤科学系専攻(情報科学コース)修士課程1年の平野貢大さん(指導教員:内野英治教授)が,“バイオメディカル・ファジィ・システム学会第31回年次大会”において,学生奨励賞を受賞しました。当該学会年次大会は,2018113日(土)~4日(日)に金沢工業大学・扇が丘キャンパスで開催されました。

 学生奨励賞は,当該学会が学生の努力を顕彰し、一層の研究奨励のために設けた賞です。この賞の審査は、事前の抄録論文審査、年次大会での口頭発表時に行う発表審査の2段階審査によって行われます。平野さんは,「分類組織のクラス不均衡性と組織間の実距離を考慮した冠動脈プラークの組織分類法」についての研究内容および発表が高く評価され,受賞に至りました。