脇田 浩二 Koji WAKITA

wakita.jpg

 

脇田 浩二
Koji WAKITA

山口大学大学院創成科学研究科 教授

学域:理学系学域(地球科学分野)

学科:地球圏システム科学科

 

E-mail k-wakita@(@以下はyamaguchi-u.ac.jp)
Web Sites  
研究分野 付加体地質学
アジアのテクトニクス
地質情報学
主な研究内容 ジュラ紀付加体におけるメランジュの形成機構
ペルム紀付加体の形成場の解明
アジアの付加テクトニクスと海洋プレート層序
デジタル地質図の標準化とWeb流通

研究紹介

日本の基盤の主体は、海洋プレートの沈み込みによって形成された”付加体”とよばれる地質体で構成されている。日本に広く分布する付加体のうち、ジュラ紀付加体とペルム紀付加体について研究を行っている。ジュラ紀付加体には、メランジュと呼ばれる泥質混在岩体があり、その成因は世界中で議論されてきた。メランジュの構成要素は、海洋プレート上に堆積した地層や岩石で、海洋プレート層序と呼ばれている。海洋プレート層序が破断変形して、メランジュになる構造変形過程を、地質図スケール、露頭スケール、薄片スケールで検討している。ペルム紀付加体は、山口県周辺に広く分布しているが、ジュラ紀付加体に比べて、その形成過程の解明は不十分である。形成の基となった海洋プレートの原層序や変形過程、形成場などについて、研究を進めている。これらの研究に加えて、様々に蓄積された地質情報をデータベースに整備するとともに、Web上で世界に流通・発信するための技術要素や標準化について様々な角度から研究するとともに、蓄積されたデータベースをジオパークなどのアウトリーチ活動に利用できるシステムの構築を目指している。