2019年度

2019年11月12日

 秋の様相が深くなってきました。学生たちも卒業論文、修士論文、博士論文の執筆に向けて気が張ってきている雰囲気が伝わってきます。大学はこれ以降があわただしくなります。私自身もいろいろな書類作成に奮闘する時期です。さて、そのような中、久しぶりに山中副学部長から記事をいただきました。


 令和1113日、お茶の水女子大学にて、女子中高生のための先端科学セミナー「おもしろい生き物の話」の講師を務めてきました。セミナーは2部構成で「チョウ」と「ギボシムシ」の対決となり、先行の「チョウ」を担当しました。女子中高生が対象なので、大学生対象の講義とは違う工夫を加えるにいたりました。楽しんでいただけたかな?


~ 蝶 と ギボシムシ ~

蝶々 蝶々~ 誰もが チョウを 知っている
ギボシムシ~ そんなムシ おったけ?

ひらひらっと飛ぶチョウ とりわけ 珍しくもない
ギボシムシって なに? 海にいる生き物らしい?!
きっと おもしろいに違いない

しゃあない タイトルだけでも 攻めてみた
「お茶大 COLLECTION FALL/WINTER 2019・SPRING/SUMMER 2020
-チョウの最新ファッションを読み解く-」

かたや 余裕のギボシムシ! 真っ向勝負のタイトルで 攻めてきた
「海の珍しい動物ギボシムシやムチョウウズムシ」

陸上生活のチョウ  海中生活のギボシムシ
同じ無脊椎動物 なんだけど ずいぶん違う ほんと違う

進化的に 対立する系統に位置する 生き物たち
前口動物・節足動物門のチョウ 後口動物・半索動物門のギボシムシ

知ってそうで 知り切れてない 生き物たち  
どんな 生き物でも まだまだ 知らない 秘密をもっている

生き物の話には 終わりがない 
どんなことでも ほんと 生き物は 面白い!


 関東一円から女子小中高生とその保護者が来場くださいました。生徒の皆さんはメモをとりつつ、真剣なまなざしで聴講し、セミナー後、女子生徒さんが盛んに質問等をしてくださいました。多くの女子生徒さんが、いろいろな生き物に興味をもって、将来、生き物のなぞ解きをしてくれそうな予感がしました。

20191111-01.jpg

セミナーの様子

20191111-02.jpg

使用したスライドの1枚-チョウのファッションショー

2019年11月5日

 1026日(土)は山口大学ホームカミングデーが開催されました。理学部からは、前の記事で紹介した「サイエンスワールド2019」を企画・開催しました。理学部はもう一つ行事を企画・開催しました。これまでに何度か紹介してきましたが「旧制山口高等学校100周年記念・山口大学文理学部(人文学部・理学部)70周年記念式典」です。山口大学文理学部は今から70年前の山口大学開学時に旧制山口高等学校を母体として発足しました。その後1978年に人文学部と理学部に分離され、今の理学部が誕生しました。その旧制山口高等学校が今年で発足100周年を迎えましたので、人文学部と理学部で記念式典を開催しました。

20191105_7.png式典の会場には旧制山口高等学校の旗と山口大学旗が並べて設置されました

 式典では100周年記念事業実行委員会の松野実行委員長(前学部長)、そして岡学長などさまざまな方の祝辞がありましたが、その中で旧制山口高等学校に在籍されていた映画監督の山田洋次さんのメッセージが読まれました。その内容は当時の教養教育の真髄を感じさせるとても感動的なものでした。さらにそれを受けて、高木人文学部長がスピーチをされましたが、その内容はとてもすばらしいものでした。私もご挨拶をさせていただきましたが、あとで自分の話した内容を振り返り、自分の未熟さを痛感しました。まだまだ修行が足らないようです。当時の旧制山口高等学校のライバル校であった旧制松山高等学校(現愛媛大学)の卒業生の方の祝辞も披露されましたが、その内容は当時の松山、山口の両市民の皆様が日本の将来を担うであろう旧制高等学校の学生たちをおおらかに温かく見守っておられた雰囲気が伝わってきました。

 さて、式典後は祝賀会が新しくできたFAVOという福利厚生施設で開催されました。旧制山口高等学校の発足から100年後に誕生したFAVOで祝賀会が開催されたことは、なんとなく感慨深く感じました。当日は旧制山口高等学校の卒業生数名がご高齢にもかかわらず全国各地から参加されました。みなさんとてもお元気で、祝賀会では当時の寮歌や応援歌などを数曲ご披露いただきました。そのうちの1曲は山田洋次監督の映画「母と暮らせば」の中のシーンで二宮和也さんが演じた主人公が歌った曲でした。大きな旗を振りながら歌うシーンを思い出しました。最後に私の両親よりもご年配の皆様といっしょに記念写真を撮っていただきました。私にとっては記念となる1枚になりそうです。

20191105-03.JPG祝賀会会場は今年山口大学吉田キャンパス内に新しくオープンしたFAVO

20191105_8.png
旧制山口高等学校の卒業生も駆けつけてくださいました。
鴻南寮の寮歌や応援歌などをうたっていただきました。

20191105-06.JPG
最後に旧制山口高等学校の卒業生の方々と記念写真をとっていただきました。

 

2019年10月28日

 今年も山口大学理学部サイエンスワールドを1028日(土)に山口大学吉田キャンパスで開催しました。来場者は1300名、今年も大勢の市民の皆様に来ていただきました。

 サイエンスワールドの朝、行事に関わる学生、教員、事務系職員全などスタッフが一堂に集まり、スタッフミーティングを行います。そこで私は学生たちに「お客様の視点にたって自分たちの動きを見て、気が付いたことはすぐにスタッフ間で共有し、修正しなければならないことはその場で修正することを心がけてください。」と伝えました。仕事の基本ですね。その後、実行委員長の堀准教授から諸連絡がありました。堀准教授と私は今から21年前の若かりし頃、お酒を飲んでいるときにこの企画を考えました。その後、実行委員として第1回のサイエンスワールドを開催しました。「もう21年も経過しましたね。」としんみり。今の学生たちがちょうど生まれたころですね。

20191028a.png今年もメイン会場は第1学生食堂「きらら」

20191028-03.JPG当日の朝は全スタッフを集めスタッフミーティング。
今年の実行委員長の堀准教授は21年前の第1回開催時も実行委員。

 当日は学生グループが自ら考えたサイエンスの面白い企画を主に子どもたちに見せます。今年も教育学部の学生さんたちが協力してくれました。さらに、当日は山口大学ホームカミングデーも開催だったため、農学部とのコラボもしました。今年はオープンしたばかりの福利厚生施設FAVOも会場として使いました。FAVOでは餅巻きなども行われました。キャンパス内は1日中多くの親子連れでにぎわっていました。子どもたちサイエンスの面白さを満喫してくれたと思いますし、学生たちもいろいろと学んだことでしょう。

20191028b.png

出し物はすべて学生たちが企画

20191028-09.JPG

ミステリーツアーには魔女が案内してくれました

 

2019年10月15日

20191012-01.jpg2019年10月に新しくオープンしたFAVO

 以前の記事でお知らせしました山口大学の新しい福利厚生施設が2019101日(火)にオープンしました。「FAVO」という名前になりました。理学部1号館玄関の正面にあり、理学部の学生も利用しやすいところにあります。オープン以降、毎日学生を中心に賑わっています。運営する生協の方に聴いたところ、学生同士が語り合っているシーン、そして、教員と思われる人と複数の学生が語り合っているシーンが多くみられるようです。学生の利用は当然ですが、教員・事務系職員の利用も多いようで、今のところ「FAVO」のコンセプトにぴったりとか。留学生らしき人の利用も見られます。

 私はオープン前の内覧会にご招待いただきました。1階はカフェになっており、温かい弁当、ランチプレート、パスタ、焼き立てパン・サンドイッチ、コーヒー等のドリンク類などがあります。いわゆる「今風」です。私はパンとコーヒーを買って食べてみましたが、とても美味しかっです。コーヒーは山口県内産の豆を取り寄せているようで味も香りもレベルが高かったです。他に招待されていた学生や職員さんたちも満足そうでした。パンは少し多めに購入し、理学部の事務系職員さんにもお裾分けしましたが、好評でした。今現在、パンは焼きあがるとすぐに売り切れるほどの大人気だそうです。他に1階には売店と自由に使える交流スペースがあります。

 2階は本、文具などと、旅行、住まい、保険等々の生協カウンターがあります。木目調の内装がとてもよいです。さらにいろいろなアナウンスがすべて日本語と英語で併記されており、ダイバーシティ化が進んでおります。2階にはセミナースペースもあり、外部の人を招いてのセミナーやレクチャーにも利用できそうです。このような施設を有効に活用しながら、学生の成長のお手伝いができればと思います。卒業生からは「今の学生はいいですね。」という声が聞こえてきそうです。

20191015_16.png

20191012-08.jpg
1階はカフェ(まだ仮のメニュープレートでした)

20190422-3.JPG 20191012-10.jpg20190422-4.JPG20191012-12.jpg
焼き立てのパンもあります

20191012-13.jpg

20191015_17.png
事務系職員も仕事の合間の休憩時間にパンなどを買っていくようです

 

2019年9月18日

 私は、休日のみではありますが、軽いジョギングをしています。約5 km30分程度で走り、その後、10-15分程度ウォーキングしています。気休め程度の距離と時間ですが、体と心の健康のためです。自宅近くを走ることもありますが、自宅から20 km離れたところにある実家近く(海辺)を走ることもあります。先日は久しぶりに実家近くの「きらら博記念公園(山口市)」を走りました。海辺の干拓地にある公園でトリムコースもあり、ジョギングにはとてもよい環境です。最近は毎年、大きな「夏フェス」が開催されることで有名です。

20190920-1.jpg

きらら博記念公園(山口市)

 さて、若いころは感じなかったのですが、年を取るにしたがって自分の体に「異変」を感じることがあります。これは「若いころは異変がなかったから感じなかった」のではなく、若いころの異変は成長の証としてポジティブに受け止めるので、気にならなかったといった方がよいのでしょうか。年を取っていくにしたがって異変をネガティブに受け止めるケースが増え、人はそれが気になるのでしょう。とはいっても「異変」でしょうから、体調管理や健康維持の観点では気にした方がよいのでしょうね。私は基本的に小心者なので、何かの異変を感じると「何か病気の初期症状でないか」と心配になります。ネットで調べたり、たまに医師に相談したりして、大事でないことを知り、安心することも多いです。

 異変に気づくこと、いろいろなところで大切ですね。災害が起こる前兆、製造現場における何らかの異変、飛行機、自動車、電車、船等の走行中の異変、それらに気づくことは大きな被害や事故を防ぐことにつながります。自然科学の研究でも異変に気づくことはとても大切です。例えば、予想通りの実験結果や観測結果が得られた際も、詳細を解析してみるとそこには「異変」が含まれ、そこから新しい発見に至ることもあるかもしれません。実際に私の過去の経験では、学生さんが実験結果の異変に気づき、研究が思わぬ方向に展開したことがあります。もっとも気づいた学生本人にとっては「異変」ではなく、他の多くの実験結果同様、単に新しい実験結果だったようです。先入観をもたずに結果を眺めた結果、そのことに気がつくに至ったわけです。

 というわけで、自分の体の異変にはあまり気づきたくないものですが、自然の異変、身の回りの異変、(研究を含め)仕事の過程での異変には気づいた方がよいようです。

 話はかわりますが、次の画像は「竹のコースター」です。昨年、きらら博記念公園では「山口ゆめ花博」が開催され、そこで竹のコースターが設置されました。連日順番待ちの行列ができるほど大好評でした。その竹のコースターが1年ぶりに期間限定で復活するようです。すでに完成間近でした。おそらく1年前にはいろいろな不具合も見つかったことでしょう。この度はそれが修正され、より進化しているに違いありません。理学部の若手の先生方、大学院生と県からの依頼で少しだけお手伝いしたのを思い出します。(竹のコースターの走行速度は、自分たちが当初考えていたことではなく別のことが大きく支配していることが後でわかり、ばつが悪い思いをしたのも思い出します。)

20190920-2.jpg

1年ぶりに復活した竹のコースター

2019年9月17日

 まだまだ暑い日が続いております。以前も申し上げましたが、私は年間の半分程度は2.5 kmの距離を徒歩で通勤しております。通勤の途中のほとんどは、川沿いの土手、山のふもと、峠など自然の中を通ります。通勤の最後は大学内に入ってからの農学部の付属農場で仕上げです。歩いているといろいろなことを考えます。途中の風景のこと、その日にしなければならない仕事のこと、学生さんから報告を受けた実験結果のこと等々。

20190917-1.jpg画像1

 画像1は農場内なのですが、この画像、目標物がないと実際の大きさがわかりにくくないでしょうか?植物が草の程度の高さなのか、森のの高い木なのかわかりにくいですね。植物の高さを想像してみてください。大雑把に見ると、草木が相似形に近い形をしているから大きさがわかりにくいのかもしれませんね。

何はともあれ、徒歩通勤中は頭があいておりますのでいろいろなことを考えます。これによって脳が活性化されるとよいのですが、はたして。ただ、考える時間を取れていることはいろいろな意味で私にはよいようです。

20190917-23.jpgどんぐり

 理学部の建物に近づくと、大きなどんぐりの木があります。すでにどんぐりの実がついていました。画像を撮影した9/2時点ではまだ緑色でした。まだ光合成の真っただ中なのでしょうか。エネルギーが必要なときには光合成をしてエネルギーを蓄えているのでしょう。そのうちに茶色に色を変え、目立たなくなるようです。鳥などから実を守るためでしょうか。自然のしくみというのはすごいですね。この緑のどんぐりもこの記事がアップされる頃には茶色になっていることでしょう。

 最後に、画像2は画像1の別のカットです。この植物は高さが2, 3mありました。私の記憶では、今までこの場所で見たことがありません。ミニチュア写真家・見立て作家の田中達也さんの作品のようでした。

 20190917-4.jpg
画像2

2019年9月4日

 小中学校は夏休みも終わり2学期が始まりましたね。大学はまだ夏季休業中。後期授業の開始は101日。とはいっても私たち大学教員はいろいろな業務で多忙な日々を送っております。

 822~29日は短期留学生受け入れプログラム「サイエンス・サマープログラム」を実施しました。今年も30名の定員に対して中国,韓国,台湾から60名弱の申し込みがありました。その中から選ばれた29名が来日しました。

 初日はオリエンテーション,歓迎会,研究室訪問を行いました。理学部長の私は英語,評議員の増本教授が中国語,副学部長の山中先生が韓国語でスピーチをしました。私も最初の挨拶と最後の締めくくりの挨拶だけは中国語と韓国語を使いました。とはいっても「こんにちは。」と「ありがとうございました。」程度ではありますが。それぞれの国の言葉で挨拶をするとその国から来た留学生から歓声があがります。このような国際交流の場では、簡単な挨拶だけでも先方の国の言葉を使うことは大切ですね。私の英語でのスピーチはたいへん苦手なのですが、海外からの訪問者がある場合は、なるべくその国の言葉の挨拶をにわか勉強して使うようにしています。そのことにより、その後の雰囲気が和やかになり、コミュニケーションがとりやすくなります。増本教授の中国語のスピーチや山中教授の韓国語のスピーチのときには、私の挨拶のときは比較にならないほどの反響がありました。とても立派なご挨拶でした。内容は私にはさっぱりわかりませんでしたが。

 研究室訪問では私の研究室にも何名かの中国からの留学生が来てくれました。大学院生が英語で研究内容や実験設備の説明をしてくれました。

 留学生は、数学、物理学、情報科学、化学、生物学、地球科学のプログラムを体験しました。物理学では山口市内の電波望遠鏡の見学、生物学と地球科学のプログラムは秋吉台で行いました。土曜日は萩への観光ツアーもありました。秋吉台では美祢青嶺高校、萩では萩高校の生徒さんが英語でガイドをしてくれました。

 8日間のプログラムでしたが参加者はとても満足してくれたようです。

20190823-1.JPG理学部国際・地域連携室長の内野教授が福岡空港で
参加者のお出迎え

20190903-02.JPG歓迎会

20190903-03.jpg 20190903-04.jpg 
電波望遠鏡の見学とその帰りには国宝瑠璃光寺五重塔へ

20190903-05.jpg 20190903-06.jpg 
地球科学と生物学のプログラムでは秋吉台へ

20190903-07.jpg

秋吉台では美祢青嶺高校の生徒さんがガイドをしてくれました

 

20190903-08.jpg 20190903-09.jpg 
土曜日は萩観光

20190903-10.jpg

萩では萩高校の生徒さんがガイドを務め、名物「瓦そば」を作りました

20190903-11.jpg 20190903-12.jpg 
研究室訪問では大学院生が実験設備の説明をしてくれました

20190903-13.JPG

最後は参加者全員に修了証書授与

2019年8月23日

 先日は、山口県立山口高等学校(県立山高)の同窓会に出席しました。私自身、県立山高の卒業生ですので、毎年、同窓会には参加しておりますが、この度は、以下の理由で山口大学理学部長として出席しました。県立山高は来年で創立150周年を迎える古い歴史ある高校です。

 以前の学部長のつぶやきで紹介しましたが、今年は山口大学人文学部と理学部の前身である旧制山口高等学校が創立されて100周年にあたります。この旧制山口高校の歴史をさかのぼると1815年に創立された「山口講堂」に行きつきます。詳しくはこちらをご参照ください。歴史をさかのぼる途中に「山口中学(1870年)」というのがありますが、実は県立山高の創立がこれにあたり、2020年(来年)で150年になります。したがって、山口大学理学部と県立山高は歴史をさかのぼると同じ学校であった時代があるわけです。

 さらに、山口大学が創立された当初、理学部の前身の文理学部は旧制山口高校の校舎を引き継ぐ形でスタートしました。旧制山口高等学校は、実は、今現在の県立山高(山口市糸米)の場所にありました。山口大学が創立された後で、県立山高と山口大学が諸事情でキャンパスを入れ替えました。そのため、現在の県立山高の敷地内には、旧制山口高校の講堂(今現在は県立山高が「記念館」として使用)等の旧制山口高校所縁のものが残っております。

 そのような事情があり、県立山高の卒業生の方々にも、県立山高と旧制山口高等学校・山口大学理学部との関係を知っていただき、山口大学理学部にも親しみをもっていただきたいということで、理学部長であり県立山高の卒業生でもある私が宣伝隊として県立山高の同窓会に出席しました。

 当日はお時間をいただき、ステージ上で宣伝のスピーチをさせていただきました。当日は理学部の小田事務長(県立山高の卒業生)と理学部予算管理係の伊本係長(県立山高の卒業生)にも同行いただき、いっしょにステージに立っていただきました。特に年配の同窓生を中心に熱心に話を聞いていただきました。スピーチ終了後には県立山高同窓会の二井会長(元県知事)と県立山高の栗林校長から「山大理学部、県立山高、いっしょに盛り上げていきましょう。」というお言葉もいただきました。ステージの背景が県立山高「記念館」(旧制山口高校講堂)のイラストでしたので話の内容にぴったりでした。

 当日、会場内には、県立山高の敷地内の旧制山口高校所縁のものの写真パネルを掲示していただきました。同窓会に出席された方々は興味深く観覧していただきました。

20190823-1.JPG県立山高「記念館」(旧制山口高校講堂)のイラスト前でスピーチをしました。向かって左は小田事務長、右は伊本係長。3人とも県立山高の卒業生

20190823-2.JPG会場内には県立山高敷地に残る旧制山口高校所縁のものの写真パネルを掲示していただきました。

20190823-3.JPG 20190823-4.JPG 
会場のステージの背景にも同窓会記念グッズにも県立山高
「記念館」(旧制山口高校講堂)のイラスト

2019年8月20日

 暑い日が続いておりますね。89日(土)は山口大学吉田キャンパスのオープンキャンパスでした。朝早くからたくさんの来場者がありました。理学部の企画にも来場者は1000人以上あったのではないかと思います。毎年ではありますが、電波天文学の研究室は太陽からの電波の観測のデモンストレーションを炎天下で実施。参加者は研究室の藤澤教授、新沼准教授、元木助教の話を興味深そうに聴いていました。猛暑の中での開催のためかお隣農学部は画像のような大型扇風機も登場。

20190723-1.JPG


20190723-2.JPG
来場者に説明をする電波天文学研究室     
大型の扇風機も登場     

 今年は学部や学科紹介パネルを新調しました。出来上がったのはほぼ前日でしたが、とてもよいパネルが出来上がりました。「この人」という本学部の教員の研究紹介パネルもあります。来場者には時間をかけてみていただきました。このパネルは本学部の関係する外部の行事でも展示する予定です。どこかで皆様も目にされるかもしれません。よろしくお願いします。それ以外のときは理学部のエントランス近くの廊下に展示しております。機会あればご覧ください。「この人」は、今後は定期的に別の教員のものと入れ替える予定です。

20190422-3.JPG 20190422-4.JPG20190422-4.JPG
理学部や学科紹介パネルも新調

 理学部玄関の前には新しい福利厚生施設もほぼ完成。来年のオープンキャンパスではフル稼働のことでしょう。今年10月にはグランドオープンです。

20190723-1.JPG

完成間近の新しい福利厚生施設

2019年7月26日

 学部長つぶやき、多忙のため投稿が鈍っている私を見るにみかねて、山中副学部長から素敵なポエムが届きました。最後には「ぼやき」が。。。。。


 台風5号が去り、梅雨明けが発表されつつある日本列島。
 知り合いの研究者から届いたむしの絵本を事務員さんに。後日、素敵な絵のお返しが届きました。


絵本にしちゃおう!

ちょうちょ ひらひら  おてんとさま に ごあいさつ

ありさん さがしの テントウムシ  あまいごちそう どこかいな?

かぶとむし と くわがたむし  さいきょうコンビ の だいこうしん~

みんな なかよし

おひさま もちろん にっこにこ!

20190726-1.jpg


毎月の つぶやき報告 きっちりと

ぼやき不定期 のーてんき   

2019年7月25日

 山口大学理学部1号館(吉田キャンパス)の玄関前に新しい福利厚生施設が建設されております。ようやくその姿が明らかになってきました。ダークグレーを基調とした落ちつた色で、緑の中にうまく溶け込みそうです。デザインは多少斬新です。(まだ工事用のフェンスがあるのでよくわかりませんが。)

 この建物のデザインは非対称な形ですね。昔は、「対称性の高い形」をした敷地(例えば長方形)に「対称性の高い形状」(例えば直方体)の建物が建てられていることが多かったように思えます。この建物は対称性という観点でいえばひどく非対称なデザインですね。周りの自然との調和を考えているのでしょうか。あるいは他の事情で実はこの形が最も効率的な使い方かのかもしれませんね。何か理由があるのでしょう。

 この建物はちょうど、お隣の農学部、附属図書館、そして理学部の玄関前に位置し、とても便利なところにあります。1階は軽食・スナック・カフェ、2階は旅行、書籍、学び、留学生用のカウンターなどになる予定だそうです。海外からの留学生と日本人学生が一堂に集まって交流するスペースになりそうです。後期開始の10月にオープン予定です。1026日(土)には理学部サイエンスワールドや山口大学ホームカミングデーがキャンパス内で開催されます。そのときにはこの新しい施設もご利用になれますので、是非お越しください。

 ちなみに山口大学のキャンパスは本年7月1日より、全面禁煙となっております。キャンパス内で喫煙できる場所はありません。ご協力をお願いいたします。

20190725-1.jpg20190725-2.jpg

2019年7月24日

 629日(土)は毎年恒例の理学部後援会の役員会・懇談会を開催しました。後援会の会員は学生の保護者の方々です。後援会では保護者の皆様方にご協力いただきながら、学生の修学や教育のためにさまざまな事業を展開しております。保護者と我々教員が連携して学生の成長・自立のお手伝いをします。役員会では1年間の事業報告をしたり新しい事業について協議したりします。懇談会では理学部の現状や学生生活について報告したり保護者の方々からの意見をお聞きしたりします。

 役員会ではいろいろなご意見をいただきました。懇談会では、まず白神会長からのご挨拶の後、理学部長から理学部のこの1年の報告をさせていただきました。その後、数理科学科3年生の河井 亮さんと創成科学研究科博士前期課程基盤科学系専攻1年生の島名祐樹さんが学生生活の紹介をしてくれました。学科や学年が異なると大学生活も大きく異なりますが、それをうまく説明してくれました。理学部全体の懇談会の後には、各学科・コースに分かれての懇談会がありました。そこでは個別相談も受けさせていただきました。

20190723-1.JPG


20190723-2.JPG
役員会の様子           
  懇談会でご挨拶される白神会長

20190422-3.JPG 20190422-4.JPG
懇談会で学生生活の紹介をする河井さん(左:数理科学科3年生)と
島名さん(右:大学院基盤科学系専攻1年生)。

 懇談会の後は懇親会が開催されました。毎年多くの保護者の方に参加いただき、教員や事務系職員との意見交換や相談をさせていただいております。学生生活、大学院進学や就職、その他いろいろな話で盛り上がります。保護者と教員・事務系職員、学生の成長・自立のためにとてもよい連携関係ができております。

懇親会にはわざわざ他県から参加される方々も多く、せっかくの機会ですので、最近全国区になりつつある山口の地酒のラインアップを揃えて保護者をお迎えします。この企画は毎年好評で、「山口の地酒が楽しみで今年も参加した。」嬉しいことを言ってくださる方もおられるようです。そのうち学生の話や大学の話はそっちのけで、保護者と教員がそれぞれの話で盛り上がる場面も見られました。学生自身はこのような席には決して同席したくはないでしょうね。今年も大盛況のうち、無事に会を終えることができました。

現代の大学には将来を不安に思っている学生、さまざまな問題を抱えている学生もおります。大学についての保護者の関心も高まっています。保護者の方々にご協力いただきながら学生の将来のために努力したいと思います。

20190422-3.JPG 20190422-4.JPG
懇親会の様子

20190723-7.JPG

今年もご準備いたしました山口の地酒ラインアップ

2019年6月25日

 617日(月)は理学部でキャンパスクリーン作戦を展開しました。毎年2回、理学部の教員、事務系職員、そして4年生以上の学生の皆さんが一同に理学部の建物の周りの排水溝の掃除、草取り、ごみ拾いをします。

 私は今年、排水溝に溜まった土砂やゴミをかき出しました。梅雨時期は雨水がうまく排水されないと道路が水浸しになってしまいます。定期的に排水溝の掃除をする必要があります。研究室の学生さん二人といっしょに作業をしましたが、二人はこのような作業の経験がなかったようで、道具を今ひとつうまく使えません。経験豊富?な私がやり方を教えると二人の作業スピードがアップしました。学生の皆さんからは高い授業料をいただいているので、物理学から排水溝の掃除の仕方まで手厚く指導します。

 今年も多くの学生さんが作業に出てくれました。他学部に比較して理学部の学生の皆さんの参加率は圧倒的に高いです。そのおかげで、理学部の周辺は清掃前と比べると見違えるほどきれいになりました。たくさんの草やゴミが集まりましたが、作業終了後はみんなでそれを眺めて達成感に浸っておりました。

 多くの学生が参加して日頃使っている学部の周辺をみんなできれいにしようとするこの理学部の雰囲気、現代の日本でだんだんと失われているような気がします。この雰囲気をいつまでも維持し続けたいと思います。

20190625-1.JPG研究室の大学院生の岡村君といっ
しょに排水溝の清掃をしました

20190625-4.png多くの理学部の学生さんたちがキャンパスクリーン
作戦に協力してくれ、草ぼうぼうのところもあった
理学部周辺はとてもきれいになりました。

2019年6月19日

 615日(土)・16日(日)は恒例の「やまぐちサイエンス・キャンプ」(山口県主催)が山口大学理学部と山口県セミナーパークで開催されました。この行事は、山口県内の高校性と高校の先生方が参加します。理学部では物理、化学、生物、地学の4つの講座、県セミナーパークでは数学の講座が開講されました。講師は理学部の教員が、アシスタントは本学部の大学院生が務めます。今年は過去最大の参加者数(約90名)となりました。

 私は理学部で行われた開会行事で挨拶をさせていただきました。興味をもって話を聴いてくれる高校生の突き刺さるような視線に圧倒されそうでした。その後、講師を務める本学部教員を参加者にご紹介いただきました。

地学の講座はバスで秋吉台まで移動し、巡検を行いました。物理学、化学、生物学の講座では、講師の説明後、大学の設備を使った実験を行いました。私も見学させていただきましたが、高校生のポジティブに学ぼうとする態度に驚きました。

 夜は参加者全員がセミナーパークに移動しました。その後、あるテーマについてグループで議論する「サイエンスナイト」が開催されました。サイエンス・キャンプの参加者はセミナーパークに合宿します。二人一部屋の部屋に宿泊するようですが、他校の生徒同士が同室になるようにされており、異なる高校同士の生徒が交流できるようにしてあります。例年二日目は互いに知り合いになった生徒同士、盛んにコミュニケーションを取り合って姿が見られますが、今年もそのような光景があちこちで見られました。

 やまぐちサイエンス・キャンプは参加した高校生や高校の先生方にはたいへん好評のようです。サイエンス・キャンプが高校生の先端科学に対する興味を強くするきっかけとなっていることは間違いありません。参加者の中には高校卒業後に山口大学理学部に入学してくれる人もいます。今後も山口県や高等学校と連携し、地域の科学技術人材育成に貢献したいと思います。

20190617-1.jpg

20190617-2.jpg開会行事で参加者に紹介される理学部教員


20190617-3.jpg物理学の講座のようす

20190617-4.jpg生物学の講座のようす

20190617-5.jpg化学の講座のようす

2019年6月17日

 先日は、「旧制山口高等学校100周年記念事業」に関する報告のため、現在の山口県立山口高等学校を前理学部長の松野先生と一緒に訪問しました。旧制の山口高校は現在の山口大学人文学部・理学部の前身です。旧制山口高校は30年継続し、その後、新制山口大学に引き継がれたので今年は山口大学理学部70周年となります。

 なぜ、旧制山口高校関連の報告に現在の県立山口高校に行ったかを説明します。旧制山口高等学校(現在の山口大学人文学部・理学部)は当初、現在の県立山口高等学校(山口市糸米)にありました。旧制山口高校が新制山口大学文理学部になり、その後1954年に山口市の後河原に移転するまでは、現在の県立山口高校の敷地にあったわけです。(県立山口高校は山口大学が後河原に移転直後に現在の場所に移転しました。要するに両校が校舎を交換したわけです。)したがって、現在の県立山口高校の敷地には旧制山口高等学校時代のものが多く残っております。その中でも有名なのは、現在の県立山口高校でも「記念館」として利用されている旧制山口高校の講堂(写真)があります。文化財に指定されております。現在は県立山口高校の管弦楽部の練習の場として使われています。その他、旧制山口高校50周年を記念して作られた「あゝ青春乱舞の地」の石碑、正門横の柵の跡、開校50周年、70周年記念樹、野球部全国制覇記念碑(昭和15年)等もあります(写真)。

 以上のように旧制山口高校(現山口大学)と県立山口高校はご縁があるわけです。ご縁はそれだけではありません。実はこの2つの学校は過去に同じ学校であったことがあります。県立山口高校は1870年に創立された山口中学(来年150周年)が前身であり、その後現在の山口高等学校となりました。一方で旧制山口高校(旧旧山高)は、その山口中学から分離して創立され、一旦、廃校・中断になりましたが、その後、旧制山口高等学校として復活し、現在の山口大学となりました。要に歴史的には同じ学校だった時期があるわけです。このようなご縁があるので、この度の旧制山口高校100周年記念事業の中で、それを後世に伝えていこうということになり、ご説明に山口高校へうかがいました。

 実は松野前理学部長と現理学部長の私は県立山口高校の卒業生です。高校生のときは記念館(旧制山口高校講堂)を実際に使っておりました。この度、校長先生がわざわざ中を見せてくださいました。懐かしさと同時に、とても歴史のある重厚な建物であることを再認識しました。せっかくの機会でしたので、記念に現在の県立山口高校の「至誠剛健」の石碑の前で記念写真を撮影しました。さらに、私が卒業したときの記念樹もみつけ記念撮影してもらいました。

 以上のことは8月に開催される県立山口高校の同窓会でも県立山口高校の卒業生の皆様にご紹介いただくことになっております。

20190617-1.jpg旧制山口高校講堂(現県立山口高校「記念館」)

20190617-2.jpg正門横の柵の跡


20190617-3.jpg「あゝ青春乱舞の地」の碑(50周年記念)

20190617-4.jpg野球日全国大会制覇(昭和15年)記念碑


20190617-5.jpg県立山口高校「至誠剛健」の石碑の前で
(右:松野前理学部長、左:野崎)

20190617-6.jpg野崎が県立山口高校卒業のときの記念樹

2019年6月10日

 恒例の「第8回理学部町杯ソフトボール大会」を68日(土)に開催しました。1週間前の天気予報では雨予報。スタッフ一同先週の月曜日頃はあきらめ気味でした。私は昨年同様、遠足当日の子どものように朝早く目が覚めました。自称「晴れ男」の前理学部長が夢に出てきました。そのあたりの事情は昨年の「学部長のつぶやき」をご覧ください。

 今年は開催日を例年よりも少し前倒しにしました。これが吉と出るか凶と出るか少し心配でした。前日の金曜日は警報が出るほどの大雨でしたが、当日は朝まで残った雨もあがり、無事開催することができました。これで6年連続雨天中止なしです。

数理科学、物理学、化学、生物学、地球科学、情報科学に、事務職員さんのチームを加え7チームが出場しました。応援の方々も加えると総勢150名を超える方々に参加いただきました。教員はそれぞれ所属する学科のチームに参加しました。

 私は例年選手不足の事務職員さんのチームに混ざりました。他部局から若手職員さんが助っ人できてくれたので、私は監督役に徹することができました。1試合目は化学チームと対戦。僅差で勝利。私も最後の2回は4番セカンドで出場。打てばヒット1本、守ればダブルプレーにも絡み最後のアウトもセカンドゴロで締めました。上出来です。2試合目は昨年優勝の地球科学チームと対戦し、残念ながら逆転負け。決勝戦進出を逃しました。3位決定戦は私のもともとの所属である物理チームと対戦しましたがサヨナラ負けでした。7チーム中4位に終わりました。

20190409-1.JPG7チーム応援を含め150名を超える方々に参加いただきました

20190409-2.JPG開会式での主催者挨拶

20190409-3.JPGさわやかなプレーの山中副学部長

 この手の行事の挨拶では、必ず「皆さん怪我をしないように準備運動をよくして、今日一日楽しみましょう。」という一言を入れます。皆さんもこの手の行事ではよく聞かれることと思います。特に、日頃運動をあまりしない人は要注意ですね。そのような中、私たち事務職員チームで悲劇が。一塁にイチロー選手のような華麗な内野安打で出塁した40歳代の方が、帰塁中に足を痛められました。偶然にも応援に来られていた本学保健管理センターのスタッフの方がシップ薬を携帯されておりました。その方のコメントは「運動する前には十分に準備運動をしましょう。関節等はよく伸ばして。」ということでした。結局怪我はたいしたこともなくよかったです。

20190422-3.JPG20190422-4.JPG
足を痛めてしまった選手にシップ薬を差し出す保健管理センタースタッフ

 優勝したのは山中副学部長率いる生物チーム。初優勝でした。生物チームは例年になく守りが堅いチームでした。毎年、メンバー同士のコミュニケーションがよくとれ、じっくり守ることができるチームが優勝しているような気がします。「根本に立ち返ってじっくりと考える能力を身につける」こと、理学部が目指す教育に通じるところがありそうです。

 学生、教員、事務職員さんが一同に集って楽しみながら汗を流した一日でした。最後は定番の交流会。交流会では私は当然「スタメン」。いよいよ出番です。交流会から参加する方もあり、遅くまで盛り上がっていました。

20190422-3.JPG20190422-4.JPG
学生に混ざって元気にプレーする教員の皆さん。長靴でプレーしているのは地球科学の若手教員。
日頃フィールドワークで使う長靴が最もしっくりくるそうです。

20190409-3.JPG多くの事務職員さんも参加してくださいました。
中には今はお隣広島県の某市の職員に転職された方もわざわざ駆けつけて参加してくださいました。

20190409-3.JPG結局、優勝は山中副学部長が率いる生物チーム。初優勝でした。
山中先生を中心に大喜びの生物の方々。優勝トロフィーはベテラン宮川先生に贈呈。

20190422-3.JPG20190422-4.JPG
最後は交流会で締めくくり。夜遅くまで盛り上がりました。

2019年5月27日

 先週末は愛媛県松山市へ出張でした。愛媛県は山口県と瀬戸内海を隔てたお隣の県ですが、海を渡る必要がありますので結構時間がかかります。急ぐときは新幹線で広島に移動し、広島港(宇品港)からスーパージェット(高速船)で松山市に渡る方法で移動します。それでも松山市内までは3時間かかります。

20190527-1.JPG広島港(宇品港)の案内板

20190527-2.JPG高速船スーパージェット(広島-松山間約1時間)

 松山市では「第35回国立大学法人17大学理学部長会議」に参加しました。(来年度からは大分大学理工学部が加わり18大学になります。)この会議には東京大学や京都大学などの旧帝大や広島大学等は参加しません。参加大学は旧制高等学校を前身とする地方大学中心です。

 会議では国立大学の理学部の抱えている共通の課題について、各大学の取組み例の報告などをします。どの大学も同じような取組みをしていることが多いのですが、ときどき独創的な取組みをしている大学もあり参考になります。地方大学といえどもその環境は大きく異なります。山口大学は広島市、北九州市、福岡市の3つの政令指定都市と新幹線で40分以内のところにあります。(厳密には新山口駅からもう少し時間がかかりますが。)さらには山口県内には人口10万人の都市が散在しています。理学部の山口県内出身者は約20%台と少ないです。一方で愛媛県も人口は山口県とほぼ同じ144万ですが、新幹線もなく人口の多い都市との行き来は容易ではありません。松山市の人口は50万人以上で県内の人口がかなり集中しています。地方国立大学は同じ地方であっても大学の場所が異なれば学生の考え方や希望、卒業後の動向などが異なり、諸課題に対する取組み方にも違いが出ています。その大学に似合ったやり方を模索することになります。

20190527-3.JPG

 会議は道後温泉のホテルで開催されました。夜の情報交換会では「能」の一部を見ました。昨年は島根大学主催で松江市開催でしたが安来節が披露されました。地方への出張はその土地のものを見ることができるので楽しみです。この度は愛媛県の名産品グッズもいただきました。

20190527-4.JPG道後温泉本館(耐震工事中)

20190527-7.JPG愛媛県の名産品グッズ

20190527-5.JPG20190527-6.JPG
能のさわりを見ることができました

 9月には中国四国地区の国立大学理学部長会議を岡山市が開催されます。山口大学理学部が当番大学です。山口市開催ではありませんが、それなりのおもてなしをしたいと思います。もちろん会議の方も充実したものとなることを目指します。

 松山市は道後温泉や松山城もあり、あの夏目漱石の「坊ちゃん」ゆかりの地。とても暮らしやすそうな私の好きな街の一つです。愛媛大学は市内電車網の張り巡らされた市街地の中心部にあり、道後温泉も歩いてすぐのところにあります。便利でうらやましい限りです。

20190527-8.JPG

ホテルから眺めた松山市内

2019年5月21日

 この季節は窓の外の木々の緑がいっそうと深くなっていくのが見られます。ちょうどそのとき副学部長の山中先生の「ぼやき」が聞こえてきました。


 道端にクサイチゴの白い花が咲いていたと思いきや、5月に入り赤く色づく時期となりました。ある事務職員さんと話していたら“野いちご”が話題となり、後日、素敵なジャムが事務の給湯室でふるまわれました。ジャムはお子さんに大人気だっただけでは終わらなかったようです。


~ さつきのジャム ~

イチゴジャム いちごジャム 苺ジャム
こども だ~いすき 苺ジャム

気づかれないように 密かに 
お砂糖で につめてみよう 
摘みたての野苺を

あま~い あまずっぱ~い においに誘われて 
寝ぼけまなこのこどもが やって来る
そこは おとぎの国の台所  

ママの手づくり 苺ジャム
それは それは あま~い あまずっぱ~い 苺ジャム
できたて ひとなめ もう とりこ

ママの手づくり 苺ジャム
それは それは あま~い あまずっぱ~い ジャムパンに大変身  
できたて ひとくち 朝のお目覚め ばっちりよ! 


じゃむ見つけ 小腹すいたと 手を伸ばす 
つぶやく前に また手が伸びる

~さつきのジャム~は学部長に大好評でしたね! いやしんぼしちゃ いかんよ!。 
“頭脳労働している証だ~”、と。空耳でしょうか・・・。

20190521-1.jpg 20190521-2.jpg

2019年5月20日

 新しい令和の時代になってはじめての学部長のつぶやきです。今年の連休は改元の関係もあり10連休だった方も多かったのではなかったでしょうか。本学も10連休。私も少し非日常を楽しみましたので「連休の日記」を紹介。

 428日(日)を429()には研究室卒業生の結婚式で茨城県(牛久とつくば)まで行きました。山口-東京間は飛行機でしたが、もともと人ごみが苦手な私にとってゴールデンウィークに人でごった返す羽田空港や東京駅は脅威。東京駅で少し時間があったので人ごみから逃げること、そして平成もあと3日ということもあり皇居前に寄ってみました。多くの人が訪れていました。東京駅も皇居前も外国の方が多かったのが印象的でした。

20190520-1.JPG

 429日(月)は山口に到着後そのまま以前所属していた企業の同僚と一杯。そしていよいよ平成最後の430日(火)の夜、学生時代の後輩の皆さんと一杯。ちょうど昭和の最後か平成の最初に社会人になったメンバー。就職してからも節目節目でいろいろと語らい合ってきました。そのメンバーで平成最後の夜も語らい合うことができました。結局、平成の最後3日間はお酒を飲んで終わりました。私の平成時代を短縮したような3日間でした。

 令和になり51日(水)、家族で萩市まで出かけました。江戸時代の長州藩の藩校「明倫館」の跡地にある明倫学舎に寄ってみました。ちょうど「令和元年」のフォトパネルがあったので久しぶりに家族で写真を撮りました。子どもが社会人としてのスタートをきった年のよい記念になりました。

20190520-2.JPG20190520-3.jpg

 連休も半分を過ぎると非日常に少し飽きてきたので少し「日常」に近づいた「非日常」を体験。53日(金)は元学部長や現副学部長、そして事務職員さんたちと山口市の中心部の公園へピクニック。とても天気がよくちょうどイベントもやっていたので美味しいビールをいただきました。

20190520-4.JPG

  以上のようにリラックスできた連休でした。しかし連休明けは気持ちがふわふわして仕事になかなか集中できず、連休明け初日はリハビリで終わってしまったような感じでした。令和の新しい時代のスタート、なんとなく心機一転がんばろうという気分にはなりました。みなさんの連休はいかがでしたか?

2019年4月23日

 いよいよ「平成」が終わり新しく「令和」の時代を迎えようとしております。過去の学部長のつぶやきに書きましたが、私にとって「昭和」は少年+学生時代の成長期、「平成」は就職してからの大人の成長期でした。「令和」は私にとってははたしてどんな時代になるのでしょうか。「どんな時代にする」という方がよいでしょうか。いずれにせよ「何らかの充実した成長期」になればいいなあと思います。

 休日には緩いジョギングをしていますが、走っているときもいろいろなことを考えます。先日は川沿いを走っていると中州の葦や対岸の竹林が気になりました。私の専門分野は高分子物理学、今までは特に鎖状の高分子の構造形成についての研究をしてきました。鎖状の分子は、低い温度では分子が一方向に伸びた構造をとり、たくさんの分子が自発的に互いに分子鎖を平行にそろえて秩序的に配列します。鎖状高分子の結晶が定型的なものです。このような秩序配列は単純にいえば自然法則に従ってそのようになるわけです。もう少し詳しくいえば分子同士(原子同士)が作用しあう(相互作用の)結果によります。

20190422-1.JPG20190422-2.JPG

 竹や葦も自然界では集団になっていることが多いですね。さらに同じ方向に成長し、完成形では互いに平行に配列しています。もちろん植物学的には当然のことでしょう。高分子の秩序構造と竹や葦の集団の秩序構造、前者は私たちの目には見えないミクロな現象であり、後者は実際に人間の目で観察できるマクロな現象です。その起源も違います。しかし、「こじつけ」ではありますが類似した考え方を当てはめることもできます。竹や葦の集団も高分子もある意味でお互いに支え合い、集団での構造(凝集構造)を安定に保っています。(表現が正確ではないかもしれませんがご容赦ください。)竹や葦が一本だけ立っているとき、強い風が吹けば倒れてしましますが、集団で立っていればお互いに風除けになったり支え合ったりすることで倒れににくくなります。これは、鎖状高分子の場合も同じであり、凝集することで安定な状態になります。

 そうなると集団の端は少し様子が異なります。端(表面)には支え合う相手がおりません。この状況はある種の不安定性を生じさせます。その結果、例えば竹林では、画像のように端にある竹は倒れてしまいます。これは分子の凝集体である結晶の表面も同じことがいえます。内部と表面では性質の違いが生じます。

 以上のように「こじつけ」で竹や葦等の植物の集団と原子・分子の集団(凝集系)の類似性を無理やり議論してみました。とても正確な議論とはいえませんが、なんとなく理解できませんか。専門家集団からはお叱りを受けそうですが。結局のところ我々人間も集団社会ではお互いに支え合うことによって安定性を確保することで成り立っているわけですね。

20190422-3.JPG20190422-4.JPG
竹林(集団)中ほどの竹は立っているが、端部の竹は倒れている