セキュリティソフトの導入

大学のネットワークに接続する可能性があるノートパソコンやタブレット、スマートフォンには、セキュリティソフトを導入しておく必要があります。

市販のセキュリティソフト

既に市販のセキュリティソフトを導入している場合は、新たにエフセキュアを導入する必要はありません。ライセンスの有効期限を確認して、アップデートがないかを確認してください。

※ 評価版など短期間でライセンスが切れるものは、エフセキュアに乗り換えるようにしてください。

乗り換える場合

もし、市販のセキュリティソフトからエフセキュアに乗り換える場合は、一旦、既存のセキュリティソフトをアンインストールする必要があります。通常、アンインストールするためのソフトウェアが入っているので、それを実行して、アンインストールしてください。

エフセキュア

在学中はエフセキュア社のセキュリティ対策ソフトを無償で利用できるようにしています。まだ、セキュリティソフトを導入していない方は、エフセキュアを各自でインストールしてみてください。

情報基盤センターに「ウィルス対策ソフト」のページがあります。

  1. 申請フォームで、必要事項を入力し、「ライセンス取得」ボタンを押してください。
  2. ライセンスキーが表示されます。また、ダウンロードリンクが現れます。
  3. ダウンロードを押し、エフセキュアをインストールしてください。
  4. インストーラを起動し、インストールを進めると、ライセンスキーが求められます。
  5. インストールを終了したら、アップデートを行ってください。
  6. 一度、全ファイルの検査をすることをお勧めします。

インストール状況の申告

市販のセキュリティソフトを導入している場合も、エフセキュアを導入した場合も、また、まだインストールしていない場合でも、セキュリティソフトのインストール状況を申告してください。

資料集

オリエンテーションで使用したファイルを参照することができます。

関連情報

山口大学 情報基盤センター