パソコンの活用について(2021年)

パソコン活用の推奨について

 山口大学では高度情報化社会に積極的に対応できる情報処理の基礎能力を養うため,データサイエンス教育に力をいれています。大学には図書館や計算機実習室などに,学生が自由に使用できるパソコンが用意されています。しかし,パソコンを日常的に使いこなすためには,授業外あるいは自宅でもパソコンに慣れ親しむことが必要になります。また,一部の授業はオンラインで提供されることもあります。こうした理由から,理学部ではパソコンの活用を推奨しています。

推奨される基本仕様(理学部共通)

【必須の要件】

  • CPUはインテル Core i5 相当以上とする。Core i3は計算用途には向きません。
  • メモリは8GB以上とする。
  •  ワープロソフト(Wordなど),表計算ソフト(Excelなど),プレゼンテーションソフト(Power Pointなど)を有すること。
  • マイクとカメラを内蔵していること。内蔵していない場合は、外付けで対応してもよい。
  • 入学後、F-Secure社のセキュリティソフトを無償で利用できる。入学前は各自で対策をしておくこと。(以下の「セキュリティ対策ソフトの導入」の項目を参照)
  •  有線LANまたは無線LANの機能を有すること。また,自宅またはアパート等でインターネット接続ができること。

(補足情報)

※メールの送受信、WEBページの閲覧、講義資料の閲覧程度であれば、CPUはCore i3でもよいですが、オンライン講義の視聴やプログラミングに対応するためには、Core i5以上の性能が必要です。

対応OSや機種(学科別)

全学科: Windows搭載パソコン。 最新の Microsoft Windows 10 がインストールされていること。

物理・情報科学科,化学科,地球圏システム科学科: Mac Book でもよい。最新のmacOSがインストールされていること。

学科毎の対応は次の表を参照してください。

物理・情報科学科 化学科 地球圏システム科学科 数理科学科 生物学科
Windows搭載 ノート型PC
Windowsを搭載した2in1 タブレット [注3] ×
Mac Book × [注1] ×
iPad, Android系 タブレット △ [注2] × × × ×

※ [注1]:授業ではWindows上のアプリケーションを用いる。自身が高いスキルを持ち、Windows等との違いを自身で対処できるならば可。

※ [注2]:単体ではプログラミングなどを簡単に扱えないので、デスクトップなどと併用するならば可。または、高いスキルを持ち、自身で対応できるならば可。

※ [注3]: Surface Proが該当します。この場合は、タッチパッド付きキーボードを付属すること。Surface LaptopとSurface Bookはノート型PCとして扱います。

サポートが終了した Windows, Mac OS, Office ソフトなどを備えたノートパソコンを学内ネットワークに接続することは禁止しています。ご注意ください。

接続禁止の例 http://www.cc.yamaguchi-u.ac.jp/security/os_support/os_support.phtm

  • Windows 7以前のもの 
  • macOS Sierra及びそれ以前: バージョン10.12以前のもの

※OSやオフィスソフト、セキュリティ対策ソフトなどは、必ず正規品を購入してください。無断でアップロードされたソフトを使用すると、法令違反やマイクロソフト等との使用許諾違反になります。また、ネットオークションなどで購入したものは、使用許諾違反になります。中には全く使用できないものもあります。(参考)マイクロソフト

【機種選びの補足】

  • 持ち運べないので,デスクトップパソコンのみでは不便でしょう。ただし,デスクトップパソコンとタブレットなどを両方持ち,目的に応じて使い分けることができるならば,それでも構いません。
  • メールやWEB閲覧,講義資料の閲覧,オンライン講義の視聴はタブレットでもできますが,レポート作成やプログラミングには,タブレット型は適していません。

【お勧めする性能】

使いやすさの点で,お勧めする性能を挙げます。必ずしも満たす必要はありません。

  • メモリは基本的な使い方であれば8GBで足りると思いますが,動画編集,計算機シミュレーションや仮想化ソフトを使う場合などメモリを多く使用する使い方をする場合は16GBに増量しておく方が良いです。物理・情報科学科では,16GB以上の方が将来的にも安心です。
  • 補助記憶装置として,SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)で128GB以上の容量が必要です。動画を保存するためには,256GB以上必要になるでしょう。または,従来のHDD(ハード・ディスク・ドライブ)を内蔵していても構いません。HDDの方が安くて、大容量にできます。SSDの方が高速に動作するので、電源を入れてから起動するまでの時間を短くできます。
  • 画面サイズは,文字の見やすさの点で13インチ以上をお勧めします。11インチ程度の場合,キーボードも小さくなり,操作が難しくなります。15インチなど大画面のものでも構いませんが,机が狭くなることと,持ち運ぶには若干重くなることに注意してください。一部のノートPCには大画面でも筐体が小さなものもあります。
  • 画面の解像度は,少なくともHD(1440×1080ピクセル)やフルHD(1920×1080ピクセル)に対応している機種にしてください。それ以下では、使いにくいでしょう。オンライン講義をみながら、ファイルを参照するなど複数のことを行うには,解像度が高い方がよいです。

新規にパソコンを購入される場合・既にお持ちの場合

 上記の推奨される基本仕様を有していれば,既にお持ちのものをそのままお使いいただいても構いません。新規に購入される場合もメーカー等は問いません。新規購入の場合は,ノート型をお勧めします。授業でプレゼンテーション(発表)をすることがありますので,デスクトップ型は向きません。タブレット型は一部機能が制限されことがあり,授業に対応できないことがあります。

使用時期

物理・情報科学科,化学科,生物学科,地球圏システム科学科

  • データ科学と社会Ⅰ(1年生前期),プログラミング演習(物理・情報科学科)や計算機を用いた授業は,理学部計算機実習室などで行います。ただし,化学科では3年次の物理化学実験で,また地球圏システム科学科では3年生以降において野外実習や特別研究等で,自分用のパソコンが必要になります。
  • 必ずしも入学前にパソコンを揃える必要はありません。しかしながら,オンライン授業への出席,宿題(レポート作成等)や,eラーニングシステムの利用,及び,授業中のプレゼンテーションなどで,自分用のパソコンを保有していると便利でしょう。
  • 特定の機種の推奨はしていません。上記の仕様を参考に,必要に応じてご準備ください。
  • ワープロ,表計算,プレゼンテーションのためのオフィスソフトは,LibreOffice等のフリーソフトを利用されても構いません。Mac をお使いの方は,無料でダウンロードできるPages, Numbers, Keynote等でも構いません。

数理科学科

 データ科学と社会Ⅰ(1年生前期)ではノートパソコンを用いて,Word, Excel, PowerPointなどの使い方などを学びます。必ず初回授業時までにWord, Excel, PowerPoint もしくはその互換ソフトを備えたノートパソコンを各自ご準備ください。Office 互換ソフトの場合には操作方法に違いがあることがあります。その場合,基本的にはご自身での対処をお願いすることになります。ご留意ください。

生協ノートパソコンを購入される場合

 どのようなパソコンを購入したらよいかわからない場合は,生協が販売する理学部仕様のノートパソコンを購入することができます。理系学部向けと文系学部向けで,推奨している性能が異なりますので,注意してください。授業開始前に本体を受け取り,当日使用ガイダンスを受けることができます。また,通常の販売店と異なり,4年間保証サービスが含まれます。この保証は故障や破損を広く保証しています。

ノートパソコンの貸出

 理学部において貸出用ノートパソコン(Windows機)を準備しています。理学部学務係にご連絡ください。ただし,必要な授業毎での貸出となり,長期間の貸出はしていません。また,台数には限りがあります。

セキュリティ対策ソフトの導入

 ウィルス等の不正ソフトに感染すると,パソコン内の情報が抜き取られたり,削除されるなどの被害が発生します。また,本人だけではなく,他のパソコンにも被害が拡散する原因にもなります。そこで,本学では学内のネットワークに接続する可能性のある全てのパソコンやタブレット等にセキュリティ対策ソフトの導入を義務付けています。Windows 標準搭載のセキュリティソフトではウィルスの検出力が弱いので,必ず市販のセキュリティソフトを利用してください。また,在学期間中は無償でエフセキュア社のセキュリティ対策ソフトを利用できます。
新入生を対象に,エフセキュア社のセキュリティ対策ソフトのインストール講習会を入学時オリエンテーションのときに開催します。お持ちのノートパソコンがあれば持参して,ご参加ください。講習会後も,いつでもセキュリティ対策ソフトをインストールすることができます。

  • 生協で推奨ノートパソコンを購入した場合 → 生協のセットアップ説明会に参加
  • それ以外のノートパソコンを持っている場合
    • 市販のセキュリティ対策ソフトをインストール済み → 講習会の参加は不要
    • それ以外(未導入,分からないなど) → 講習会に参加
  • ノートパソコン等は持っていない場合 → 講習会の参加は不要。後日,各自でインストール可能

講習会予定: 令和3年の日時は未定 (詳細はオリエンテーション時にお知らせします)

関連情報

 一部,学内限定のWEBページもあります。

山口大学メディア基盤センタ

山口大学大学教育センター

山口大学PC-SOSセンター

山口大学生協