笠野裕修助手のプロファイル

English

略歴
   1977年大阪府立寝屋川高等学校を卒業。
   1981年島根大学文理学部理学科化学専攻を卒業。
   1985年11月に京都大学大学院理学研究科博士課程を中退し教務員として赴任。
   1987年より理学部物理学科助手。学生実験を担当。
   1995年より自然情報科学科に編成替え

 

現在の役職・委員等
   理学部放射線取扱主任者
   放射線安全管理委員会委員

 

専門分野

 誘電体(絶縁体)における構造相転移の機構について、主として、X線回折や中性子線回折を用いて、研究を行っている。現在中心的に研究しているのはA2BX4という組成式を持つ物質のうち、室温安定構造としてSr2GeS4型構造(単斜晶系で空間群P21/m、単位胞中の分子数2)を持つ物質群の高温における強い1次転移であるα−β転移(β相の基本構造は、β−K2SO4型構造(斜方晶系で空間群Pmcn、単位胞中の分子数4)となる)の機構についてであり、特に、A陽イオンの大きさとBX4四面体陰イオンの大きさの関係について着目し、研究を進めている。また、分子性結晶強誘電体における構造相転移の研究にも着手している。

 

発表論文(ファースト・オーサーのもののみ)

・「A2BX4型の物質」
  (1)"X-Ray Study on Phase Transitions in Ferroelectric Rb2CoX4 (X=Cl or Br) Crystal"
  (2)"X-Ray Diffraction Study on Successive Phase Transition of [N(CH3)4]2NiCl4"
  (3)"Structural Study of Successive Phase Transition in [N(CH3)4]2NiCl4"
  (4)"The Crystal Structural Analyses of Each Phase of Tetramethylammonium Tetrachloronickelate and -ferrate (TMATC-Ni and -Fe)"
  (5)"A Structural Study of Phase Transitions in [N(CH3)4]2ZnCl4 at Low Temperature"
  (6)"Structure Study of Paraelectric-Ferroelectric Phase Transition in Monoclinic K2ZnBr4"
  (7)"Reinvestigation of Low-Temperature Phase Transitions in Rb2ZnBr4"
  (8)"Monoclinic-Orthorhombic Phase Transitions in A2BX4 Single Crystals with Sr2GeS4-Type Structure"
  (9)"Phase Transitions in A2BX4-Type Crystals with Sr2GeS4-Type Structure"
  (10)"Modulated Phases of LiTlSO4"
  (11)"X-Ray Diffraction Study on the Phase Transition of Rb2CdI4"
  (12)"Structural Change of the Surroundings of K+ in K2ZnBr4 Crystal on the Monoclinic-Orthorhombic Phase Transition"
・「他の物質」
  (1)"An Application of Electron Energy Loss Spectroscopy to the Study of Residual Aluminum in Raney Nickel Catalyst"
  (2)"Incommensurate Phase Transition in 4,4'-Dichlorodiphenyl Sulfone"

 ゼミのホームページにもどる