山口県中部で発見された活断層-内陸直下型地震の発生予測を目指して

「山口県中部で発見された活断層-内陸直下型地震の発生予測を目指して」

[PDFファイル]

研究の背景・目的:

私たちの研究グループでは,山口県中南部において長さ約60kmにおよぶ大原湖断層系の存在を確認し,その北部を構成する木戸山西方断層が約3,500年前(縄文時代晩期)に活動したことを明らかにしてきている.図1に山口県中南部で確認された断層の位置を示す.木戸山西方断層の北東には,地層を分ける地質断層として,阿東町徳佐から篠目までNE-SW方向に延びる徳佐‐地福断層の存在が指摘されていた.地形とトレンチ発掘調査結果ら,この断層が活断層であることを明らかにし,新しく“地福断層”と名づけた.
私たちの研究グループでは,阿東町篠目中郷において,木戸山西方断層北部と徳佐‐地福断層南部でそれぞれ断層露頭を発見した.現在,その性状と活動性を詳しく調査・研究し,内陸直下型地震の発生予測に関するデータを得てきている.

 

主な成果:

阿東町篠目中郷の国道9号線から約200m北に位置する一般県道迫田篠目線の道路工事に伴う法面掘削の際に2ヶ所で断層露頭が出現した.
断層露頭A : 掘削法面中央部に幅約10cmの明瞭な白色断層ガウジを伴う断層が見事な断層が出現した.この断層の走向・傾斜はN47°E82°Eである(図2).
断層の上盤側下部では破砕した流紋岩質凝灰岩(白亜紀阿武層群篠目累層)が認められる.この凝灰岩を覆って,礫層がほぼ水平に厚く堆積する.礫層中には数枚の薄いシルト層が挟まれている.一方,下盤側下部では凝灰岩の上端が断層に沿って下方にずらされている.下盤側の凝灰岩を覆う礫層は上盤側のものと異なり,基質がルーズである.この礫層を削りこんでローム層と礫混じり砂層が堆積している.
下盤側のローム層の中央部3mカラム,南端80cmカラムで試料を採取し,火山ガラス含有率を測定した結果,AT火山ガラスが確認された.ローム層下部では14C年代測定の結果,約9,000年前の値が得られている.しかし,この層はAT火山ガラスの含有率が高いことから,降灰後から堆積までの時間間隙が短いと推定され,2万年前後に堆積したと判断した.14C年代との矛盾については,現在検討中である.
断層露頭B : この露頭は断層露頭Aの北200m付近で地福断層に沿ったリニアメント上に位置する.断層は破砕した流紋岩質凝灰岩中に認められ,断層面に沿って幅約 2cmの黄白色の断層ガウジを伴う.断層の走向・傾斜はN29°E78°Wである.断層と被覆層との関係は明らかになっていない.

 

(a)
fig02a.gif

(b)
fig02b.gif
図2 木戸山西方断層の断層露頭Aにおける露頭写真(a)とスケッチ(b)

 

 

 

今後の展開:

木戸山西方断層と地福断層との関連性を調べ,断層の連結性や連動性についてのデータを得る.また,地福断層の活動性について調査を行い,この断層の地震リスクを見積もる.
研究メンバー・連絡先(アドレス)
化学・地球科学科 地球科学講座 金折裕司,理工学研究科 森岡達也(金折研究室) kanary@po.cc.yamaguchi-u.ac.jp


関連文献:

金折裕司,2005,山口県の活断層,近未来社,名古屋,119p.


これまでの「旬な研究」
「銀河中心のブラックホール発電」  鏑木修

サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.