数理科学科 教授 増本誠先生

 

masumoto_1.jpg
増本先生。色々な方のお土産が飾ってある研究室で。

 

それは偶然から始まった

インタービューアー(以下、イ)「理学部の素顔」第2回のインタビューは数理科学科教授の増本誠先生です。増本先生、よろしくお願いします。

増本先生(以下、増)よろしくお願いします。

では早速、増本先生のご研究についてお話を伺います。先生のご研究は複素解析学、特にリーマン面論、等角写像論、タイヒミュラー空間論、とのことですが、このへんのお話を・・・

いやぁ、それは難しいんだよね。複素函数の微分積分のこと、と言っても、何のことかわかりにくいでしょう。主な研究テーマはリーマン面論なのだけど、誰に向かって話をするにしても、その中身を説明するのは、なかなか難しいんですよ。

では、数学のこの分野を研究されるに至った経緯からお願いします。

それはですね、実に単純なことから始まっているんです。まず大学に入るときに、数学を専攻しようとは思っていたんです。でも大学に入るころの学生にとって、数学のいろいろな分野のことなんて知らないでしょ。何をやろうかなんてまだわからなかったわけです。

大学生になってすぐに「自主ゼミをやりませんか」という掲示が出ていて、面白そうだと思って顔を出したんです。たしか3 年生くらいの学生が案内をしてくれました。そこで「何をやりたい?」って聞かれたんです。そう言われても良くわからないから、思わず「函数みたいなの…」 と答えたら、「ああ、函数論ね」といわれて、結局少人数グループで、たしか3人で函数論の教科書を読むことになったんです。3年生の学生はそこには参加せ ず、1年生だけでやったんですよ。

それはすごいですね。どんな内容だったのですか。

(かなり読み込んだ跡のある一冊の教科書を取り出しながら)

そのときに使った教科書が『函数論』岩波全書、吉田洋一著です。もちろん大学1年だけで読んだのです からそんなに良く分かったとは言えませんが、ともかく1年間続けたんです。やっていたときには、それ(自主ゼミで函数論を学んだこと)がどんな意義がある のか良く分かっていなかったのだけど、あるとき卒業した高校に戻って数学の先生と話をしたときに「函数論はすばらしいものだ」と言われて、少しうれしくな りました。大学2年生になって受講したいくつかの特論のひとつが函数論で、他のはさっぱりだったのだけど、これだけは分かったんです。そうすると3年にな るころには、段々と函数論や複素解析学のことを意識するようになりました。

kansu_ron.jpg
『函数論』岩波全書、吉田洋一著

4年生になって研究室に配属され、本格的に複素解析学を勉強することになりました。リーマン面は好きではなかったので、 それを研究テーマに掲げた研究室を避けたのですが、大学院でつかまってしまって。進学直後に、複素解析学のどの分野を学ぶにしてもリーマン面論の基礎知識 は必須だと思い知らされ、諦めて勉強しました。当初はリーマン面論を専門にするつもりはなかったのですが・・・結局これが自分の主な研究テーマになってい るのですから面白いものです。

振り返ってみれば最良の選択

ところで、高校の教師になろうと思っていたという話を聞きました。

誰に?ははは、あちこちで言っているからね。そう、高校の教師になるつもりで、教員採用試験も受けたんです。

教員採用試験を受けたとは!本気だったんですね。

もちろんですよ。で、一次試験には合格しました。ところが、二次試験の翌日に大学院の入試があったん です。これにも合格しまして…結局、教員採用の方には断り状を書きまして、大学院へ進学しました。修士を出て高校教師になればいいか、と軽く考えて。とこ ろが、一緒に大学院に合格した別の研究室の同級生が、「博士(後期)課程に進学するのでなければ大学院に来ないでくれ」と言われたといううわさを聞いて抜 けられなくなってしまいました。とうとう博士課程に進学して、当初考えていたのとは違って、大学の教員となって今日に至るわけです。

今振り返ってみて、自分の選んできた道をどう思いますか?

うーん、今の立場になってみると、自分が選んだのが結果的には最良の選択だったと思う…いや、最良の選択だったと思えばいい、ということですね。

なんと言うかな、神様の思し召しかな。最初の自分の夢が破れても、結局のところ良い選択になっていくんじゃないでしょう か?だから、無理やり夢を持たねばならん、ということもない。それなりにしっかりやっていけば、だんだん良い方向へ向かっていく、これこそまさに神様の思 し召しかもしれません。

masumoto_2.jpg
『自慢の家族』とともにスペインに旅行したときの写真を見ながら。

 

教えるものを持っているか?

高校の教師になろうと思っていたという増本先生、学生に対する教育についてどんな考えをお持ちですか。

いつも考えることは、自分が学生・生徒だったらどう考えるか、ということ。例えば黒板の使い方一つで も、この順番で書いて、説明し、どれを消してどれを残す、とか、板書を体で隠さないようにするとか、学生に向かって話をするとか。どれも学生の立場に立て ば必然的なことですよ。

そしてもっとも大切なことは、「学生や生徒に対して教えられるものを持っているかどうか」ということでしょう。私は、学 生や生徒って先生のことを良く見ていると思うんですよ。この先生はすごいものを持っているかどうかなんて、ちゃんと分かっているんじゃないかな。この先生 はすごい、と思ってもらえれば、ちゃんと教えたいことを伝えられると思いますよ。

だから私も講義のときは、その講義で何を話そうとするのか、全部頭に入れてからいきます。ノートは使わないんです。そうして自分の頭を使いながら講義をすると、学生の理解にもちょうどいい速さになるし、ちゃんと伝わると思います。

かくし芸?

ところで、ちょっとこれを見てもらえますか?(パソコン画面で動画を再生しながら)これは中国の湖州師範学院に招かれて講義をしたときの様子なんです。

(中国人の先生が学生に向かって増本先生を中国語で紹介する。続いて登場した増本先生も、なんと中国語で自己紹介を始めた!ジョークまで言ってウケてる!!)

えーっ、増本先生、中国語をしゃべれるんですか?どうして??

ははは、まあかくし芸程度ですけどね。韓国語もハングルを読む程度ならできますよ。

かくし芸じゃ、ジョークは言えませんよ。どこかで勉強されたのですか?

そう、1999年に韓国に出張したとき、ハングルをぜんぜん読めなくて困ったので、じゃあ勉強しよ う、と言うことで始めたんです。中国語は2002年に中国に出張してから。最初の2年間はちゃんと先生について習いました。今は忙しくなっちゃったので自 習です。湖州師範学院で講義をしたときのジョークがウケるとまでは思わなかったんだけど、ちゃんとウケていましたね。

 

副学部長・学生委員長として

ところで、今年の4月から副学部長、学生委員長などの役職に就かれていますが、これらの仕事についてお話をいただけますか。

うーん、まだ始まったばかりですから、特にお話しするほどのこともありません。これからが本番だと思います。たしかに多忙にはなりましたね。

そうでしょうね。大変なことと思いますが、こうした仕事を任されるのも、増本先生に人望があるからだと思います。
さて、すっかり予定時間を超過してしまいました。今日は本当にありがとうございました。

ありがとうございました。

masumoto_3.jpg
明朗快活、話がとてもわかりやすい増本先生、
高校時代はバスケットボールの選手だったそうで、理学部でも1、2を争う長身です。

 

増本誠(ますもとまこと)
1957年 東京生まれ、広島育ち
1994年 山口大学助教授
2004年 山口大学教授(現在に至る)

masumoto_message.gif

増本先生より

インタビュー:2009年5月11日(月)13:00-14:00、インタビューアー:藤沢健太
サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.