物理・情報科学科4年生 藤川翔平さん(西井研究室)

電子情報通信学会“2013年総合大会”におけるISS特別企画「学生ポスターセッション」で

優秀ポスター賞を受賞されました、物理・情報科学科4年生の藤川翔平さん(西井研究室)です。

受賞おめでとうございます。

 

受賞の感想を聞かせてください。

 

後輩思いの先輩ばかりで…西井研一致団結!ですね♪

 

はい。良い先輩ばかりで研究室が楽しいです。研究するには、やはり周りの環境も大事ですからね~(笑)

 

確かにそうですね。

西井先生の研究室といえば、運動計測、歩行、ロボットというイメージがあるのですが、今回は「楽曲の構成音に着目した属性別特徴量の抽出」というタイトルでの受賞と聞いて、ん?音楽?と思ってしまったのですが、なぜこの研究をやろうと思ったのですか?

 

えっと〜、9年前に僕が好きな作曲家が亡くなってしまったんですよね。もちろん今でもその人の曲は聴くんですけど、やっぱり新曲が聴きたいなって、時々思うんです。
そこで、その人が残した数百の曲から特徴と言いますか、その人らしさを抽出すれば何か手がかりが得られるかなって思ったんです。

 

それは一体どうやって?

 

色々な方がメロディやリズムを研究されてきていますが、僕はその他のところに着目してもおもしろいのではないかな!って思ったんです。

 

 

なるほど!その結果は?


今回はクラシック、ジャズ、ロック、雅楽の4ジャンルの特徴を調べました。

音の使用頻度ではクラシックやロックに比べ、ジャズでは音の使い方に特定のルールのようなものがあることがわかってきたんです。

次に、進行頻度では、クラシックやジャズに比べ、ロックはかなり多様性に富んでいることが確認できました。

このことから「時代が進むにつれ新しいスタイルの音楽ができた」ということと「クラシックやジャズなどで現在残されている名曲は限られた特徴をもつ」という2つの可能性が考えられます。                                                                           
一方で雅楽は、使用頻度、進行頻度のどちらの視点から調べても、かなり独特で独自の進化を遂げていったことが確認できました。

 

へぇ~。そうなんですね!では、単純な質問ですみませんが…これで、その亡くなられた方の新曲が作れるのですか?


これだけでは難しいですね。今回は音の調合の仕方が分かりました。これに、メロディやリズム等を組み合わせたら新曲ができるのではと思っています。

 

今後の研究でぜひ実現させて下さい!

 

はい。そうですね!今後は、今回の結果とデータを照らし合わせて、よく売れている曲には何か共通の特徴があるのかなぁ?ということも調べたいです。

 

もし共通の特徴が見つかれば、それを使って曲を作ればヒットソング間違いなしですね。

 

あははは(笑)そうですね!ヒットソング作りましょう♪

◎ 学会の旅 ◎


サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.