ステップアップ研究

 

理学部では学部の看板となる研究を,2005年度より「ハイライト研究」として,2013年度からは「ステップアップ研究」として支援しています。


ステップアップ研究の目的は、ここ山口大学理学部で大きく実る研究を始めるための礎を築く研究を支援する、つまり、芽を出したばかりの研究の成長を支援することにあります。
その成果は「研究交流会」において発表されます。様々な分野の教員、学生や一般の方が集まり、理学部の存在を広く社会にアピールする研究に対して、活発な質疑応答が行われます。現代の科学は特化した研究領域に加えて,隣接する研究領域にまで踏み込んだ要素を取り込む必要性が増してきています.よりレベルの高い研究へと進めるためには,幅広い研究思想や着眼力を持つ必要があります.このような研究交流の場を設けることで、理学部の特性を生かした研究の発展が期待されます。また、採択されたステップアップ研究の内容をより理解していただくために、研究代表者だけでなく学生の研究発表も行われます。発表する学生にとっては、より大きな視点で研究を行っていくことにもつながります。聴講する学生にとっても、理学部の先生方の研究に触れるよい機会となります。

 

 

 

これまで採択された研究課題は以下の通りです。

注意:リンクをクリックするとPDFファイルが開きます。

採択年度研究代表者

研究課題名

2014 近藤 慶 測地線論的手法による直径球面定理と微分球面定理の
フィンスラー多様体上での一般化
2014 南出 真 新約数問題及び無平方数の分布問題に関する研究
2014 倉富要輔 一般(準)連続加群と一般(準)離散加群についての研究
2014 藤原哲也 幾何学的磁気フラストレーションによる逐次磁気相転移に関する研究
2014 坂井伸之 ブラックホール及びブラックホール疑似天体の観測的検証に向けた理論的研究
2014 新沼浩太郎 高感度VLBIを用いた遠方活動銀河核の系統的研究
2014 上野秀一 初期胚発生の細胞増殖低下が引き金となるmRNA分解・ATP産生の開始機構
2014 堀 学 感覚繊毛(一次繊毛)の機能研究
2014 坂口有人 岩石応力分析法からのスピンオフ,建築物安全評価技術の開発
2014 佐藤美穂 in utero 概日と型モニタリングによる胎生期リズムへの影響評価
2013 坂井 伸之 力学モデルによる剣道動作の原理解明とその中学校体育剣道指導への活用
2013 脇田 浩二 山口大学に蓄積した地質情報のデジタル化とその利活用に関する研究
2013 大関 一秀 局所環のヒルベルト函数論
2013 山﨑 鈴子 可視光応答型光触媒を用いた人工光合成系の構築
サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.