概要・沿革

概要

21世紀において科学技術を創造的に発展させ、諸外国と平和共存し、自然との調和のもとで経済的繁栄と安定した社会を持続的に維持することが求められています。山口大学理学部は,数学,物理学,化学,生物学,地学及び情報科学の6分野の理学領域の教育・研究を担ってきた実績をもとに、将来にわたって、科学技術の基礎を担い、自然への深い認識をもとに総合的視野にたった創造性を発揮する人材を養成し、もって「知識基盤社会」において重要な役割を果たします。

沿革

山口大学が昭和24年に発足したとき、旧制の山口高等学校を母体として、文理学部ができました。この文理学部の理学科が拡充され、昭和53年,数学科,物理学科,化学科,生物学科及び地質学鉱物科学科の5学科をもつ理学部が創設されました。

その後、昭和57年に理学研究科(修士課程5専攻)が設置され、平成2年に共通講座として基礎情報講座が増設されて情報科学分野の強化がはかられました。そして平成7年には数理科学科,自然情報科学科及び化学・地球科学科の3学科に編成替えを行い,平成9年の理学研究科の廃止,理工学研究科の設置により,理学系の博士前期課程は3学科に対応する3専攻を,博士後期課程は自然共生科学専攻を設置しました。

そして、平成18年4月、学科改組で数理科学科、物理・情報科学科、生物・化学科、地球圏システム科学科の4学科となり、同時に山口大学の理系大学院の改組で、大学院組織の整備充実がはかられました。
また平成28年4月、大学改革の一環として理系大学院の再編が推進され、理・工・農学系専攻を統合した「創成科学研究科」が新設されました。この研究科では、知的財産や戦略的研究開発のセンスをもち、科学技術に関する高度な知識とその応用能力をもって現代的諸課題の解決に取り組むことのできる、イノベーションの創出や進展を担う研究者・高度専門職業人を育成します。

理学部の基本的な目標

山口大学理学部は,21世紀の課題を自然科学的側面から解決することを目指し,「自然との共生」を図りつつ豊かな人類社会の実現に貢献するため,当該中期目標期間中における基本的な目標を次のように掲げる。

  1. 自然科学諸分野の発展に即した体系的教育研究を行い,創造性や柔軟性に富む人材を育成する。
  2. 自然科学諸分野の基礎・基盤研究のポテンシャルを高めるとともに,先端的研究を行い,「自然との共生」を図るため,真理の発見と科学技術の発展の基盤作りを目指す。
  3. 地域の基幹総合大学の理学系基礎を担う学部として,地域の学術的,文化的基盤を高める。
  4. 蓄積された高いレベルの研究をさらに発展させ,その研究成果を山口より国際社会に発信し,国際的学術・文化の向上に貢献する。
タグ:
サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.