MENU
 

[2013年11月29日]山口大学理学部附属生命パスウェイ解析センター講演会

メタボローム解析とシステム生物学の講演会が開催されます

イベント詳細

日時

2013年11月29日
17時00分 から 18時30分 まで

場所

理学部15番講義室(山口市吉田キャンパス)

連絡先名称

カレンダーに追加

生命パスウェイ解析センターは、日本バイオインフォマティクス学会九州地域部会と共催で下記の講演会を開催致します。ご参加をお待ちしております。

 

「メタボローム解析とメタゲノム解析の医学および食品科学への応用」
冨田勝氏(慶應義塾大学先端生命科学研究所所長・教授)

概要:

代謝物質の網羅的解析(メタボローム解析)と微生物の網羅的解析(メタゲノム解析)は様々な分野に応用できる汎用の技術である。私たちは、血液、尿、唾液、組織のメタボローム解析、および腸内細菌、皮膚常在菌のメタゲノム解析などから得た大量のデータから、新たな医学的知見を探索している。また、農作物やアルコール飲料のメタボローム解析、および発酵食品のメタゲノム解析などを行って、食品の味や健康機能成分の研究も行っているので報告する。

 

「細胞環境における生化学反応ネットワークのシミュレーション」
高橋恒一氏(理化学研究所生命システム研究センター・チームリーダー)

概要:

細胞内生化学反応ネットワークのシミュレーション技術は、システム生物学や合成生物学における細胞の挙動のモデル化、予測、設計に不可欠です。「細胞環境」はこれまでの分子/生化学シミュレーションの基礎となってきたスモルコフスキーの反応動力学理論や化学マスター方程式などが仮定する均一で希釈された溶液などの理想条件からかけ離れた系であり、このモデル化には1分子粒度と呼ばれる新たな切り口でのモデリングが力を発揮します。今回は真核細胞のMAPKに見られる二重リン酸化反応モチーフを例に取り、この反応モチーフの大局的な入出力応答が分子運動の局所的な時空間相関、細胞内分子混雑、また細胞膜上での酵素の局在などにより大幅に変化する事を示します。

サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.