MENU
 

2016年度

[2017/3/16]第8回理学部講演会

染色体の高次構造や動きの解析で見えてくる新しい染色体機能発現機構について(上野勝:広島大学)

イベント詳細

日時

2017年03月16日
15時00分 から 16時00分 まで

場所

理学部11番講義室

連絡先名称

宮川 勇

連絡先電話番号

5716

カレンダーに追加

要旨:

染色体は細胞核の中で高次構造を形成し、それが染色体の機能発現に重要な役割を果たしていると考えられている。分裂酵母では、セントロメアや染色体末端(テロメア)は核膜に結合し、それが染色体の高次構造維持や機能発現に貢献している(1)。さらに染色体の動き(運動)も染色体の機能発現に関係していることもわかってきた。しかし、どのような要因が染色体の動きを制御するのかはほとんど分かっていない。

そこで、我々はどのような因子が染色体の動きに影響を与えるのかを調べるために、生きたままの分裂酵母のセントロメアやテロメアの動きを、蛍光顕微鏡観察を用いて観察し、そのデータをトラッキングすることで、セントロメアやテロメアの動きを定量化した。高グルコース(10%)や低グルコース(0.04%)培地などを用いて観察・解析を行ったところ、セントロメアの動きは高グルコースに比べて、低グルコースで著しく低下した。このことからセントロメアの運動は、細胞外グルコース濃度に依存することを発見した。一方で、テロメアの動きは高グルコース、低グルコースでもほぼ同じ値を示した。セントロメアの動きはATP阻害剤で著しく低下したのに対して、テロメアの動きはATP阻害剤の影響を部分的にしか受けなかった。これらのことから、テロメアとセントロメアの動きは、それぞれ独立に制御されていることがわかった。さらに栄養豊富な培地に比べて、栄養が乏しい培地のほうが、セントロメアとテロメアの動きが大きいことも発見した。本発表ではこれらの運動の意義について議論したい。

真核生物の染色体は線状であるが、ある種のがんや遺伝病患者には、環状染色体が見つかる。染色体が環状化すると、染色体の高次構造や動きに大きな影響を受けると思われるが、それらの影響はほとんど研究されていない。分裂酵母は染色体末端を保護するタンパク質Pot1の機能を欠損すると、3本全ての染色体が環状化した株が生き残る。そこで、我々は染色体が環状化した分裂酵母の生育に影響を与える遺伝子を探索、解析することで、染色体環状化による高次構造や動きの変化の影響を解明してきた(2)。本発表では、DNAダメージチェックポイント因子である9-1-1複合体が、DNA複製が阻害される条件で、環状染色体の維持に重要な役割を果たすことを発見したことについて紹介する。環状染色体という特殊な状態に注目することで、これまで見えなかった染色体機能発現機構を浮き彫りにしたいと考えている。

 

参考文献

1.  Sci. Rep. 2016. 6:18757. A diffusion model for the coordination of DNA replication in Schizosaccharomyces pombe. Pichugina T, Nurse P, Ueno M, O'Sullivan JM. その他8名.

2.  Mol. Cell. Biol. 2013. 6:1175-87. Fission yeast RecQ helicase Rqh1 is required for the maintenance of circular chromosomes. Nanbu T, Ueno M. その他8名.

[2017/2/25]第5回山口大学学術資産継承事業成果展『宝山の一角』

イベント詳細

日時

2017年02月25日 09時00分 から
2017年03月02日 17時00分

場所

山口大学埋蔵文化財資料館

カレンダーに追加

現在,埋蔵文化財試資料館で第5回山口大学学術資産継承事業成果展『宝山の一角』が開催されています。

理学部からは「地震と断層」というテーマで地球科学標本室の標本を前期展に出展中です。

 

近年,日本では大きな地震が多発し,「地震」や「断層」という言葉を日常的に耳にするようになりました。地震は岩盤の破壊によって起こり,その岩盤の破壊の跡が断層です。実際に断層とはどのようなもので,その記録がどのように岩石に残されるのかを実物標本で紹介しています。

このイベントの詳細情報...

[2017/2/22]【最終講義】山本 隆 教授(理学部)

「高分子との出会いから43年:様々な思い出」

イベント詳細

日時

2017年02月22日
14時30分 から 16時00分 まで

場所

理学部 22番講義室

連絡先名称

理学部 末竹 規哲

連絡先電話番号

083-933-5703

カレンダーに追加

平成28年度定年退職者教員最終講義のご案内です。

 

【最終講義】  「高分子との出会いから43年:様々な思い出」


演者:   山本 隆(やまもと たかし)教授 (理学部)

日時:   平成29年2月22日(水)14:30~16:00

場所:   理学部 22番講義室

 

*問合せ先:理学部 末竹 規哲

TEL:083-933-5703

[2017/2/22]【最終講義】芦田 正巳 准教授(理学部)

「21世紀は明るいか?」

イベント詳細

日時

2017年02月22日
12時50分 から 14時20分 まで

場所

理学部 22番講義室

連絡先名称

理学部 白石 清

連絡先電話番号

083-933-5681

カレンダーに追加

平成28年度定年退職者教員最終講義のご案内です。

 

【最終講義】  「21世紀は明るいか?」


演者:   芦田 正巳(あしだ まさみ)准教授 (理学部)

日時:   平成29年2月22日(水)12:50~14:20

場所:   理学部 22番講義室

 

*問合せ先:理学部 白石 清

TEL:083-933-5681

[2017/2/12]博士学位論文公聴会の開催について

イベント詳細

日時

2017年02月12日
13時00分 から 14時00分 まで

場所

理学部第14 講義室

カレンダーに追加

博士学位論文公聴会を開催します。

多数、御来聴いただきますようご案内致します。


研究科: 理工学研究科
専攻名: 自然科学基盤系専攻(システム情報科学)
氏名:   上田 千晶

学位論文題目:

RGB 色空間における色相を保存したカラー画像の強調に関する研究
(A Study on Color Image Enhancement While Preserving Hue in RGB Color Space)

[2017/2/12]博士学位論文公聴会の開催について

イベント詳細

日時

2017年02月12日
15時00分 から 16時00分 まで

場所

理学部第14 講義室

カレンダーに追加

博士学位論文公聴会を開催します。

多数、御来聴いただきますようご案内致します。


研究科: 理工学研究科
専攻名: 自然科学基盤系専攻(システム情報科学)
氏名:   松岡 丈平

学位論文題目:

ディジタル画像を対象とした非局所メディアンフィルタによるインパルス性雑音の除去に関する研究
(A Study on Impulse Noise Removal by Non-local Median Filter for Digital Image)

[2017/2/11]博士学位論文公聴会の開催について

イベント詳細

日時

2017年02月11日
13時00分 から 14時00分 まで

場所

理学部第14 講義室

カレンダーに追加

博士学位論文公聴会を開催します。

多数、御来聴いただきますようご案内致します。


研究科: 理工学研究科
専攻名: 環境共生系専攻(環境共生化学分野)
氏名:   中村 一平

学位論文題目:

混合原子価ポリオキソメタレートの合理合成法の開発と誘電特性に関する研究
(Study on rational synthesis and dielectric property of mixed-valence polyoxometalate clusters)

[2017/2/11]博士学位論文公聴会の開催について

イベント詳細

日時

2017年02月11日
15時00分 から 16時00分 まで

場所

理学部第14 講義室

カレンダーに追加

博士学位論文公聴会を開催します。

多数、御来聴いただきますようご案内致します。


研究科: 医学系研究科
専攻名: 応用分子生命科学系専攻(生命物質化学分野)
氏名:   守友 博紀

学位論文題目:

フェムト秒ファイバーレーザーを励起光源に用いた多光子励起蛍光イメージング
(Multi-photon fluorescence microscopy imaging using a femto-second fiber laser as an excitation light source)

[2017/2/7]博士学位論文公聴会の開催について

イベント詳細

日時

2017年02月07日
13時00分 から 14時00分 まで

場所

理学部第22 講義室

カレンダーに追加

博士学位論文公聴会を開催します。

多数、御来聴いただきますようご案内致します。


研究科: 理工学研究科
専攻名: 自然科学基盤系専攻(地圏環境学分野)
氏名:   Nutjaree Charoenbunwanon (ヌトゥジャリー チャロエンブンワノン)

学位論文題目:

Development of Web-based Geospatial Information System
–A Case Study for sharing Geology and Mineral data of Thailand
(ウェブ地質情報システムの構築-タイの地質と鉱物資源データの流通・共有のためのケーススタディ)

[2017/2/6]博士学位論文公聴会の開催について

イベント詳細

日時

2017年02月06日
17時00分 から 18時00分 まで

場所

理学部第12 講義室

カレンダーに追加

博士学位論文公聴会を開催します。

多数、御来聴いただきますようご案内致します。


研究科: 理工学研究科
専攻名: 自然科学基盤系専攻(理論物理学分野)
氏名:   國安 正志

学位論文題目:

Dirac-Born-Infeld 型k 場の理論におけるQ-ball とその安定性について
(Q-balls in Dirac-Born-Infeld k field theory and the stability)

[2017/1/18]第7回理学部講演会

細胞核はどうやって細胞の中央に運ばれ、保持されるのか?(木村暁:国立遺伝学研究所)

イベント詳細

日時

2017年01月18日
14時00分 から 15時00分 まで

場所

理学部11番講義室

連絡先名称

原裕貴

連絡先電話番号

5614

カレンダーに追加

演題:    「細胞核はどうやって細胞の中央に運ばれ、保持されるのか?」

演者:    国立遺伝学研究所 細胞建築研究室 木村 暁 先生

 

要旨:

細胞内には小さな分子が多数ひしめきあって存在しています。無秩序にも思えるこの分子の集団から、どうやって分子は適材適所に配置し、細胞という空間的に秩序ある建築物を作ることができるのでしょうか? 私たちは「小さな分子が細胞の大きさを測って、細胞内の空間配置を規定するしくみ」に注目して研究を進めています。多くの細胞で核は中央に配置しています。核はどのようにして細胞の中央を認識し、そこまで移動し、留まることができるのでしょうか? 線虫(C.elegans)やウニの胚をモデル系とし、細胞の観察とコンピュータ・シミュレーションを組み合わせた解析から明らかになった細胞内の仕組みについて報告します。

[2016/12/21]第6回理学部講演会

エゾサンショウウオ幼生の表現型可塑性についての生態発生学 (松波雅俊 :琉球大学)

イベント詳細

日時

2016年12月21日
17時50分 から 19時20分 まで

場所

理学部14番講義室

連絡先名称

原裕貴

連絡先電話番号

5614

カレンダーに追加

演題: エゾサンショウウオ幼生の表現型可塑性についての生態発生学


演者: 松波 雅俊  博士 (琉球大学医学研究科 先端医学研究センター 特命助教)


要旨: 生物は変化する環境のなかで異なる表現型を示すことがあります。異なった

表現型が単一の遺伝子型から生じる現象は表現型可塑性と呼ばれ、生物進化を考える上で極めて重要です。北海道に生息するエゾサンショウウオ (Hynobius retardatus) の幼生は、環境に応じてさまざまな表現型可塑性を示します。被食者存在下では頭部が巨大化し、捕食者存在下では外鰓・尾高が発達します。また、被食者の存在による攻撃型への変化は地域集団間で顕著な違いがみられます。本セミナーでは、これまで本種の表現型可塑性の分子機構と進化過程を解明するために遂行してきた研究を紹介します。
まず、異なる2つの表現型可塑性に関係する遺伝子を比較するために、トランスクリプトーム解析をおこないました。解析の結果、異なる形態変化間で異なる遺伝子発現の変化が起こるだけではなく、共通の遺伝子発現の変化も生じていることが明らかになりました(Matsunami et al. 2015 Mol. Eco.)。次に、集団間の表現型と遺伝型を比較することで、攻撃型可塑性の進化過程を推定しました。北海道内の5つの地域での形態測定と集団遺伝解析結果、集団に応じて可塑的変化能力は異なり、各集団は明瞭に異なる遺伝構造を持つことがわかりました。

[2016/10/12]第3回キャリアデザインのための講演会

「研究だけじゃない”研究者”という職業~ある生物系女性研究者の年間スケジュール~」 (山川 智子:大阪大学)

イベント詳細

日時

2016年10月12日
16時30分 から 17時30分 まで

場所

理学部14番講義室

連絡先名称

連絡先電話番号

5614

カレンダーに追加

[2016/10/13]第5回理学部講演会

「新しい反応点をつくる!〜酸性度をもたないC(sp3)-H結合を起点とする分子変換反応〜」(上條真准教授:山口大学理学部)

イベント詳細

日時

2016年10月13日
13時20分 から 14時20分 まで

場所

理学部14番講義室

連絡先名称

生物・化学科 川俣 純

連絡先電話番号

5729

カレンダーに追加

化学講演会のお知らせ

 

演題:新しい反応点をつくる!
〜酸性度をもたないC(sp3)-H結合を起点とする分子変換反応〜

 

講師:理学部 准教授  上條 真 先生

 

要旨:医薬品やプラスチック、ナイロンのようなポリマー、最近では、有機EL用の電子材料など、我々の生活を豊かにするあらゆるものが天然から採取できる石油やアルコールなどを原料として、『有機合成化学』を駆使しつくられている。このように書くと、有機合成化学は万能と思えるかもしれないが、分子レベルで見ると、実は限られたパーツしか変換することができない。そこで我々の研究室では、これまで変換できなかったパーツを、思いのまま変換するための新しい有機合成化学ツールの開発に挑戦している。セミナーでは、酸性度をもたないC(sp3)-H結合を起点とする分子変換反応に関して、最近の我々の研究結果を紹介する。

[2016/11/6]山口大学理学部 サイエンスワールド2016 ~科学ミステリーの世界へようこそ~

イベント詳細

日時

2016年11月06日
10時00分 から 17時00分 まで

場所

第2学生食堂「きらら」

連絡先名称

山口大学理学部

連絡先電話番号

083-933-5700

カレンダーに追加

山口大学理学部では、県内外の中学校、高等学校、博物館・科学館、研究機関と連携し、小中高生のみならず広く地域の皆様に、自然科学の魅力を楽しくわかりやすく伝えることを目的に、サイエンスワールドを毎年開催しております。
今年も第18回目となる山口大学理学部サイエンスワールド2016「~科学ミステリーの世界へようこそ~」を開催することとなりました。ご家族でぜひお越し下さい。


日 時  :平成28年11月6日(日曜日)10:00~17:00(16:30受付終了)
場 所  :第2学生食堂「きらら」(受付)・理学部本棟
対 象  :学生(小・中・高)・一般
事前申込:不要
入場料  :無料
駐車場  :あり(無料、駐車場係員の指示にしたがってご利用ください)


主な予定:

◯大学生による企画ブース(科学実験の体験イベント)
◯特別出展(防府市青少年科学館ソラール・山口県立山口博物館)
◯理学部ミステリーツアー(理学部内の実験室を巡ってミステリー体験)
◯夢化学21(一日体験化学教室)


すべてのイベントは、小さなお子さんでも保護者のかたと一緒に来て頂ければ参加可能です。

 

詳細はこちら

[2016/9/30]第2回キャリアデザインのための学生懇談会

「ミドリゾウリムシとの運命の出会い 」 ~明確な夢を持てなかった私が 大学教員になるまで~ (児玉有紀 :島根大学)

イベント詳細

日時

2016年09月30日
10時00分 から 12時00分 まで

場所

理学部1号館 第14講義室

カレンダーに追加

[2016/8/26]第4回理学部講演会

低周波電波天文学で探る宇宙 (赤堀卓也:鹿児島大学)

イベント詳細

日時

2016年09月01日
13時30分 から 14時50分 まで

場所

理学部1号館 12番講義室

連絡先名称

物理学分野・新沼浩太郎

連絡先電話番号

5759

カレンダーに追加

題目:センチ波偏波観測のサイエンスと将来計画SKA

講師:赤堀 卓也(鹿児島大学大学院 理工学研究科 物理・宇宙専攻 特任准教授)
要旨:
電離プラズマガスと磁場は宇宙の様々な天体と天体現象に関与するため、それらは天文学・宇宙物理学の重要な研究課題です。携帯電話や電子レンジなどで身近に使われているセンチ波は、その宇宙の磁化プラズマを調査するのに適しており多くの成果を上げています。談話会では星間物質、銀河、銀河団、そして宇宙大規模構造に至る磁化プラズマをこの電波帯域で観測する優位性を紹介します。そして宇宙の大規模構造に潜むと予言されている「失われたバリオン」の発見に向けた講演者の一連の研究を紹介します。将来計画のSquare Kilometre Array (SKA)についても進展を報告します。

[2016/8/9]「昆虫のふしぎな世界」開催中

山口県立山口博物館特別展「昆虫のふしぎな世界」において、生物学分野の環境生物学研究室(山中研究室)の紹介・展示コーナー設置

イベント詳細

日時

2016年07月15日 09時00分 から
2016年08月28日 16時30分

カレンダーに追加

山口県立山口博物館 特別展 昆虫のふしぎな世界において、生物学分野の環境生物学研究室(山中研究室)の紹介・展示コーナーが設けられています。

 

山口県立山口博物館が2016年7月15日にリニューアルオープンし、特別展「昆虫のふしぎな世界」が開催されています。この特別展に生物学分野の環境生物学研究室(山中研究室)の紹介・展示コーナーが設けられています。同博物館の田中浩先生(平成14年3月本学理工学研究科博士課程修了)の企画並びに研究室学生さんの協力(写真)によるものです。是非、多くの方のご来館をお願いいたします。

 

期間:2016年7月15日(金)~8月28日(日)

場所:山口県立山口博物館 開館時間:9:00~16:30

[2016/8/26]第3回理学部講演会

山口大学研究推進体「先端的計測・分析基盤技術の創出」×物質構造解析研究会・ジョイントセミナーの開催

イベント詳細

日時

2016年08月26日
10時30分 から 17時30分 まで

連絡先名称

創成科学研究科 安達健太

連絡先電話番号

5731

カレンダーに追加

山口大学研究推進体「先端的計測・分析基盤技術の創出」、及び物質構造解析研究会では、以下の内容でセミナーを開催いたします。
なお、このセミナーは日本化学会中国四国支部の山口地区化学講演会を兼ねております。
本セミナーは「外場を利用した材料制御・最先端計測の最前線」と題して、その分野において活躍されている新進気鋭の先生方を講師としてお招きします。
多数ご参加いただきますよう、宜しくお願い申しあげます。

 

場所:山口大学理学部14番講義室(講演)

第1学生食堂「ボーノ」(ポスターセッション)


◆特別講演1

「The next frontier for soft X-rays-液体そして界面へ…」
徳島高(独立行政法人理化学研究所・技師)

◆特別講演2

「磁化率とナノメジャーを使った新しい微粒子分析法」
河野誠(株式会社カワノラボ・代表取締役)

◆ポスター発表

 

※詳細はwebにてご確認ください。
http://www.analtech.sci.yamaguchi-u.ac.jp/posts/news9.html

主催:日本化学会中国四国支部

山口大学研究推進体「先端的な計測・分析機器基盤技術の創出」企画委員会
物質構造解析研究会
大学研究推進機構 先進科学・イノベーション研究センター 「光・エネルギー研究センター」

共催:山口大学理学部

[2016/8/17]博士学位論文公聴会

博士学位論文公聴会が行われます。

イベント詳細

日時

2016年08月17日
14時00分 から 15時00分 まで

場所

理学部第14 講義室

カレンダーに追加

学位論文公聴会の開催について下記のとおり開催します。

多数、御来聴いただきますようご案内致します。

 

 

[2016/8/19]第2回理学部講演会

細胞核内クロマチン動態の新奇現象(菅原武志:広島大学)

イベント詳細

日時

2016年08月19日
16時30分 から 17時50分 まで

場所

15番講義室

連絡先名称

5614

連絡先電話番号

原裕貴

カレンダーに追加

題目:      細胞核内クロマチン動態の新奇現象

Stagnant, itinerant chromatin dynamics inside the fission yeast nucleus

 

講演者:  講師:菅原 武志 (広島大学クロマチン動態数理研究拠点)

 

要旨:

ヒトなどの高等生物では、間期染色体は互いに絡まらず区画化された「染色体テリトリー」構造をとり、一部の植物細胞や酵母では、セントロメアとテロメアが核表層の対極に固定された「ラブル構造」をとることが知られている。これらの染色体の大域的構造はクロマチンの動きを物理的に制約し、ゲノム上の各遺伝子を細胞核内の制限された領域に位置づける。他方、活性遺伝子はそのような大域的構造による物理的制約から逃れ、転写ファクトリーや核膜孔付近に局在することが示唆され、遺伝子座が細胞周期をつうじてどのように核内配置を維持・変化させるのかについては未解決のままである。我々は間期クロマチン動態を研究するため、分裂酵母S. pombeの複数の遺伝子座を可視化し、先行研究よりも長時間スケールでタイムラプス観察を行った。核表層上に局在するspindle pole body (SPB, 中心体に相当) から各遺伝子座までの物理的距離を核内配置の指標とした定量的解析から、遺伝子座は複数の過渡的局在配置間を移動し、複数の「遺伝子テリトリー」間を遷移することが示唆される。統計的推定手法(隠れマルコフモデル)を用いた解析を行い、そのような「動きが停滞した(stagnant)」複数の配置状態を「遍歴する(itinerant)」挙動を統計的に妥当化した。さらに、上記のstagnant/itinerantクロマチン動態の細胞周期依存性を調べるため、細胞成長に応じて変化する細胞形態とクロマチン動態の相関解析を行った。これらの解析結果から、観測されたクロマチン動態はこれまで報告されているような高分子単純拡散とは異なる、新奇なダイナミクスであると示唆される。本講演では上記の結果を紹介し、クロマチン動態が細胞周期進行の間果たす機能的役割について議論する。

[2016/8/4]第1回理学部講演会

ショウジョウバエの行動遺伝学(谷村禎一:九州大学)

イベント詳細

日時

2016年08月04日
17時00分 から 18時00分 まで

場所

理学部12番教室

連絡先名称

理学部生物・化学科 村上柳太郎

連絡先電話番号

5696

カレンダーに追加

以下の予定で、理学部主催の学術講演を開催いたします。演者は九州大学教 谷村禎一 教授で、ショウジョウバエを材料とした味覚研究の分野では世界的に有名です。

 

場所:      理学部本館1階 12番教室(玄関入ってまっすぐ、右手です)

 

演題:      ショウジョウバエの行動遺伝学

 

講演者:  九州大学 谷村禎一 教授

 

講演内容:

ショウジョウバエは脳と行動の仕組みを理解するための研究材料として用いられて50年余の歴史がある。様々な技術的な革新を紹介しつつ研究の発展を辿りつつ、ここ数年の新たな新展開についても紹介する。行動学、生理学、遺伝学の境界領域の話題になります


Full-size image: 95.1 KB | View image 表示 Download image ダウンロード

PDF document icon 20160930.pdf — PDF document, 221 kB (226618 bytes)


Full-size image: 173.4 KB | View image 表示 Download image ダウンロード

PDF document icon 20161012.pdf — PDF document, 606 kB (620650 bytes)


Full-size image: 76.1 KB | View image 表示 Download image ダウンロード

PDF document icon 20170302.pdf — PDF document, 2083 kB (2133499 bytes)

サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.