2017年度

[2017/9/26]第8回理学部講演会

フラスコの中の生態系における進化(中島 敏幸:愛媛大学)

イベント詳細

日時

2017年09月26日
13時00分 から 14時00分 まで

場所

理学部12番講義室

連絡先名称

カレンダーに追加

演題:   フラスコの中の生態系における進化

 

講師:      中島敏幸(愛媛大学大学院・理工学研究科 理学部/生物学科)

 

要旨:

近年、進化を実験的に解析するために微生物を用いた実験進化研究が発展してきました。しかし、これまで、1種か2種を植え継ぐか、連続培養装置で培養するなど,生態系から切り離した培養方法で微生物の進化を解析する研究がほとんどでした。しかし、進化は生態系の中で起こるということを考えると、従来の方法では見落としてしまう現象や進化のメカニズムもあるでしょう。このことに注目して、私の研究室では、生産者、分解者、そして消費者からなる微生物生態系を作り、生態系の中の進化を研究することにしました。具体的には、緑藻(Micractinium sp.)、細菌(Escherichia coli)、繊毛虫(Tetrahymena thermophila)の3種を無機塩類のみを含む培地に接種し、光照射下で約13年間培養しました。このフラスコの中の生態系の培養において、緑藻と繊毛虫の間の細胞内共生と緑藻と細菌の間の細胞外共生の初期段階が進化しつつあることが分かってきました。特に共生の進化に焦点を当てこの実験を紹介します。

[2017/9/20]第7回理学部講演会

藻類バイオは何をもたらすか: ヘマトコッカスと七色クロレラについて(河野 重行:東京大学)

イベント詳細

日時

2017年09月20日
16時00分 から 17時00分 まで

場所

理学部14番講義室

連絡先名称

宮川 勇 (生物分野)

連絡先電話番号

5716

カレンダーに追加

演題:   藻類バイオは何をもたらすか: ヘマトコッカスと七色クロレラについて

 

講師:      河野重行先生(東京大学フューチャーセンター推進機構・特任研究員、

東京大学名誉教授)

 

要旨:

直径1/10ミリにも満たない単細胞の小さな藻類(微細藻類)が注目されています。大気に含まれる酸素のほとんども、白亜の海岸も、シェールガスさえもが、地質時代に地球上で大繁殖した微細藻類に由来します。微細藻類の物質生産能には定評があり、それによるCO2排出量ゼロの物質生産やグリーンエネルギーが早急に望まれています。微細藻類は光や栄養塩を制御することで、例えば、ヘマトコッカス藻にアンチエイジングの化粧品で有名になった「アスタキサンチン」を過剰に産生させたり、クロレラにバイオ燃料の原料となるデンプンやオイルを選択的に産生させたりできます。今回は、藻類バイオの花形であるヘマトコッカスやクロレラを、応用科学的な側面からだけでなく、細胞生物学やゲノム科学といった基礎科学の側面から紹介しようと考えています。

[2017/8/30]第6回理学部講演会

植物の光シグナルによる新奇遺伝子発現制御機構(松下 智直:九州大学)

イベント詳細

日時

2017年08月30日
13時30分 から 15時00分 まで

場所

理学部1号館 12番教室

連絡先名称

武宮 淳史

連絡先電話番号

5722

カレンダーに追加

演題:   植物の光シグナルによる新奇遺伝子発現制御機構

 

講師:      松下 智直  (九州大学 大学院農学研究院 准教授)

 

要旨:

植物にとって光は、光合成のエネルギー源であると同時に、周辺環境を把握するためのシグナルとしても極めて重要である。植物は、フィトクロムなどの光受容体を用いてこの光シグナルを捉え、自らの形態や代謝を調節することで、絶えず変動する周辺環境に適応している。

フィトクロムは、細菌の二成分制御系におけるヒスチジンキナーゼを起源とする、植物の主要な光受容体であり、赤色光/遠赤色光によって可逆的に活性化/不活性化されるという特徴的な性質を持つ。これまでの研究から、赤色光によって活性化されたフィトクロムは、PIFと呼ばれるbHLH型の転写因子群を直接抑制し、その標的遺伝子の転写量をゲノム規模で変化させることによって、植物の様々な光応答を引き起こすということが明らかにされている。

我々は最近、フィトクロムが、転写量の制御に加えて、遺伝子発現のその他の過程をもゲノム規模で直接制御し、mRNAの量だけではなく質も変化させることで、植物の光応答を引き起こすことを発見した。本講演では、このフィトクロムによる新奇の遺伝子発現制御機構と、その生理学的意義について、最新の成果を紹介したい。

※本セミナーは生物科学特別講義の一部です。

 

連絡先:   武宮 淳史(理・生物・植物細胞シグナル学研究室)

[2017/9/21]第5回理学部講演会

アジアの完新世デルタの成立と海水準変動(齋藤 文紀:島根大学)

イベント詳細

日時

2017年09月21日
16時10分 から 17時40分 まで

場所

理学部22番教室

カレンダーに追加

演題:   アジアの完新世デルタの成立と海水準変動

 

講師:      齋藤 文紀

(島根大学エスチュアリー研究センター/産業技術総合研究所地質調査総合センター)

 

概要:

アジアには、ガンジス・ブラマプトラデルタ、メコンデルタ、長江デルタ、黄河デルタなど多数のデルタ(三角州)が分布しています。広大で低平な平野を持つこれらのデルタは、メガデルタとも呼ばれます。これらのデルタが、どのように形成されてきたのか。最も制約を与えてきたのは、完新世の海水準変動です。デルタの成立とその後の成長と発達、アジアのデルタの特徴、そして人間活動に伴う近年の破壊や崩壊。いくつかのデルタの研究例をもとに、最新の研究成果を報告します。

 

[2017/7/27]博士学位論文公聴会の開催について

イベント詳細

日時

2017年07月27日
16時10分 から 17時10分 まで

場所

理学部第14 講義室

カレンダーに追加

博士学位論文公聴会を開催します。

多数、御来聴いただきますようご案内致します。


研究科: 医学系研究科
専攻名: 応用分子生命科学系専攻(分子細胞生物学分野)
氏名:   Md. Golam Sarowar Jahan (エムディ ゴラム サロワー ジャハン)

学位論文題目:

Traction force and its regulation during cytokinesis in Dictyostelium cells
(細胞性粘菌の細胞質分裂時のトラクションフォースとその制御機構)

[2017/7/5]第4回理学部講演会

画像不正と疑われないための画像処理(湖城恵:上智大学)

イベント詳細

日時

2017年07月05日
16時10分 から 17時10分 まで

場所

理学部 15番教室

連絡先名称

祐村恵彦

連絡先電話番号

内線5717

カレンダーに追加

演題:   画像不正と疑われないための画像処理

 

講師:      上智大学理工学部 湖城 恵 先生

アドビエデュケーション提案企画

 

概要:

得られた原画像を客観的・定量的に評価するためには、画像処理を活用することは必 須です。しかし適切な画像処理を行わないと、正確な研究結果が得られないばかりか、 画 像 不 正 と 疑 わ れ て し ま う 可 能 性 も あ り ま す 。本 セ ミ ナ ー で は 、自 身 が 研 究 者 で あ り 画 像処理のエキスパートの講師を迎えて、研究画像を処理するうえで知っておきたい知識 と手法を、Adobe Photoshop CCを使ったデモを交えながらお伝えします。2015年から 全国の大学で行っているセミナーを2017年版として、新たな情報も加えて開催いたしま す。ぜひご参加ください。

ポスター

[2017/5/31]第3回理学部講演会

最小生物,マイコプラズマの滑走運動 -メカニズムと起源-(宮田真人:大阪市大学)

イベント詳細

日時

2017年05月31日
15時00分 から 16時00分 まで

場所

理学部22番講義室

連絡先名称

祐村 恵彦

連絡先電話番号

5717

カレンダーに追加

演題:最小生物,マイコプラズマの滑走運動 -メカニズムと起源-

演者:大阪市大学理学部・宮田真人 先生

 

概要:

魚病原性細菌であるマイコプラズマ・モービレは,菌体の片側に滑走の装置を形成し,固形物表面をすべるように動く‘滑走運動’を行います.この運動は毎秒4.5ミクロンにも達しますが,他の生体運動と根本的に異なるユニークなものです.私たちは1997年から現在までに,装置の構造,構成タンパク質,結合対象,エネルギー源,力学特性,などを明らかにし,そのメカニズムを提案しました.「ATP合成酵素に由来する特殊なモーターで発生した力が,外部表面に伝わる.その力は巨大な“クランク”タンパク質を介して,もうひとつの巨大な“あし”タンパク質450分子を動かし,宿主表面のシアル酸オリゴ糖を,つかみ,引っ張り,離すことにより,菌体を前に進める」セミナーでは,生体運動の起源と分布についての議論も行います.

 

参考)

Miyata M, Hamaguchi T (2016) Current Opinion in Microbiology. 29, 15-21. PMID 26711226. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1369527415001307

Miyata M, Hamaguchi T (2016) Frontiers in Microbiology 7, 960. PMID 27446003.

http://journal.frontiersin.org/article/10.3389/fmicb.2016.00960/full

_

[2017/5/24]第2回理学部講演会

Uniform asymptotic profiles of stationary wave propagation in perturbed two-layered media(門脇光輝:滋賀県立大学)

イベント詳細

日時

2017年05月24日
16時10分 から 17時20分 まで

場所

12番講義室

カレンダーに追加

題目:  Uniform asymptotic profiles of stationary wave propagation

in perturbed two-layered media


講師:  門脇光輝(滋賀県立大学教授)

 

概要:    摂動された二層媒質が占める3次元無限領域における波動方程式の

定常解とその空間遠方での漸近形の一様性を考察する。

[2017/4/24]第1回理学部講演会

Giving a Scientific Presentation - An Introduction to Modern Digital Visualization Techniques(Johannes Schoenke:OIST)

イベント詳細

日時

2017年04月24日
14時30分 から 16時00分 まで

場所

理学部13番講義室

カレンダーに追加

タイトル:

Giving a Scientific Presentation - An Introduction to Modern Digital Visualization Techniques


講演者:Johannes Schoenke

Okinawa Institute of Science and Technology (OIST)

アブストラクト:

A scientific presentation is given using only web technologies (like HTML, JavaScript, CSS, etc.) and the advantages regarding animated or interactive 2D/3D visualizations are illustrated with several examples from classical mechanics and magnetism. Because web technologies are so important for our modern information era, they are open and free standards, which are well documented and developed. Therefore, web technologies can be (re)used for many different purposes in science, including presentations, websites, publications, everyday visual data analysis, notes, etc. The talk might be interesting for people who like to prepare documents or presentations programmatically (for example with Latex typesetting) or who want to update their websites. Further, some people may be interested in what is possible regarding presentations beyond the limits of proprietary products like Powerpoint or Keynote.


Full-size image: 19.6 KB | View image 表示 Download image ダウンロード


Full-size image: 57.7 KB | View image 表示 Download image ダウンロード


Full-size image: 22.9 KB | View image 表示 Download image ダウンロード

PDF document icon 20170705.pdf — PDF document, 1282 kB (1313657 bytes)


Full-size image: 710.1 KB | View image 表示 Download image ダウンロード
サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.