MENU
 

化学専攻の鈴木康孝君が日本粘土学会の学術振興基金賞を受賞

化学専攻の鈴木康孝君が日本粘土学会の学術振興基金賞を受賞

賞状を手にする鈴木君

医学系研究科博士後期課程2年の鈴木康孝君が、日本粘土学会の学術振興基金賞(特別枠)の受賞者に選ばれ、9月8日に名古屋大学で開催された平成22年度 日本粘土学会総会で表彰されました。鈴木君は、昨年も学術振興基金賞を受賞しており、異例の特別枠として二年連続して同じ賞を受けました。  この賞は、海外で開催される国際学会で特に優れた発表を行った若手に授与されます。鈴木君が6月にスペインのセビリアで開催された2010 SEA-CSSJ-CMS Trilateral Meeting on Clays (欧-日-米粘土関連学会合同国際会議)で行った発表、" Enhanced Two-Photon Absorption Characteristics of Poly-Cationic Dyes by Hybridizing with Cay Minerals"が特に優秀と認められたものです。鈴木君は、粘土科学の将来を担う若手として大きく期待されており、日本粘土学会の公認研究グループの 一つである「日本粘土学会若手の会」の平成23年度代表幹事にも就任しました。

タグ:
サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.