MENU
 

博士前期課程2年の今井利宗君の研究テーマが「山陰海岸ジオパーク補助金」に採択

地球科学専攻の今井利宗君(指導教員:金折教授)が昨年度に引き続き、平成23年度も山陰海岸ジオパーク推進協議会から「山陰海岸ジオパーク補助金」を受けることに決まりました。山陰海岸ジオパークは山陰海岸国立公園を中核にし、日本海形成から現在に至る多様な地質や地形が存在し、それらを自然背景とした文化・歴史を体験・学習できる地域で、平成20年12月日本ジオパーク委員会から「日本ジオパーク」として認定を受けています。
研究テーマは「丹後半島における活断層群のジオパーク的価値の評価」です。研究内容は、(1)昨年度に引き続き、1927年北丹後地震(M7.3)の地震断層の保存状態に関して地形・地質学的な観点から研究すること、 (2)地震断層以外で,丹後半島の代表的な活断層を地形・地質学的調査によって抽出し,その変動地形や断層露頭などの性状を明らかにして,ジオパークの観点から評価すること、(3)対象となる活断層の地形・地質学的調査を統合して,ジオパーク的価値を比較し,その評価手法を確立します.高評価の活断層を選定して,それらのジオサイトの見学ルート案を複数策定すること、です.

サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.