MENU
 

「江戸時代に起きた山口県の震災活断層地震とスラブ内地震」発行

理学部の金折教授が「江戸時代に起きた山口県の震災活断層地震とスラブ内地震」を発行しました。
「江戸時代に起きた山口県の震災活断層地震とスラブ内地震」発行

         表紙

概要は以下のとおりです。

 

近い将来南海トラ フに沿って発生が想定されている海溝型巨大地震(南海地震)に備えるうえでも、さらに地域防災の基礎資料を得るためにも山口県内で江戸時代の二百六十八年 間に起きた地震および震災の記録をまとめておくことは重要である。本資料では、これら地震記録を集約するとともに、地震被害の概況を解説している。

 

お問い合わせ先

金折研究室
083-933-5753
kanaori@yamaguchi-u.ac.jp

サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.