MENU
 

第8回理学部講演会

「Sensors based on Fluorescence Resonance Energy Transfer」

理学部学部長裁量経費、外国人研究者の招へい援助事業によって来学中のSyed Arshad Hussain先生(Tripura大学)の講演会が、2013年11月25日に開催されました。Hussain先生は,無機ナノシートと有機化合物からなるハイブリッド材料の研究を専門としている,インドで最も活発な研究者の一人です。会場となった共通教育棟26番教室には、化学および物理学を専門とする理学部の教員,学生あわせて約100名が集まりました。
「Sensors based on Fluorescence Resonance Energy Transfer」を演題に,ガスやイオンを検出できる蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)を利用した蛍光センサー材料が紹介されました。

一般的な蛍光を用いた化合物センサーは,蛍光の強弱でセンシングを行うのに対し、FRETを用いることで蛍光色の違いで化合物をセンシングできること,FRETを示す有機化合物をナノシートと組み合わせると、FRETの効率が高まり高感度な化合物センシングができることを分かりやすく説明していただけました。Hussain先生が平易な英語でご講演下さったこともあり,質疑応答の時間には教職員のみならず学生からも数多くの質問があり,活発な議論が交わされました。

サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.