MENU
 

[2015/4/15] 水田淳史君が電子情報通信学会システム数理と応用研究会で優秀賞を受賞

[2015/4/15] 水田淳史君が電子情報通信学会システム数理と応用研究会で優秀賞を受賞

    左より葛教授、水田君、松野教授

3月5,6日に金沢市で行われた電子情報通信学会システム数理と応用研究会で、理工学研究科1年の水田淳史君がWIPセッション優秀発表賞を受賞しました。発表タイトルは「依存縮約による滞留なしペトリネットの等価変換」で、細胞内反応経路であるシグナル伝達経路において一部の反応速度から全体の反応速度を推定する理論的手法を開発したものです。
ネットワーク研究室の松野浩嗣教授と教育学部表現情報コースの葛崎偉教授が指導にあたりました。水田君は、「今回賞をもらえたことは非常に光栄で、発表に自信が持てました。今後はより一層努力していきます。」との感想を述べると同時に、「金沢大学の人がしていたDeepLearningを用いた株価予想の研究が非常に興味深かったです。」とも言っていました。これからの発展に期待したいと思います。

サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.