MENU
 

[2017/3/21] 第8回理学部講演会が開催されました

2017年3月16日(木)に、広島大学大学院先端物質科学研究科の上野 勝先生による第8回理学部講演会「染色体の高次構造や動きの解析で見えてくる新しい染色体機能発現機構について」が、理学部11講義室で開催されました。上野先生の講演では、分裂酵母の染色体のセントロメアやテロメアが生きた細胞の中で動く様子が蛍光顕微鏡観察像として示されました。そして、染色体の動きに影響をおよぼす要因についてお話されました。講演の後半では、染色体末端を保護するPot1タンパク質の機能の欠損で、環状化した染色体が形成されることや、環状染色体の維持に着目した研究について紹介されました。講演後には、参加者から活発な質問があり、染色体の機能についての理解を一層深めることができた講演会でした。

 

 

宮川 勇

サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.