コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

セクション

パーソナルツール

現在位置: ホーム / 理学部 / お知らせ / ニュース / 2016年度 / [2017/3/30] 安達健太准教授(化学)の研究グループが低環境負荷触媒を使用した湿気反応性高速硬化型樹脂を開発
MENU
 

[2017/3/30] 安達健太准教授(化学)の研究グループが低環境負荷触媒を使用した湿気反応性高速硬化型樹脂を開発

【技術概要】

分子内に含ケイ素基を有する変性シリコーン樹脂は空気中の水分と反応して室温で硬化します。(下図参照)この硬化反応における副生成物は水のみであり、揮発性有機化合物(VOC)は発生しません。シラン硬化反応を速やかに進行させるために硬化触媒として一般的に用いられる有機スズ化合物は、重金属であるスズを含有しているため、近年は人体に対する危険性や有害性が指摘されていました。
今回、大学院創成科学研究科理学系学域(化学分野)の安達健太准教授の研究グループは、スズを含まない金属錯体とアミン化合物からなる新規硬化触媒を開発しました。また、この新規硬化触媒を分子内にアルコシキシラン基を有するポリオレフィン系硬化性樹脂に含有させ、新規の硬化性樹脂組成物を得ることに成功しました。この硬化性樹脂組成物は、環境負荷が小さく、常温で極めて早く硬化することを確認しています。加えて、ポリエチレン、ポリプロピレンといった難接着プラスチックへの強力接着も可能です。この特徴を生かすことで自動車部材や建材用途の接着剤やシーリング材などへの用途が見込まれています。
なお本技術は、2010年(平成22年)~2011年(平成23)にかけての理学部ハイライト研究(現 理学部ステップアップ研究)による研究成果の一部です。[詳しくはコチラ]

 

本技術に関する紹介記事が化学工業日報に掲載されました。(平成28年12月5日)

クリックで拡大

【語句説明】

硬化:化学的に分子同士を連結し、物理的・化学的性質を変化させる化学反応。

(例:イソプレン(ラテックス)は硫黄と反応し、硬化することで天然ゴムになる)

揮発性有機化合物(VOC)

常温常圧で大気中に容易に揮発する有機化学物質の総称〔VOC:Volatile Organic Compounds〕
VOCは空気を汚染し、シックハウス症候群や化学物質過敏症などの健康被害を引き起こす

有機スズ化合物

様々な化学反応において触媒として使用されている。有機スズ化合物の一部は、ごく低濃度で貝類の雌(メス)を雄(オス)化させることが実験的に明らかになっており、近年、環境ホルモンとして疑われている。


【本研究に関するお問い合わせ先】

山口大学 産学公連携センター
E-mail: yuic "at" yamaguchi-u.ac.jp (“at”を@に変えてください)
TEL. 0836-85-9961

山口大学大学院 創成科学研究科理学系学域(化学分野)准教授 安達健太
E-mail: k-adachi "at" yamaguchi-u.ac.jp (“at”を@に変えてください)
http://www.materchem.sci.yamaguchi-u.ac.jp/

タグ:
サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.