[2018/4/5]江島圭祐くんが地質学会西日本支部の講演会で優秀発表賞を受賞

本学大学院創成科学研究科(地球科学)博士前期課程1年の江島圭祐君が平成30年3月3日に広島大学で開催された日本地質学会西日本支部総会・研究発表会で優秀発表省(学生・院生対象)を受賞しました。江島君は北部九州に分布する約1億年前の白亜紀という時代にマグマが固まってできた深成岩を研究しています。野外での詳細な地質調査と鉱物・岩石の化学分析や年代測定によって、北九州の大地がほぼ同時期に貫入してきた複数のマグマによって作られたことを明らかにし、それらの成因関係を突き止めました。普段何気なく見ている石にも個性があり、それぞれ異なる生い立ちを持っていることが江島君の研究によって裏付けられました。江島君は15分間の口頭発表で成果を要領よくまとめ、審査員から高く評価されました。おめでとうございます。

サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.