所信

国立大学法人の発足にあたり

理学部長  増山博行

 

いよいよ本日、国立大学法人として、大学は再出発する事になりました。平成15年4月に学部長に 任じられて1年,そのための準備に取り組んで参りましたが、大きく変わるところと、これからまだまだ変革 しなければならぬ部分と折衷した形での船出となりました。
山口大学理学部では、昭和53年の文理改組による理学部発足,昭和57年の理学研究科修士課程の発足, 平成4年の機器分析センター設置,平成7年の学科再編,そして,平成9年の大学院改組による理工学研究科 博士課程の設置と,改組・新設の歴史を数々経験してきました。しかし,法人化は従前のこうした経験の枠組みでは 語ることの出来ない,全く新たな変革となっております。
今回の国立大学の法人化は,小泉内閣の「骨太の改革」の一環として,国立大学を国家行政組織から 独立した法人にすることです。国立大学は自らの経営方針に基づき個性豊かな大学づくりを進めていくことが 期持されています。これまで,大学側が種々の計画を立案しても,文部省が手直しを求め,最終的には国会で 説明できるかたちに変えて,学部・学科の改組など行われてきました。
ところが,法人化後の国立大学に対する文部科学大臣の関与は,6年後の評価をうける基準となる 中期目標の策定やその目標を実現するための中期計画の認可等に限定されたものとなり,大学が自主性・自律性を 高め,自らの責任で制度設計することになります。もちろん,学部・学科編成は大学設置基準などの遵守が 条件ですので,改組は自由であるが,基準に合致した運営がされているかどうか,事後評価により厳しく点検される 仕組みとなっています。大学人すべてが,こうした新制度の本質を理解し,大学法人という新しい組織体の元で 大学の運営にあたる事が肝要であると考えます。
また,国立大学法人化と平行して,高等教育の質の向上とその検証,および,創造的研究成果を生み出し, 社会に貢献することが大学に求められています。教育に関しては専門職業人として必要な知識だけでなく,創造性や 問題解決能力が求められています。そこで,理学部では「発見し,はぐくみ,かたちにするための科学的論理性及び 柔軟で創造的な思考方法を身につけ,現象の普遍性を明らかとすることにより人類と自然との共生や地域社会の発展に 貢献できる人材の育成を目指す」ことを教育の成果に関する目標とし、そのため,今後,必要なカリキュラムと 履修コースの改革に取り組む予定です。
研究面ではCOE(国際的に優れた研究組織としての認定)への発展を期して研究推進体が全学的に 組織される予定です。学部では,上記の教育の血肉となる地道な研究や,地の利を得た特色ある研究に一定の助成を行い, その発展を図る計画です。
法人化後のこうした目標・計画は本学の中期計画・中期目標の参考資料として文部科学省に提出後, ホームページに掲載し,学内外の皆様のご意見を求め,より豊かな具体的アクションプログラムを策定し,年次毎に 実行することになります。国立大学の法人化を契機に,大学の自主性・目律性を高め,教育研究の活性化を図り, 我が国の高等教育及び学術研究の均衡ある発展により一層の貢献ができるように,尽力する覚悟です。

 

2004年4月1日

 

2003年(平成15年)~2008年(平成20年)発表

発表年月タイトル発表物
2003年(H15)4月 学部長就任のあいさつ 理学部ホームページ
2003年(H15)6月 国立大学法人について 理学部後援会便り
2003年(H15)10月 2003年秋、共生と競争 サイエンスワンダーランド2003年10月
2004年(H16)3月 環境保全とリサイクル 排水処理センター年報 「山口大学環境保全」19巻
2004年(H16)9月 法人化元年の秋 (PDF) サイエンスワンダーランドin理学部, Vol.8
2004年(H16)11月 理学部の近況 (PDF) 山口大学宅急便2004
2004年(H16)12月 所信表明 (PDF) 理学部長候補所信表明書
2005年(H17)2月 理学部の近況と将来計画 (PDF) 理学部同窓会 鴻理会会報
2005年(H17)3月 巻頭言 (PDF) サイエンスミニカレッジ報告書
2005年(H17)3月 ごあいさつ (PDF) サイエンスワールド2005ごあいさつ
2005年(H17)4月 大学における研究と教育(PDF) サイエンスワンダーランドin理学部,Vol.9
2005年(H17)10月 サイエンスワールドへようこそ (PDF) サイエンスワールド7th開幕あいさつ
2006年(H18)3月 巻頭言(PDF) サイエンスミニカレッジ報告書 2005
2006年(H18)4月 学部・大学院の改組にあたって 理学部ホームページ
2006年(H18)4月 向学心と動機付け (PDF) サイエンスワンダーランドin理学部, Vol.11
2006年(H18)9月 はじめに (PDF) 理学部の現状と課題3
2006年(H18)11月 サイエンスはアートだ(PDF) サイエンスワールド2006
2006年(H18)12月 所信表明(PDF) 理学部長候補所信表明書
2007年(H19)3月 巻頭言(PDF) サイエンスミニカレッジ報告書
2007年(H19)4月 卒業証書のおもみ(PDF) サイエンスワンダーランドin理学部,Vol.13
2007年(H19)5月 国立大学法人の評価と運営費交付金制度について(PDF) 理学部ホームページ
2007年(H19)6月 運営費交付金問題を考える 理学部同窓会 鴻理会会報
2007年(H19)12月 所信表明(PDF) 理学部長候補所信表明書
2008年(H20)1月 所信表明(PDF) 理工学研究科長候補所信表明書
2008年(H20)3月 巻頭言(PDF) サイエンスミニカレッジ報告書
2008年(H20)4月 保護者の皆様へ(PDF) サイエンスワンダーランドin理学部,Vol.15
2008年(H20)12月 山口大学理学部(PDF) 全国理学部長会議 讀賣新聞新聞広告

サイエンス・ミニ・カレッジ2008 報告書

巻頭言

サイエンス・ミニ・カレッジ校長(学部長) 増山博行

 

21世紀の多様な課題を「発見し・はぐくみ・かたちにする」、豊かな「知の広場」と位置づける山口大学にあって、 理学部は数理、物理、情報、生物、化学、地球の6つの分野の基礎科学の教育研究を担っている。 この分野の科学の重要性とその楽しさを知ってもらうとともに、基礎科学の教育・研究成果を地域社会に還元するため、 「サイエンス・ミニ・カレッジ」を開催して7年が経過した。この間、2004年には国立大学は独立法人に移行し、 研究成果の文化・産業への還元の社会貢献は教育・研究と並ぶ大学の使命と位置づけられている。

このカレッジの重要な企画のひとつであるサイエンスワールドは、カレッジよりも歴史が古く、今年度10回目を迎え、 学生・院生による自主企画・展示が始まった。これは学生らが学んでいること・研究していることを題材に、 市民にわかりやすく説明することを通じて、学習・研究の内容をもう一度掘り下げ、また、プレゼン能力を磨こうと するものである。この取り組みは「サイエンス実習」として学生の単位認定の対象となり、インターンシップとともに、 OJT(on-the-job training:具体的な仕事を通じて、必要な能力を磨き、学習効果を高める)教育として 位置づけられている。

さて、2008年は日本の科学史に残る年であったといえる。我国の4名の科学者がノーベル物理学賞・化学賞を 受賞した。しかも特筆すべきは35~50年前の研究業績が評価されたということであろう。賞を目指して巨額の 研究費が投資されるという話も聞くが、そうした目的研究の成果ではなく、「なぜだろう」という科学者の探求心に 対する自然の女神からのたまものであった。

ところで、今年度は国立法人大学法人の第1期中期計画の中間評価の年と位置づけられ、学部の教育・研究の現況調査に 基づき、外部評価が行われた。その結果、理学部のサイエンス・ミニ・カレッジおよびサイエンスワールドの取り組みは 教育研究の質の向上に貢献しているとの評価を受けている。しかし、冒頭に述べたように、評価を得るために行っている 企画ではなく、科学するよろこびを市民と分かち合い、基礎科学研究への理解を求めるための取り組みであった。 この初心を大切に、大学の使命の全うに努める所存である。また、この報告書を手にした学内外の諸氏の助言と激励を もらえると幸いである。昨年のノーベル賞を教訓に、国立大学法人に対して4~6年間での成果を問うような現行の システムが見直されることも期待したい。

2009年3月

 

先頭に戻る


サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.