学部長あいさつ

tanaka.jpg 理学部長の田中です。理学部は科学することに興味を持つ皆さんを歓迎します。人にはホワイ(why)型人間とハウ(how)型人間があるといわれています。ホワイ型は、物事の成り立ちや存在そのものに疑問を投げかけようとし、ハウ型はどのようにしたら目的に効率的、効果的に到達できるかを考えるとされます。前者は発見型、後者は発明型にたとえられます。発見は未知の事物や現象を新しく見つけること。発明は自然の力や法則を利用して、事物を創作することです。例として遺伝学のメンデルや進化論のダーウィンはホワイ型、蒸気機関のワットや電信電話のエジソンはハウ型だったとされます。

 

子供たちが親に向かって、何で?とか,どうして?とか言うのをよく目撃します。まさにホワイ型人間です。現代社会には様々な便利な技術が開発され,われわれもその恩恵をこうむっております。それぞれの技術の開発には多くの技術者がかかわっておりますが、彼らの拠り所となる原理原則は、なぜ?という疑問から生みだされたものに他ならないといえます。私たちは、君たちのホワイに答えられるような、教育を目指し、君たちとともに、新しい真理を発見したいと考えております。ハウは急がれますが、ホワイは時として長い時間がかかることもあろうかと思います。将来を視野に入れた、新しいホワイを大切にしていきたいと考えています。

 

学部長のつぶやき

タグ:
サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.