News

[2017/5/24] 生物化学科卒業生の小林優介博士らが葉緑体分裂・増殖時にDNA分配を制御する酵素を発見

理学部生物化学科卒業生の小林優介博士(京都大学大学院理学研究科、現国立遺伝学研究所)は、生物化学科の三角修己准教授、京都大学大学院理学研究科の西村芳樹助教らと、植物の葉緑体がもつ“葉緑体DNA(葉緑体核様体)”の分配(遺伝)を制御する遺伝子MOC1と、この遺伝子がコードする葉緑体型ホリデイジャンクション解離酵素を発見し、その研究成果をScience誌に発表しました。

ホリデイジャンクションとはDNA損傷の修復、複製、減数分裂の際にみられる、 DNA配列がよく似た部分同士で組換え(相同組換え)を起こす過程であらわれる構造ですが(図1)、葉緑体核様体ではこの構造がどのように切断されているの不明でした。また本研究において、葉緑体が増殖する際のDNAの正常な分配に、この酵素が必須であることが明らかにされました。本酵素の発見により、葉緑体ゲノムにおける相同組換え機構の解明、さらには新たな物質生産に向けた葉緑体工学などの応用研究への展開も期待されます。

図1 DNA相同組換えとホリデイジャンクション形成過程の模式図。今回はじめて葉緑体型ホリデイジャンクション解離酵素が発見された。

 

Kobayashi, Y., et al. "Holliday junction resolvases mediate chloroplast nucleoid segregation." Science 356.6338 (2017): 631-634. DOI: 10.1126/science.aan0038

 

http://science.sciencemag.org/content/356/6338/631.full

[2017/5/15] 大園宣明君が国際深海掘削計画航海の乗船研究者として米国の掘削船に乗船

大園宣明君(創成科学研究科1年)が国際深海掘削計画第368次航海の乗船研究者として,米国の掘削船ジョイデス・レゾリューション号に乗船しています.南シナ海の形成過程解明を目的とした国際プロジェクトに日本側の唯一の研究者としてがんばっています.約2ヶ月の航海ですが,海外研究者たちとの昼夜を問わぬ議論は,切磋琢磨できる最高の機会です.

[2017/5/8] 綱島亮准教授が学術雑誌Angew. Chem.のトップ5%審査員になりました

綱島亮准教授が化学分野を代表する学術雑誌Angew. Chem.のトップ5%審査員になりました

化学系の世界トップクラスの学術雑誌と知られているAngew. Chem.(Angew. Chem. Int. Ed.)のreviewerとしての審査数(2016年)が上位5%であり、感謝状が届きました。

[2017/4/27] 第1回理学部講演会が開催されました

4月24日に Johannes Schoenke 氏(沖縄科学技術大学院大学)による理学部講演会「Giving a Scientific Presentation - An Introduction to Modern Digital Visualization Techniques」が開催されました。

近年、科学データの可視化・プレゼンテーション技術の発展により、複雑な現象に対する新しい洞察や直感的な説明が可能になってきています。

Schoenke さんは、磁石や構造力学に関する自身の研究の紹介を兼ねて、無料で誰にでも簡単に使える web 技術を用いて、インタラクティブでアトラクティブなプレゼンテーションを行う方法について講演されました。

[2017/4/17] 化学コースの高佐原未乙さんが副学長表彰

生物・化学科化学コース3年生の高佐原未乙さんが,平成28年度副学長表彰の対象者に選ばれました。これをうけて宮川生物・化学科長および川俣化学分野長同席のもと松野学部長から表彰状が授与されました。

この賞は,山口大学で開催されるTOEIC-IPテストにおいて860点以上の高得点を得た学生を対象に授与されるものです。

将来は化学分野の仕事に就きたいということでしたが,松野学部長からどの分野に進んでも語学は重要であるので,引き続き英語の勉強を頑張ってくださいという激励の言葉がありました。

サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.