News

[2018/3/29]平成29年度山口大学理学部サイエンス・セッションU18を開催しました

平成30年3月17日(土),大学会館において平成29年度山口大学理学部サイエンス・セッションU18を開催しました。このセッションは,本学部の高大連携事業のひとつとして,県内教育機関の協力のもとに昨年度から実施しているもので,高校生の個人又はグループが,各学校のクラブ活動等において進めている自然科学,情報科学,数学,応用化学等に関する研究活動の成果を発表し,かつ,情報共有することにより,科学探究への興味推進を図るものです。

今年度は,県内の6学校をはじめ,福岡県1校,島根県の2校の計8校から48組のエントリーがなされ,約180名の方々に参加いただきました。

当日は,午前中に事前の予備審査を突破した6校の口頭発表が行われ,各校緊張しながらも,自分たちが取り組んでいる研究成果をコンパクトに整理し発表した後,活発な質疑応答がなされました。また,午後からは,展示スペース等においてポスター発表があり,参加者それぞれが興味をもった課題の発表者から説明を受けるなど,他のグループの研究成果にも熱心に耳を傾けていました。

最後に,口頭発表及びポスター発表の審査を行い,最優秀賞,理学部長賞や審査員として参加いただいた各企業からの審査員特別賞などを決定し,賞状と副賞を贈呈しました。主な受賞は以下のとおり。

 

◆口頭発表の部

最優秀賞  島根県立浜田高等学校 「水の温度による音の違いについて」

優秀賞   山口県立萩高等学校  「リモネンの研究~夏みかんの有効活用~」

理学部長賞 福岡県立香住丘高等学校「かくれんぼ-hide and seek-」

 

◆ポスター発表の部

最優秀賞  山口県立宇部高等学校 「初心者の上達を早めるコツを探る」

優秀賞   学校法人山口高川学園 「山口県産カワネズミの分布と環境への適応」

高川学園中学高等学校

優秀賞   島根県立浜田高等学校 「フィボナッチ数列~4項間からみえる性質~」

理学部長賞 山口県立萩高等学校  「n進法におけるダイヤル数の性質の研究」

 

◆審査員特別賞(BPP賞)

山口県立下関中等教育学校「ペットボトルロケットの研究」

福岡県立香住丘高等学校「流体に作用する粘性抵抗の低減効果に関する研究」

 

◆審査員特別賞(株式会社コア賞)

島根県立浜田高等学校「浜田市におけるツキノワグマの目撃傾向の分析」

福岡県立香住丘高等学校「ジャイロ式波力発電におけるジャイロ機構の研究」

 

◆審査員特別賞(科学萌芽賞)

島根県立浜田高等学校「貝殻に含まれるアミノ酸の種類の違いが生体に及ぼす影響」

山口県立宇部高等学校「触媒膜を用いた水の浄化に関する研究」

 

◆審査員特別賞(湯田自動車学校賞)

山口県立徳山高等学校「ニホンコウジカビの生育環境によるビオチン生成量の変化」

山口県立宇部高等学校「すごろくの世界」

 

◆審査員特別賞(UISベストプレゼンテーション賞)

福岡県立香住丘高等学校「水溶液境界面の拡散速度の測定と溶質物性に関する研究」

福岡県立香住丘高等学校「凝析の研究」

[2018/3/29]山口大学初代学長 松山基範先生の書を寄贈いただきました

[2018/3/29]山口大学初代学長 松山基範先生の書を寄贈いただきました

左から野崎教授,高橋信夫氏,松野理学部長

このたび,理学部の元教授であり,本学の名誉教授でもあった高橋英太郎先生(地学)の御子息で長男の高橋信夫氏から,大学創設時である昭和24年当時に,本学の初代学長である松山基範先生が同元教授に送られた手紙の書を寄贈いただきました。松山先生は地球磁場の反転を世界で初めて唱えた地球物理学者です。

寄贈いただいた書には,山口大学の初代学長の就任を引き受けるに当たり,立派な大学にしていきたい旨の松山先生の決意表明のようなものが記されているとのこと。昨年秋の地球の歴史を区切る地質年代(約77万~12万6千年前)名がチバニアン(千葉時代)と命名される見通しとなったとの報道がありましたが,この命名は千葉県に地磁気逆転の痕跡があることに由来するものです。

この報道等を受け,松山先生の偉業を,地学を志す若い人たちに少しでも身近に感じていただければとの思いで寄贈を思いついたとのことでした。

3月22日(木),松野理学部長と野崎教授が山口市内にある信夫氏のご自宅を訪れ,感謝の意をお伝えしました。

[2018/3/20]原添修司君が電子情報通信学会の研究会で優秀賞を受賞

3月12~14日に大阪大学基礎工学部で開催された電子情報通信学会システム数理と応用研究会で、物理・情報科学科4年生の原添修司君が「単語発音記述と基礎語彙による言語分類の比較とその統合手法の性能評価」の題目で発表し、WIPセッション優秀賞を受賞しました。この研究会でのWIPセッションので発表されたものの中から、研究専門委員会が優秀で発展性のある研究を選び、表彰するものです。写真は、研究専門委員会の名嘉村盛和委員長(琉球大教授)との授賞式の記念撮影時のものです。

[2018/3/14]中尾嘉宏さんがポスター賞を受賞

本学大学院創成科学研究科(物理)修士課程1年生の中尾嘉宏さんが、平成30年3月8日~9日に広島大学学士会館において開催されたThe 22nd Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiationにおいてポスター賞を受賞しました。中尾さんはHeパスを用いた液体の軟X線吸収分光装置の開発を行い、照射軟X線に対する試料と検出器の配置を工夫することで検出信号強度を増大させ、これまで困難と思われていた一般的な軟X線ビームラインでの液体試料の吸収スペクトル測定に成功しました。

この成果発表において多くの投票数を獲得し、ポスター賞を受賞されました。

おめでとうございました。

 

学会名:The 22nd Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation

受賞者:中尾嘉宏(山口大学大学院創成科学研究科1年)

発表題目:Development of an apparatus for soft X-ray absorption experiments of solid and liquid samples under atmospheric helium gas environment

[2018/3/6]吉村典子さんがポスター賞を受賞

本学大学院創成科学研究科(物理)修士課程1年生の吉村典子さんが、平成29年10月18日~20日にイーグレひめじ(あいメッセホール)において開催された第40回溶液化学シンポジウムにおいてポスター賞を受賞しました。この賞は35歳以下のPDおよび学生のポスター発表者を対象に選考される賞です。吉村さんは軟X線を用いた溶液中の有機分子の電子状態観測を行い、照射光に2種類の偏光を用いた発光分光結果を解析することで、溶液の濃度変化に対する酢酸分子の構造変化を調べた研究発表において表彰されました。

おめでとうございました。

 

学会名: 第40回溶液化学シンポジウム

受賞者: 吉村典子(山口大学大学院創成科学研究科1年)

発表題目:軟 X 線分光による酢酸/1-メチルイミダゾール混合液体の電子状態観測

[2018/2/23]藤野遼也さんが奨励賞(学生部門)を受賞

本学理学部生物・化学科生物学コース4年生の藤野遼也さん[指導教員:山中 明教授]は、2017年度の日本農芸化学会中四国支部 奨励賞(学生部門)を受賞しました。本賞は、学業優秀かつ、今後、農芸化学関連分野で活躍を期待される学部学生に対して贈られる賞です。藤野遼也さんは、卒業研究内容を本支部主催の学会で口頭発表され、今春からは林兼産業(株)(東証一部:食品;やまぐち未来創生人材育成・定着促進事業協働機関に参画)の研究員としてその将来の活躍が期待されての受賞です。

[2018/1/12]平成29年度理学部研究交流会が大学会館で開催

平成30年1月5日 平成29年度理学部研究交流会が大学会館で開催されました。

今年度から博士課程の大学院生もステップアップ研究助成へ応募可能となったことで,院生の研究課題8件を含む計16件の研究課題が採択されました。

当日は,冷たい雨が降る一日でしたが,ステップアップ研究を中心とした13件の口頭発表,10件のポスター発表が行われ,熱い討論が繰り広げられました。

 

今年度のベストプレゼンテーション賞は,以下の3名の方が受賞されました。

    • 最優秀発表賞    物理D1  家鋪 真衣
    • 優秀賞            化学D2  西山 尚登
    • 優秀賞     地学D1  中川 孝典

 

[2018/1/10]物理・情報科学科の助廣沙知さん・平野あゆみさん、大学院創成科学研究科の金澤翔さんがVLBI懇談会シンポジウムにて学生優秀発表賞受賞

本学理学部物理・情報科学科4年生の助廣沙知さん、平野あゆみさん、大学院創成科学研究科(物理)修士課程2年生の金澤翔さんの3名が、平成29年12月22日〜23日に帝京科学大学において開催された2017年度VLBI懇談会シンポジウムにおいて学生優秀発表賞を受賞しました。

それぞれの講演では、助廣さんは大学連携VLBI観測網を用いた銀河系内のブラックホール候補天体の新たな観測計画について、平野さんは国立天文台VERAを用いたガンマ線を放射する巨大ブラックホール天体3C84の高頻度VLBIモニター観測の成果について、金澤さんは山口大学の新たな観測装置である山口第二望遠鏡(口径34m)に搭載する冷却受信機や周波数変換装置の開発について報告を行いました。
おめでとうございます。

 

  • 優秀ポスター発表賞
    • 山口大学理学部物理・情報科学科 助廣沙知
    • 題目: VLBI観測による銀河中心領域のブラックホールの探査

  • 優秀口頭発表賞
    • 山口大学大学院創成科学研究科 金澤翔
    • 発表題目: 山口第二電波望遠鏡に搭載する低雑音受信機の開発

  • 最優秀口頭発表賞
    • 山口大学理学部物理・情報科学科 平野あゆみ
    • 題目: GENJIによる電波銀河3C84の電波構造の変化とガンマ線活動の関係
サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.