Events

[2018/11/1]第5回理学部講演会

ガラス加工技術に関わる表面・界面化学(宮谷克明:AGC株式会社)

イベント詳細

日時

2018年11月01日
13時00分 から 14時20分 まで

場所

山口大学理学部22番講義室

連絡先名称

安達健太

連絡先電話番号

5731

カレンダーに追加

演題:ガラス加工技術に関わる表面・界面化学

講師:宮谷克明 先生(AGC株式会社 商品開発研究所 マネージャー)

講演概要:

ガラスは古代には装飾品として、現代では建材や車、ディスプレィなど幅広く使用されている。特に、電子デバイスに使用されるガラスにおいては、その品質スペックを満たす為、研削、研磨、洗浄技術を駆使した加工ガラスが使われることが一般的である。また、さらなる機能化を進める上で、微細加工、成膜技術を付与する形で製品となっているものが増加している。これまで加工技術といえば、機械加工分野の知見を活かした形状コントロール技術が中心であった。しかしながら、ガラスの表面を、凹凸がナノオーダーになるまで粗さを制御する事や、目では見えないサブミクロン以下の欠点を除去する事が求められるようになり、それらの開発には、表面・界面化学の知見を活かしたブレークスルーが必要になってきている。
本公演では、ガラスの加工技術と表面・界面化学のかかわりを説明しながら、ものづくりの楽しさを感じでいただければ幸いである。

 

詳細はwebにてご確認ください。

 

主催:山口大学研究推進体「先端的な計測・分析機器基盤技術の創出」

共催:山口大学理学部

このイベントの詳細情報...

[2018/10/27]サイエンスワールド2018

サイエンスワールド2018 〜20周年 今年もやるよ!科学の体験〜

イベント詳細

日時

2018年10月27日
10時00分 から 17時00分 まで

場所

第2学生食堂「きらら」」(受付)

カレンダーに追加

山口大学理学部では、県内外の中学校、高等学校、博物館・科学館、研究機関と連携し、小中高生のみならず広く地域の皆様に、自然科学の魅力を楽しくわかりやすく伝えることを目的に、サイエンスワールドを毎年開催しております。
今年も第20回目となる山口大学理学部サイエンスワールド2018「サイエンスワールド2018 〜20周年 今年もやるよ!科学の体験〜」を開催することとなりました。ご家族でぜひお越し下さい。


日時  :2018年10月27日(土)  10:00~17:00

(16:30受付終了)_

場所  :第2学生食堂「きらら」(受付)・理学部本棟・大学会館
対象  :学生(小・中・高)・一般
事前申込:不要
入場料  :無料
駐車場  :あり(無料、駐車場係員の指示にしたがってご利用ください)


主な予定:

・特別企画「宇宙物理学薩長同盟講演会」

・大学生による企画

・YCAMとのコラボによる企画

・外部博物館等による企画

岩国市立ミクロ生物館,防府市青少年科学館ソラール・

宇部市石炭記念館・人類学ミュージアム

・理学部ミステリーツアー(理学部内の実験室を巡ってミステリー体験)
・夢化学21(一日体験化学教室)


すべてのイベントは、小さなお子さんでも保護者のかたと一緒に来て頂ければ参加可能です。

 

詳細はこちら

[2018/10/20]日本細胞性粘菌学会(山口大会)の開催について

イベント詳細

日時

2018年10月20日 09時30分 から
2018年10月21日 13時00分

場所

吉田キャンパス大学会館

連絡先名称

祐村恵彦(生物)

連絡先電話番号

5717

カレンダーに追加

 

平成30年10月20日(土),21日(日)に,理学部後援のもと日本細胞性粘菌学会(山口大会)を開催します。大会にはどなたでも入場できます。

詳細はココ(http://dicty.jp/meeting) から。

20181020

[2018/9/21]第4回理学部講演会

脊椎動物のボディプランの開始点〜脊索が先か、神経が先か(黒田裕樹:慶應義塾大学)

イベント詳細

日時

2018年09月21日
13時00分 から 14時00分 まで

場所

理学部12番講義室

連絡先名称

上野秀一(生物)

連絡先電話番号

5724

カレンダーに追加

演題:脊椎動物のボディプランの開始点〜脊索が先か、神経が先か

講師:黒田裕樹  (慶應義塾大学・環境情報学部・准教授)

講演要旨:

脊椎動物の初期発生段階の主役的な領域が原腸胚期のオーガナイザー領域であろう。この領域は周辺の細胞群に対して様々な発生運命を誘導しながら脊索へと発展していく。誘導される運命のひとつが神経である。なぜなら原腸胚期にオーガナイザーを移植した先では二次的な神経が形成されるからだ。一方、人工的にオーガナイザーを形成しないように導いたとしても、不思議なことに神経は残る。オーガナイザーの発生運命を脊索とするならば、神経と脊索はどちらが先に胚の中ではどちらが先に決定される発生運命なのだろうか。本セミナーでは、その核心について、脊索が形成される機構も交えながら解説していく。

[2018/9/20]第3回理学部講演会

細胞内共生説の謎(佐藤直樹:東京大学)

イベント詳細

日時

2018年09月20日
16時00分 から 17時30分 まで

場所

理学部22番講義室

連絡先名称

三角修己(生物)

連絡先電話番号

5715

カレンダーに追加

演題:細胞内共生説の謎

講師:佐藤直樹先生 (東京大学大学院総合文化研究科 教授)

講演要旨:

葉緑体の起源に関する細胞内共生説では,膜系が丸ごとシアノバクテリアからもたらされたかのイメージが描かれているが,葉緑体のペプチドグリカン合成系,脂質合成系,DNA複製システムなどはシアノバクテリア起源ではない。葉緑体リボソームの獲得を一次共生と考えたとき,これは間違いなくシアノバクテリア起源であるが,脂質合成系は基本的に別起源であり,一次共生以前に獲得された酵素もある。光合成系はシアノバクテリア起源であるが,獲得時期は一次共生以前かもしれない。一方,脂肪酸合成系の多くの酵素は一次共生とともにシアノバクテリアからもたらされたと考えられる。これらの知見に基づき,細胞内共生説の内容を改めて再検討することを提案する。

サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.