Events

[2017/5/31]第3回理学部講演会

最小生物,マイコプラズマの滑走運動 -メカニズムと起源-(宮田真人:大阪市大学)

イベント詳細

日時

2017年05月31日
15時00分 から 16時00分 まで

場所

理学部22番講義室

連絡先名称

祐村 恵彦

連絡先電話番号

5717

カレンダーに追加

演題:最小生物,マイコプラズマの滑走運動 -メカニズムと起源-

演者:大阪市大学理学部・宮田真人 先生

 

概要:

魚病原性細菌であるマイコプラズマ・モービレは,菌体の片側に滑走の装置を形成し,固形物表面をすべるように動く‘滑走運動’を行います.この運動は毎秒4.5ミクロンにも達しますが,他の生体運動と根本的に異なるユニークなものです.私たちは1997年から現在までに,装置の構造,構成タンパク質,結合対象,エネルギー源,力学特性,などを明らかにし,そのメカニズムを提案しました.「ATP合成酵素に由来する特殊なモーターで発生した力が,外部表面に伝わる.その力は巨大な“クランク”タンパク質を介して,もうひとつの巨大な“あし”タンパク質450分子を動かし,宿主表面のシアル酸オリゴ糖を,つかみ,引っ張り,離すことにより,菌体を前に進める」セミナーでは,生体運動の起源と分布についての議論も行います.

 

参考)

Miyata M, Hamaguchi T (2016) Current Opinion in Microbiology. 29, 15-21. PMID 26711226. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1369527415001307

Miyata M, Hamaguchi T (2016) Frontiers in Microbiology 7, 960. PMID 27446003.

http://journal.frontiersin.org/article/10.3389/fmicb.2016.00960/full

_

[2017/5/24]第2回理学部講演会

Uniform asymptotic profiles of stationary wave propagation in perturbed two-layered media(門脇光輝:滋賀県立大学)

イベント詳細

日時

2017年05月24日
16時10分 から 17時20分 まで

場所

12番講義室

カレンダーに追加

題目:  Uniform asymptotic profiles of stationary wave propagation

in perturbed two-layered media


講師:  門脇光輝(滋賀県立大学教授)

 

概要:    摂動された二層媒質が占める3次元無限領域における波動方程式の

定常解とその空間遠方での漸近形の一様性を考察する。

[2017/4/24]第1回理学部講演会

Giving a Scientific Presentation - An Introduction to Modern Digital Visualization Techniques(Johannes Schoenke:OIST)

イベント詳細

日時

2017年04月24日
14時30分 から 16時00分 まで

場所

理学部13番講義室

カレンダーに追加

タイトル:

Giving a Scientific Presentation - An Introduction to Modern Digital Visualization Techniques


講演者:Johannes Schoenke

Okinawa Institute of Science and Technology (OIST)

アブストラクト:

A scientific presentation is given using only web technologies (like HTML, JavaScript, CSS, etc.) and the advantages regarding animated or interactive 2D/3D visualizations are illustrated with several examples from classical mechanics and magnetism. Because web technologies are so important for our modern information era, they are open and free standards, which are well documented and developed. Therefore, web technologies can be (re)used for many different purposes in science, including presentations, websites, publications, everyday visual data analysis, notes, etc. The talk might be interesting for people who like to prepare documents or presentations programmatically (for example with Latex typesetting) or who want to update their websites. Further, some people may be interested in what is possible regarding presentations beyond the limits of proprietary products like Powerpoint or Keynote.

[2017/3/16]第8回理学部講演会

染色体の高次構造や動きの解析で見えてくる新しい染色体機能発現機構について(上野勝:広島大学)

イベント詳細

日時

2017年03月16日
15時00分 から 16時00分 まで

場所

理学部11番講義室

連絡先名称

宮川 勇

連絡先電話番号

5716

カレンダーに追加

要旨:

染色体は細胞核の中で高次構造を形成し、それが染色体の機能発現に重要な役割を果たしていると考えられている。分裂酵母では、セントロメアや染色体末端(テロメア)は核膜に結合し、それが染色体の高次構造維持や機能発現に貢献している(1)。さらに染色体の動き(運動)も染色体の機能発現に関係していることもわかってきた。しかし、どのような要因が染色体の動きを制御するのかはほとんど分かっていない。

そこで、我々はどのような因子が染色体の動きに影響を与えるのかを調べるために、生きたままの分裂酵母のセントロメアやテロメアの動きを、蛍光顕微鏡観察を用いて観察し、そのデータをトラッキングすることで、セントロメアやテロメアの動きを定量化した。高グルコース(10%)や低グルコース(0.04%)培地などを用いて観察・解析を行ったところ、セントロメアの動きは高グルコースに比べて、低グルコースで著しく低下した。このことからセントロメアの運動は、細胞外グルコース濃度に依存することを発見した。一方で、テロメアの動きは高グルコース、低グルコースでもほぼ同じ値を示した。セントロメアの動きはATP阻害剤で著しく低下したのに対して、テロメアの動きはATP阻害剤の影響を部分的にしか受けなかった。これらのことから、テロメアとセントロメアの動きは、それぞれ独立に制御されていることがわかった。さらに栄養豊富な培地に比べて、栄養が乏しい培地のほうが、セントロメアとテロメアの動きが大きいことも発見した。本発表ではこれらの運動の意義について議論したい。

真核生物の染色体は線状であるが、ある種のがんや遺伝病患者には、環状染色体が見つかる。染色体が環状化すると、染色体の高次構造や動きに大きな影響を受けると思われるが、それらの影響はほとんど研究されていない。分裂酵母は染色体末端を保護するタンパク質Pot1の機能を欠損すると、3本全ての染色体が環状化した株が生き残る。そこで、我々は染色体が環状化した分裂酵母の生育に影響を与える遺伝子を探索、解析することで、染色体環状化による高次構造や動きの変化の影響を解明してきた(2)。本発表では、DNAダメージチェックポイント因子である9-1-1複合体が、DNA複製が阻害される条件で、環状染色体の維持に重要な役割を果たすことを発見したことについて紹介する。環状染色体という特殊な状態に注目することで、これまで見えなかった染色体機能発現機構を浮き彫りにしたいと考えている。

 

参考文献

1.  Sci. Rep. 2016. 6:18757. A diffusion model for the coordination of DNA replication in Schizosaccharomyces pombe. Pichugina T, Nurse P, Ueno M, O'Sullivan JM. その他8名.

2.  Mol. Cell. Biol. 2013. 6:1175-87. Fission yeast RecQ helicase Rqh1 is required for the maintenance of circular chromosomes. Nanbu T, Ueno M. その他8名.

[2017/2/25]第5回山口大学学術資産継承事業成果展『宝山の一角』

イベント詳細

日時

2017年02月25日 09時00分 から
2017年03月02日 17時00分

場所

山口大学埋蔵文化財資料館

カレンダーに追加

現在,埋蔵文化財試資料館で第5回山口大学学術資産継承事業成果展『宝山の一角』が開催されています。

理学部からは「地震と断層」というテーマで地球科学標本室の標本を前期展に出展中です。

 

近年,日本では大きな地震が多発し,「地震」や「断層」という言葉を日常的に耳にするようになりました。地震は岩盤の破壊によって起こり,その岩盤の破壊の跡が断層です。実際に断層とはどのようなもので,その記録がどのように岩石に残されるのかを実物標本で紹介しています。

このイベントの詳細情報...

サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.