Events

[2017/8/30]第6回理学部講演会

植物の光シグナルによる新奇遺伝子発現制御機構(松下 智直:九州大学)

イベント詳細

日時

2017年08月30日
13時30分 から 15時00分 まで

場所

理学部1号館 12番教室

連絡先名称

武宮 淳史

連絡先電話番号

5722

カレンダーに追加

演題:   植物の光シグナルによる新奇遺伝子発現制御機構

 

講師:      松下 智直  (九州大学 大学院農学研究院 准教授)

 

要旨:

植物にとって光は、光合成のエネルギー源であると同時に、周辺環境を把握するためのシグナルとしても極めて重要である。植物は、フィトクロムなどの光受容体を用いてこの光シグナルを捉え、自らの形態や代謝を調節することで、絶えず変動する周辺環境に適応している。

フィトクロムは、細菌の二成分制御系におけるヒスチジンキナーゼを起源とする、植物の主要な光受容体であり、赤色光/遠赤色光によって可逆的に活性化/不活性化されるという特徴的な性質を持つ。これまでの研究から、赤色光によって活性化されたフィトクロムは、PIFと呼ばれるbHLH型の転写因子群を直接抑制し、その標的遺伝子の転写量をゲノム規模で変化させることによって、植物の様々な光応答を引き起こすということが明らかにされている。

我々は最近、フィトクロムが、転写量の制御に加えて、遺伝子発現のその他の過程をもゲノム規模で直接制御し、mRNAの量だけではなく質も変化させることで、植物の光応答を引き起こすことを発見した。本講演では、このフィトクロムによる新奇の遺伝子発現制御機構と、その生理学的意義について、最新の成果を紹介したい。

※本セミナーは生物科学特別講義の一部です。

 

連絡先:   武宮 淳史(理・生物・植物細胞シグナル学研究室)

[2017/9/21]第5回理学部講演会

アジアの完新世デルタの成立と海水準変動(齋藤 文紀:島根大学)

イベント詳細

日時

2017年09月21日
16時10分 から 17時40分 まで

場所

理学部22番教室

カレンダーに追加

演題:   アジアの完新世デルタの成立と海水準変動

 

講師:      齋藤 文紀

(島根大学エスチュアリー研究センター/産業技術総合研究所地質調査総合センター)

 

概要:

アジアには、ガンジス・ブラマプトラデルタ、メコンデルタ、長江デルタ、黄河デルタなど多数のデルタ(三角州)が分布しています。広大で低平な平野を持つこれらのデルタは、メガデルタとも呼ばれます。これらのデルタが、どのように形成されてきたのか。最も制約を与えてきたのは、完新世の海水準変動です。デルタの成立とその後の成長と発達、アジアのデルタの特徴、そして人間活動に伴う近年の破壊や崩壊。いくつかのデルタの研究例をもとに、最新の研究成果を報告します。

 

[2017/7/5]第4回理学部講演会

画像不正と疑われないための画像処理(湖城恵:上智大学)

イベント詳細

日時

2017年07月05日
16時10分 から 17時10分 まで

場所

理学部 15番教室

連絡先名称

祐村恵彦

連絡先電話番号

内線5717

カレンダーに追加

演題:   画像不正と疑われないための画像処理

 

講師:      上智大学理工学部 湖城 恵 先生

アドビエデュケーション提案企画

 

概要:

得られた原画像を客観的・定量的に評価するためには、画像処理を活用することは必 須です。しかし適切な画像処理を行わないと、正確な研究結果が得られないばかりか、 画 像 不 正 と 疑 わ れ て し ま う 可 能 性 も あ り ま す 。本 セ ミ ナ ー で は 、自 身 が 研 究 者 で あ り 画 像処理のエキスパートの講師を迎えて、研究画像を処理するうえで知っておきたい知識 と手法を、Adobe Photoshop CCを使ったデモを交えながらお伝えします。2015年から 全国の大学で行っているセミナーを2017年版として、新たな情報も加えて開催いたしま す。ぜひご参加ください。

ポスター

[2017/5/31]第3回理学部講演会

最小生物,マイコプラズマの滑走運動 -メカニズムと起源-(宮田真人:大阪市大学)

イベント詳細

日時

2017年05月31日
15時00分 から 16時00分 まで

場所

理学部22番講義室

連絡先名称

祐村 恵彦

連絡先電話番号

5717

カレンダーに追加

演題:最小生物,マイコプラズマの滑走運動 -メカニズムと起源-

演者:大阪市大学理学部・宮田真人 先生

 

概要:

魚病原性細菌であるマイコプラズマ・モービレは,菌体の片側に滑走の装置を形成し,固形物表面をすべるように動く‘滑走運動’を行います.この運動は毎秒4.5ミクロンにも達しますが,他の生体運動と根本的に異なるユニークなものです.私たちは1997年から現在までに,装置の構造,構成タンパク質,結合対象,エネルギー源,力学特性,などを明らかにし,そのメカニズムを提案しました.「ATP合成酵素に由来する特殊なモーターで発生した力が,外部表面に伝わる.その力は巨大な“クランク”タンパク質を介して,もうひとつの巨大な“あし”タンパク質450分子を動かし,宿主表面のシアル酸オリゴ糖を,つかみ,引っ張り,離すことにより,菌体を前に進める」セミナーでは,生体運動の起源と分布についての議論も行います.

 

参考)

Miyata M, Hamaguchi T (2016) Current Opinion in Microbiology. 29, 15-21. PMID 26711226. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1369527415001307

Miyata M, Hamaguchi T (2016) Frontiers in Microbiology 7, 960. PMID 27446003.

http://journal.frontiersin.org/article/10.3389/fmicb.2016.00960/full

_

サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.