学部長のつぶやき

2017年9月6日

8月27日から9月1日の日程で「理学部サマープログラム」が行われました。理学部の国際化を進めるため、昨年度にこれを開催することを決め、昨年8月に台湾の大学を3校9月に中国の大学4校を訪問してこの開催をアナウンスしました。今回は台湾大学、台湾師範大学、湖州師範学院(中国)からそれぞれ2名、9名、3名の計14名の参加がありました。

上海からのフライトが遅れ、中国からの学生が参加できないというハプニングもありましたが、学生食堂での歓迎会からサマープログラムが始まりました。理学部の講義・演習補助や、留学生のお世話などをする学生約20名加わっての開催です。彼ら日本人学生の役割は大きく、思った以上に積極的に留学生に関わっていました。これだけでもこのサマープログラムは成功したと言えます。

2日目は秋吉台で地学と生物の実習です。秋吉台科学博物館の学芸員の皆さんに協力して頂き、フィールドの説明やちょっとした洞くつ探検もしたそうです。これには、美祢青嶺高校の高校生も加わり、高大連携の場ともなりました。
3日目から5日目は理学部の教室は実験室での実習です。情報はコンピュータ室での実習、化学は実験室での分析実験、数学では講義と折り紙を使った実習が行われました。物理では午前の電波天文の講義ののち、山口市仁保に移動して電波望遠鏡の見学が行われました。

全ての実習は滞りなく終わり、6日目の9月1日に閉会の行事が行われました。最初に留学生のそれぞれがが3分スピーチをしました。どの留学生も上手に英語を話していて、日本人学生も刺激を受けたことと思います。修了証書を一人ずつ手渡ししたあとに、場所を移動して昼食会を行いました。理学部学生の粋な計らいで、この日が誕生日の留学生を皆で祝うというサプライズ企画もありました。

準備で色々と大変なこともありましたが、2年がかりで準備してきたサマープログラムが無事終了しました。次の交流行事として、年度末の2月に行われる台湾師範大学でのスプリングプログラムへの参加や、台湾大学・台湾師範大学との研究交流が企画されています。このような活動によって、ますます理学部の国際化を進めて行きたいと思います。

2017年8月28日

沖縄にはミナミコメツキガニという面白い動きをするカニがいます。まさに米をついているようです。このカニは、干潟に生息しているのですが、汐が引くと砂の中から現れて、満ちてくるとまた砂の中にもぐります。また、近づいてきた動物などにより危険を察しても、もぐります。
私の研究室では、多地点に置いた動物の行動を温度・湿度・気圧・照度などの環境要因とともに記録して、そのデータをネットで伝送し、比較検討するシステムの開発を行っていますが、このカニを題材とすべく、その研究をしている琉球大学理学部の竹村先生と打合せをするため、8月25,26日と沖縄に行ってきました。

この研究は、M1の岩政君の修論テーマです。データ測定・伝送装置を竹村研究室に設定するため、彼は一足先23日に沖縄入りしました。25日に彼と合流し、その日の夜には竹村先生や研究員の方と軽く打合せをしたあとに、皆でステーキを食べに行きました。沖縄では宴会のシメにステーキを食べる習慣があるそうで、確かに街のあちこちにステーキハウスがあって、朝まで営業している店も多いそうです。

翌日の26日は、ミナミコメツキガニがいる干潟まで行ったのですが、あいにく満潮でカニを見ることはできませんでした。昼食は琉球大学理学部長の山崎先生とご一緒し、琉球大学のキャンパスも軽く案内して頂きました。

2017年8月1日

先週の土曜日に職場の事務の人たちと岩国市周東町にある「獺祭」の旭酒造に見学に行ってきました。山口市内からだと、山陽自動車道を使って約1時間で着きます。
案内してくれたのは、若い社員の方でした。平均年齢は30歳以下だそうで、工場内で働いている人たちも若い人たちばかりでした。

社屋は12階のビルで、フロアごとに酒造のプロセスが違っています。まず、洗米の作業を見学しました。ここでは、3~4名の従業員が小分けにした米を丁寧に洗う作業をしていました。小分けにしないでいっぺんに洗ってしまえば・・・と思うのですが、米に含まれる水の量が微妙に調整するためだそうです。美味しいものを作るには手間がかかるのですね。
続いて、発酵のフロアを見学しました。それぞれの樽に温度計が付いていたので、この温度はオンラインでデータ処理室に行っているに違いないと思い、聞いてみると、この場に来て目視で確認しているとのことでした。その状態をみて、手作業で断熱材を巻いたり、樽の下にヒーターを置いたりして、人力で調整しているそうです。

この後、広いホールに通されて、会社のビデオを見ました。会社の歴史とともに、データ管理によってお酒の状態を見極めていることも紹介されていました。機会があったら、このデータ管理室も見学したいと思いました。
最後はビン詰めの行程の見学です。担当の人が、強いライトの前を流れるお酒を一本一本確認していました。品質を守るためには、このような苦労があるのですね。

こうして約40分の工場見学が終わりました。この時期に旭酒造の工場見学に行ったのは、実は来週8月7日に本学主催で行う「データサイエンス講演会」に桜井会長をお招きするからです。これで予習はバッチリです。

2017年7月25日

山口の夏は、山口祇園祭で始まります。これは、7月20日から27日まで市内中心部で開催されるもので、山口育ちの私にとって、「明日から夏休み!」の日から始まるお祭りがとても楽しみでした。ただ、昔はお祭りは毎日あったのですが、最近では20日、24日、27日の3日間だけになっていて、今の子ども達は少しかわいそうな気がします。

初日の20日は御神輿が出ます。八坂神社で鷺の舞が行われたあとに、3体の神輿が山口駅通りにある御旅所までかつがれて行きます。帰宅途中にちょうどこの神輿を見ることができました。昨年は防府の裸坊祭の神輿も見ましたが、これと比べると、活気の中にも少し落ち着きがあるのが山口の神輿のような気がします。

24日は市民総踊りです。私も昨年に続いて、参加しました。昨年は30分踊って、15分休んで、また30分だったのですが、今年は20分、10分休み、20分、10分休み、20分のパターンでした。この方が休みが取れていいのですが、今年はアーケード街まで入ったので、見物客を避けながら踊らなくてはならず、ちょっと大変でした。蒸し暑かったものあって、少し疲れました。

最終日の27日は神輿が御旅所から八坂神社に戻ります。また帰宅途中に見物しようと思います。

2017年7月3日

7月1日土曜日に恒例の学部長杯ソフトボール大会がありました。毎年、梅雨の時期に行われるこのイベントですが、今年も前日までの雨もあがり、雲の切れ目に強い日差しを感じながらの大会となりました。
今年も理学部6分野全てから10チームが参加しました。数理チームには、共通教育で英会話を教えているアメリカ人教員の参加もあって、英語交じりの応援でとても盛り上がっていました。

決勝はブロック1から順調に勝ち上がった物理事務連合チームと、ブロック2で共に2勝した数理と物理Aチームからじゃんけんで勝ちあがった物理Aチームの間で行われました。
さすがは決勝戦、打撃戦となり、前半の回に大量得点した物理Aチームを連合チームが追う展開となり、あと一歩のところまで追いつめましたが、最後は物理Aチームが得点を重ねて逃げ切りました。
ちなみに私の情報チームは昨年は優勝したのですが、今年は2戦2敗でいいところなく敗退しました。来年は新しい学部長のもとでこの学部長杯ソフトボール大会が行われます。私も一選手として参加して、来年は再起を果たしたいと思います。

2017年6月17日

6月17,18日と毎年恒例のサイエンス・キャンプが行われています。これは、山口県教育庁と共同して理学部で実施しているもので、今年は県内の高校から80名を越える参加があり、過去最多でした。
歓迎の挨拶を終えて、私も教室や実験室を回ってみました。日常では他学科の教員が教えているところを見ることはないのですが、さすがは大学の先生、どの教員も実習の内容を分かりやすく説明していました。
写真としては物理と生物のものを載せています。物理は光の屈折の実験で、CDに張り付けてある金属シートのようなものを剥がして、真ん中に小さい穴をあけたシールをはり、その穴から色んな光源をみてCD表面に現れる模様の違いを観察しようというものです。実験の内容もさることながら、CDを使ったこの実験法を考えた人はすごいと思いました。
生物は、受講者が多かったため、3班に分かれての実習です。三角先生の班が、キャンパスの山手にあるため池に微生物を取りに行くというので、私もついて行きました。この大学にはもう20年以上勤めていますが、この場所に行ったのは初めてです。この実習も素晴らしいのですが、私にとっては未開の地に行ったことが新鮮でした。

高校生たちは、午後の実習が終わってからに山口県セミナーパークに移動し、今夜はサイエンス・ナイトで大学院生たちと交流するそうです。私も明日、そちらの様子も伺いに行ってみようと思っています。

 

2017年6月2日

今週の月曜日に美祢青嶺高校で、南シナ海で深海底の調査をするためにアメリカの深海探索船「ジョイデス・レゾリューション号」に乗船している、大学院1年の大園宣明君とテレビ電話で交流するイベントが開かれました。
このイベントは、地球科学の坂口有人先生が美祢市に呼びかけて実現したものです。当日は、美祢青嶺高校の27名の生徒が参加し、同高校の教職員が見守る中、生徒たちは熱心に聴いていました。
交信前に、坂口先生が深海底を掘削して行う「国際深海科学掘削計画」の意義や、これで分かること・分かったことについてスライドを使って分かりやすく説明しました。その後、大園君との交信となりました。あいにくこの日はインターネット回線の調子が悪く、ところどころ途切れたり、聞きにくい音声での交信でしたが、船内の雰囲気や大園君の活動の様子は十分知ることができました。

この夏に30名の留学生を招いて行うサマープログラムでは、秋吉台で生物学と地球科学の実習を行うことになっています。そのときに美祢青嶺高校の生徒も参加し、交流を行う計画をしています。彼らとまた会えるのが楽しみです。

2017年5月26日

5月22日、台湾大学の劉理学院長が前理学院長の羅教授、国際担当事務の黄さんと理学部を訪問されました。山口大学理学部と台湾大学理学院の交流協定の締結式を行うためです。台湾大学理学院には、昨年の8月に私たちから訪問し、協定を締結することを合意して、この日のために準備を進めてきました。台湾大学は台湾のトップ大学です。
新山口駅まで迎えに行き、その足で美祢市にある山口大学秋吉台アカデミックセンターに向かいました。理学部の脇田先生の案内により、秋吉台のもつ学術的意義や美祢ジオパークの説明がされました。美祢ジオパークは台湾の野柳地質公園と姉妹関係を締結しています。
こちらからは、脇田先生のほか、理学部国際・地域連携室長の内野先生、日本語が堪能な韓先生、それに学務係国際担当の吉村さんが同行しました。秋吉台のあとに、皆で山口市仁保のKDDI衛星通信所にある電波望遠鏡の見学に行きました。ここでは、時間学研究所の藤澤先生と理学部の新沼先生の説明を受けました。途中までですが、パラボラアンテナにも登らせてもらい、私もそうですが、台湾大学の皆さんもその大きさに圧倒されていました。瑠璃光寺にも立ち寄り、少しだけですが山口の歴史についても案内しました。

これから教育面でも研究面でも台湾大学理学院との連携関係を深めていきたいと思います。

 

締結式の様子はこちら

2017年5月23日

先週の5月19日金曜日に研究室で山口朝日放送(yab)に見学に行きました。我々は情報を加工したり伝達するための研究をしていますが、その情報の発信現場を知るためです。

案内してくれたのは、yabの瀧廣さんです。彼女は人文学部の卒業生で、以前、香山公園の公衆無線LANをJチャンやまぐちで紹介してもらったことがあります。このときに私が瀧廣さんに説明している様子が、大学のHPに掲載されています(右下の写真)


私たちが局を訪れたのは17時半頃で、yabのニュース番組「Jチャンやまぐち」の準備の真っ最中でした。18時15分の放送に間に合わせるために、ビデオやスーパーの用意や、進行の打合せ、アナウンサーの原稿読み準備などが大きな部屋のあちこちで同時に行われていて、ビンと張りつめた雰囲気で、私もそうですが、学生たちは圧倒されていました。
そのあとスタジオに入れてもらい、Jチャンやまぐちの放送開始を待ちました。もちろん、スタッフの皆さんは放送直前の準備をしているのですが、そのような状況の中でもアナウンサーの沖田さんと伊藤さんは我々に話しかけてくれて、こちらの方が「こんなときに・・・」と心配になりました。しかし、そこはプロ。自分の発声10秒前にはスッとカメラに向いた顔に変わります。
19時までの45分の放送を全部立ち会わせてもらい、CMの間を利用して交代でスタジオの横にある調整室の様子も見学させてもらいました。

瀧廣さんを始めとするyabの皆様、貴重な体験をさせて頂き、ありがとうございました。

2017年4月24日

4月22日の土曜日に湯田温泉のホテルで、昨年度に理学部物理・情報科学科を退任される山本隆先生と芦田正巳先生のご慰労会がありました。私も先生方とは同じ学科ですので、お二人にはとてもお世話になりました。

会には、両先生が山口大学に赴任された時の学生から昨年の卒業生まで、全国から100名以上が集合しました。これもお二人のお人柄あってのことでしょう。山本先生のスピーチでは、山口は想像できないぐらいの田舎だったので寂しかったが、学生達と公私に渡って交流することで何とか過ごせたという話が印象に残りました。芦田先生の話は、ところどころに落ちがあって、ゆるやかだけどリズムのあるあの口調で、赴任時から最近までの学生とのエピソードの話をされました。どちらの話でも、会場は大盛り上がりでした。

先生方は、退任後も山口に残られるということで、引き続き学生の指導にあたって頂くことになっています。これまでお疲れ様でした。そして、これからもよろしくお願いします。

2017年4月11日

4月になり新入生を迎え、今日から授業も始まって、キャンパスにも活気が戻ってきました。学部長の仕事も今年度で終わりです。あと1年ですが、このつぶやきにお付き合いください。

香山公園入り口にある東屋に横断幕が設置され、そこに私たちが設置した公衆無線LAN(山口大学HP)のアクセスポイントマークも書かれました。この効果があり、利用者が増加したということで、電波の範囲を拡大するため、アクセスポイント増設の打診が山口市観光交流課からあり、その準備を進めているところです。

これに先行して、新しくオープンする菜香亭の庭園への無線LANアクセスポイントの設置を進めていましたが、8日に作業が終わり、その動作確認に行ってきました。香山公園と違って樹木がないため、電波の到達範囲は良好で、ほぼ公園内全域をカバーできていることを確認しました。
アクセス運用管理のソフトウエアはオープンソースを使いましたが、私の研究室で装置開発し、市内の星電業社が設置し、山口ケーブルビジョンのインターネット回線を使った、"オールやまぐちのシステム"です。菜香亭を訪れた際は、ぜひアクセスしてみてください。SSIDはFree_Wi-Fi_Yamaguchiです。

2017年3月28日

3月26,27,28日の3日間でイギリスのサレー大学に細胞シミュレーション研究の打合せに、大学院生の久保田君と田中君と来ています。彼ら2人は一足先に22日にロンドン入りしていたのですが、その日にビッグベン近くでテロ事件が起こったので、Skypeで彼らの無事を確認してから私も渡英しました。
25日の昼前に羽田を出発して、ヒースロー空港には15時過ぎに到着し、そこから地下鉄で3駅のところにあるHounslowのホテルで一泊しました。26日に久保田君と田中君と地下鉄駅で合流し、空港からバスに乗って、サレー大学のあるGuilford市に向かいました。到着地のWoking駅には、呉さんが迎えに来てくれました。
夕食は市の中心部にある、wagamamaレストランで取りました。この店名から分かるように、ここは日本食レストランで、イギリスのあちこちにあるチェーン店です。私と田中君はラーメンを、久保田君は焼きそばを食べましたが、どれも微妙で、イギリス人との味覚の差を感じました。隣のテーブルにいた小さい女の子に田中君が折り紙をあげると、とても喜んでいました。
27日は、Kierzek博士にホテルまで迎えに来てもらい、サレー大学に向かいました。そこで、Plant博士と会い、ミーティングの開始です。私たちが行っている大腸菌の生活環に関するシミュレーションの研究で彼らが開発したツールを使っており、その利用方法についてが議論の内容です。2人の学生は慣れない英語で悪戦苦闘していましたが、なんとか頑張って説明していました。
明日の28日は午前中にミーティングを行い、午後にはヒースロー空港に移動して帰国の途につきます。学生たちは、韓国の仁川経由で、私はミュンヘン経由のフライトです。

2017年3月14日

先週の金土に下関で開かれた日本バイオインフォマティクス学会九州部会の研究セミナーに参加してきました。会場は、この手の研究会や学会がよく行われるコンベンション施設の海峡メッセです。
私の専門の一つがバイオインフォマティクスですが、九州・山口地区にもこの研究者が増えてきました。山口大学にも全学で10名程度、この分野の研究者がいます。そこで、九州とその周辺地域の研究者に呼びかけて、お互いどのような研究をしているのかの情報交換をしよう、ということになり、この会の開催となりました。
当日は、20名近くの参加者があり、岡山大学や東北大学からの参加もありました。私は、今年度の修士課程学生の研究テーマである「シグナル伝達経路の反応速度推定方法」について話しました。
一日目の夜は、近くの居酒屋で情報交流会を行いました。殆どの参加者が出席してくれて、盛会でした。きっとみんなふぐ料理に引き寄せられたのでしょう。

2017年2月27日

2月23,23日と、岩国市ミクロ生物館と山口県ふれあいパークで行った「身体性知能」の研究合宿に行ってきました。「身体性知能」とは、生き物の形には意味があって、その「かたち」自体が知能を持っていると考えようということです。理学部では、5年ぐらい前から、生物分野と情報分野の教員が一緒に、「いきものがそのような「かたち」になっているのはなぜなのか」という課題に取り組んでいます。
岩国市ミクロ生物館でこの研究会を行ったのには意味があります。この生物館は、約11年前の平成17年7月17日にオープンした「微生物専門の博物館」で、色々なかたちの微生物が解説つきで展示されています。ここに腰を落ち着けて研究会をすることで、微生物のかたちをじっくり観察し、また、実際に海辺のプランクトンを捕まえて自然に生息する微生物の生態をもっと知ろう、という趣旨があります。
宿泊は、この生物館から車で10分程度のところにある山口県ふれあいパークでの合宿となりました。夕食後には学生たちによるポスター発表が行われ、その後はこれからの研究の進め方について、皆で話し合いました。
協力して研究を進めて、いい成果を出したいと思います。

2017年2月15日

2月になり、寒い日が続いています。この時期の研究室は卒業研究と修士研究の仕上げで大忙しです。2月13日には、物理・情報科学専攻の修士論文発表会がありました。私の研究室から発表するのは、松浦君、松村君、水田君の3人です。朝イチのセッションなので、発表前日に日曜出勤し、プレゼンの最終確認をしました。

発表当日を迎えました。3人とも緊張していましたが、その気配を隠して後輩たちと談笑したり、写真撮影に応じていました。しかし、いざ発表が始まると、そこは3年間研究室で鍛えられた彼らです。練習の成果を遺憾なく発揮し、淀みのないプレゼンを披露していました。質問も幾つか受けていましたが、3人ともまあOKということにしておきましょう。

これで彼ら3人の大学院でのミッションは全て終了です。これからは、20日にある4年生の卒論発表準備のサポート作業です。

2017年1月25日

遅まきながら最近、映画「君の名は。」を見ました。私の目に留まったのは、女の子が放送室みたいなところで、防災無線をジャックして町民に避難を呼びかけるシーンです。私が趣味でアマチュア無線をしていたことは昔に書きましたが、このシーンの左側の棚に、私が中学生の時に使っていたのと同じ無線機が置いてありました。
これは、トリオ(現ケンウッド)社製のTS-520という無線機で、下の写真(左)のようなものです。真ん中にある大きなダイアルで交信相手を探し、前面パネルの沢山のつまみを使って、電波の飛び方を把握しつつ、周りからの混信にも対処しながら、無線機を操作しながら通信するのです。いまのスマホの手軽さを思えば、「なんてめんどくさいことをしていたのだろう」と思いますが、機械を操って自力で電波を飛ばして交信しているという実感があって、まさにアナログの世界でした。

無線機の内部には、トランジスタ、コイル、抵抗、コンデンサなどの電子部品がぎっしり詰まっていて(真ん中の写真)、これもアナログです。今のスマホなどのデジタル機器と違い、部品一つ一つが見えるので、実践的に無線通信技術を学ぶことができました。この無線機は短波帯もので、これで世界中のアマチュア無線家と交信しました。

左の無線機は超短波帯(144MHz帯)の近距離用無線機です。高校に入った時に買ったものですから、これも30年以上前の大昔のものです。当時は、チャンネルを一つずつお金を出して買うのが普通でしたから、最初からどのチャンネルでも交信できるこの無線機は自慢でした。



2017年1月10日

新年おめでとうございます。今年もこのつぶやきにお付き合いください。
1月6日に毎年恒例のステップアップ研究の研究交流会が開催されました。ステップアップ研究は、理学部6分野の交流をはかり、新しい協働や協調を生むことで、より研究を活性化させることを目的として、理学部総合企画室が主催して開催しているものです。
今年は、教員等から13件の口頭発表があり、学部生と院生からは18件のポスター発表がありました。口頭発表は全て聴きましたが、どれも研究の目的や意義などを分かりやすく話されていたので、興味深く聴くことができました。学問分野は違いますが、「面白いことを探究する」という理学の精神はどれも同じですね。
時間の都合があって、ポスター発表は聴くことができませんでしたが、学生達にはよい研鑚の場となり、いい経験になったことと思います。

サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.