パソコンの活用について

山口大学では高度情報化社会に積極的に対応できる情報処理の基礎能力を養うため,情報処理教育に力をいれています。大学には図書館や計算機実習室などに,学生が自由に使用できるパソコンが用意されています。しかし,パソコンを日常的に使いこなすためには,授業外あるいは自宅でもパソコンに慣れ親しむことが必要になります。こうした理由から,理学部ではパソコンの活用を推奨しています。

推奨される基本仕様(理学部共通)

  • Microsoft Windows 10を推奨。Windows 8.1でも可。また,物理・情報科学科ではMac OS Xでもよい
  • ワープロ(Wordなど),表計算(Excelなど),プレゼンテーション(Power Pointなど)を有すること。
  • 市販のセキュリティソフトがインストールされており,最新バージョンへの自動アップデートの設定がなされていること。
    • Windows標準添付のセキュリティソフトではウィルスの検出力が弱いので,必ず市販のセキュリティソフトを利用してください。
    • 市販のものでも検出力が弱いものがありますので,すでに利用しているものがありましたら入学後にご相談ください。
    • 在学期間中は無償でエフセキュア社のセキュリティソフトを利用できます。インストール方法は,メディア基盤センターのホームページの「ウイルス対策ソフトウェア・ライセンス(学内限定)」の項目を御覧ください。
  • 有線LANまたは無線LANの機能を有すること。また,自宅またはアパート等でインターネット接続ができることが望ましい。

新規にパソコンを購入される場合・既にお持ちの場合

上記の推奨される基本仕様を有していれば,既にお持ちのものをそのままお使いいただいても構いません。新規に購入される場合もメーカー等は問いません。新規購入の場合は,授業でプレゼンテーション(発表)をすることがありますので,デスクトップ型よりも,ノート型の方が便利でしょう。

使用時期

物理・情報科学科,生物・化学科,地球圏システム科学科

  • データ科学と社会Ⅰ(1年生前期),プログラミング演習(物理・情報科学科)や計算機を用いた授業は,理学部の計算機実習室で行います。ただし,生物・化学科化学コースでは3年次の物理化学実験で,また地球圏システム科学科では3年生以降において野外実習や特別研究等で,自分用のパソコンが必要になります。
  • 必ずしも入学前にパソコンを揃える必要はありません。しかしながら,宿題(レポート作成等)や,eラーニングシステムの利用,及び,授業中のプレゼンテーションなどで,自分用のパソコンを保有していると便利でしょう。
  • 特定の機種の推奨はしていません。上記の「推奨される基本仕様」を参考に,必要に応じてご準備ください。
  • ワープロ,表計算,プレゼンテーションのためのオフィスソフトは,LibreOffice等のフリーソフトを利用されても構いません。Mac をお使いの方は,無料でダウンロードできるPages, Numbers, Keynote等でも構いません。

数理科学科

データ科学と社会Ⅰ(1年生前期)ではノートパソコンを用いて,Word,Excel,PowerPointなどの使い方などを学びます。初回授業時までにノートパソコンを各自ご準備ください。また,オフィス互換ソフトは操作方法に違いがある場合がありますが,これらのソフト利用の際はご自身で対処をお願いする場合があります。

推奨ノートパソコンを購入される場合

どのようなパソコンを購入したらよいかわからない場合は,入学時に理学部の推奨ノートパソコンを購入することをお勧めします。授業開始前に本体を受け取り,当日使用ガイダンスを受けることができます。また,通常の販売店と異なり,4年間保証サービスが含まれます。この保証は故障や破損を広く保証しています。

ノートパソコンの貸出

理学部において貸出用ノートパソコン(Windows機)を準備しています。理学部学務係にご連絡ください。ただし,必要な授業毎での貸出となり,長期間の貸出はしていません。また,台数には限りがあります。

サイトポリシー
  • Copyright 2011 山口大学理学部 All rights reserved.